蹴り入れたった

今朝も7時には28度超え。

暑いやないかい。

ワンコたちを連れていつもの天満さんへ。

お参りをしたあとはスモモの樹の下に熟したスモモが落ちているのを頂いて帰る。

ところが、今日はひとつも落ちていない。

しかしこのままでは帰れない。

で、樹の幹に蹴りを入れたらボトボトッ!コッツン!(頭に当たった)と落ちてきた。

それがこれだ。

熟しきっていない青さがなんとも魅力的だわい。

ヌフフッ!な色合いだ。


スモモの糖度

今年は天満さんのスモモだけでなくご近所に生育しているスモモを少し分けていただいたり、友人から沢山のスモモをもらったり、たっぷり季節の味を楽しめた。

甘みの中に酸っぱさがあって美味しい。

初めてスモモを食べたのはこの歳になってからで、それも天満さんに生育しているスモモが最初だった。

今年になって友人にスモモの話しをしていたら手に入れてくれたのがこの前食べたもの。

谷口さんから頂いたスモモの糖度を計ったら14%
(たくさん頂いた中にはもっと甘いのもあった)

少し前にご近所に生育しているスモモを12個分けてもらったものの糖度は14%

今日、1年ぶりに天満さんのスモモを3つ持って帰って食べたらやっぱり甘い。

糖度を計ったら18%と予想どおりの甘さだった。

そして奈良市のパケットでプラムが売っていたのをカミさんが買ってきたので冷やしてから糖度を計って食べてみた。

パケットのプラムの糖度は8.5%

ほんのりとした優しい甘みと酸味が美味しいプラムだった。但し糖度は8.5%と少ない。

今が旬のスモモ。

食べたことが無い方は(いないだろうけど)ぜひ食べてみて。


すももが育ってきて


奈良町天神社でもらって食べたスモモの種を昨年の7月に鉢に植えて冬を越し、今年の4月に芽が出てきたスモモ。

あれからこれだけ育ってきた。

どれだけ?

写真で見てください。


すももを欲しいと話していたら

谷口さんから「すもも食べますよね?いりませんか?さきほど知り合いが・・・・」となんとも嬉しい連絡をもらったので夕方少し涼しくなってからインサイトで出かけていった。

今日の奈良市内は爆熱激熱な気温で、室内に設置した室内・外気温計の表示には室内が28度で室外は38.9度!!!

これでは出られませんわ。

夕方、17時に谷口さんのおうちにお邪魔してすももを分けていただいた。

それがコレ。

持って帰って水洗いしてから早速冷蔵庫の中へ。

シャーベットにして食べるんだ。

外の皮がスルッと剥けて甘い果肉がシャリシャリとした感じがたまらない。

追記:

糖度計で測ってみたら15%だった。どおりで甘いわけだ。


シャーベットのような食感と美味しさのスモモ

頂いたときに撮影したスモモ

22日にもらったスモモを食べた。

3日間ほど常温の部屋に置いていたら赤みが増してきた。

4日目に冷蔵庫に。

6日目に冷蔵庫から出して口に入れたら果肉がシャーベット状になっていて、皮は果肉からスルリと外れてくれた。

口に含むと甘みが増して種のある手前まで甘くて美味しい。

ほとんどひとりで食べてしまった。

またもらえないかなあ、あのスモモ。


すももがたわわに

うちのご近所にこれだけたくさんの“すももがたわわ”に実っているおうちが有った。

前を通りかかってふと見上げたらたくさんのすもも。

ちょうどお住まいになってる方がいらしたので「それ、すももですか?」と聞いたら

「そう、すももなんよ。要ります?」と言われたので即答で頂いた。

こんなに紅く色付いたすももがたわわに実ってるのを見たのは初めて。

良い事有るかな?


順調に育っているスモモ


思いもかけなかったスモモの種が発芽して芽を出したのが4月の中旬のこと。

4月29日には一気に葉の数も増えた。

5月の11日には更に葉の数も増えてスクスクと育っているスモモの芽。

何年経ったら花が咲くのだろう?

今からワクワクしている。


芽が出た!

昨年の7月、天満神社で取ってきた(拾ってきた)李(すもも)。

美味しく頂いて、中の種は捨てていたが、もしかして芽が出るかな?と思って1個だけ種を鉢に植えておいた。

鉢を置いた場所は二階のベランダのエアコンの室外機の上。ここは寒いし日当たりは悪い。条件としてはかなり最悪に近い。

パキラの枝から出た葉っぱも、この場所に置いておいたら枯れてしまった。

今年の寒い季節も過ぎて4月も後半になった頃、室外機の上に置いた鉢を片付けようと手に取った時に真ん中に小さな芽が出てきていた。

2017年4月21日に見たら小さな芽が出てきていた

これってもしかして李の芽かな?(4月21日)

周りの雑草を指で取り去って写真を撮っておいた。

それから8日後の4月29日に鉢を覗くと芽が大きくなっていた。

2017年4月29日にはこのくらい芽が伸びていた

寒い冬を越してようやく芽が出たのはとてもうれしい。


植物の体内時計はコンプリケーションウォッチか


3月3日の天神社。

毎年きっかり3月3日になると李の蕾が開いて花が咲く。

今年も待ちかねたように3日に花が咲いた。

植物の体内時計はコンプリケーションウォッチ並みの精度。

写真の下が2日で上が3日。

昨年も3月3日になると蕾が割れて花びらがあちこちに開いていた。


パキラの成長記録(Vol.8)とスモモ

7月18日(月曜日)と本日7月21日(木曜日)の間でまた新芽が出てきた。

最初に出てきた葉は4枚で普通は5枚なんだけどなんなんだろうな。

新芽が出てくる度に成長の度合いが増している気がする。

スモモの話し。

今朝、いつもどおりにワンコたちと散歩に連れて行ってお参りしている氏神様の天満神社。

今日行くと宮司さんが「すもも取っておいたから持って帰り」と行ってひんやりしたすももを袋に入れてくださった。

毎日お参りする度に“すもも”を持って帰っている話しを覚えてくれたんやなあ。IMG_1030