ダイススタッキングというらしい


部屋の物入れの中の捜し物をしていたらダイスカップを見つけた。

何年か前に(いや、何十年だな)買ったダイスカップ。革で出来ている。

これを振ってダイス(サイコロ)を中に取り込んで持ち上げるとダイスが立つって理由だ。

高校生の頃は紙筒というか卒業証書を入れる蓋の部分で同じことをやっていた。

運動神経は大したことないが、指先だけは器用だった。

これをクラスの中で披露してウケていたのは間違いない。

ただ、あんまりはっきりとした記憶は残っていない。

どうも高校生の頃の記憶っていうのが希薄なのだ。

でもダイスだけは今でもしっかりと立てることが出来た。

それだけで良いのかもしれない。