Sphere lightのLED RIZINGが焼けた

2016年2月6日に届いたSphere lightのLED RIZING H11タイプ。

これを今まで付けていたスフィアライトの35W HIDバルブからLEDに交換したのが約2年前。
※スフィアライトRIZINGを取り付けたお話(2016年2月7日)

昨日、夕方18時頃に学園前から自宅に戻るためにヘッドライトを付けて走っていたが妙に暗い。

ここ何ヶ月か前から気になっていたことで、路肩もほとんど照らしてくれないという暗さだった。

家に戻ってガレージに入れたインサイトZE2のヘッドライトを壁越しに照らして片側ずつ明るさを見ると助手席側が非常に暗い。でも点灯していないわけではない。

夜になってスフィアライトのHANAさんにMessengerを使って状況を話してみた。

もう2年使っているので保証期間を10日ほど過ぎている。(保証期間は2年)

「明日、注文履歴を見て連絡しますね。」と言われ、今日になってMessengerに返事が来た。

保証期間は2年ですが対応しますとの事。

但し、私が買ったRIZINGはもう廃盤で今はRIZING2になっているらしい。

保証対応品を送るので光量不足のRIZING1を返送してほしいと連絡をもらった。

それではとインサイトのボンネットを開けて取り外してみると・・・・・・

暗かった方(助手席側)のLEDが素子焼けを起こしていた。

どおりで暗かったわけだ。

保証対応品が届いたらそのときにまた詳細を書くことにする。

追記:19時28分に福山運送で商品を発送したとメールが来た。

2018年2月17日(土曜日)14時30分に保証対応品のRIZING2 6000Kが到着した。


HIDから新しいLEDヘッドライトに

昨年の1月にZE2のプロジェクターヘッドライトをMTK製のLEDバルブ H11タイプに交換したのは記憶に新しい。

LEDは6500K(Kelvin)でちょっと青白い色をしていた。しかし明るさは今一歩だったので、3月にはスフィアライトのHID 交換した。

スフィアライトの35W HIDバルブに交換して約11ヶ月を過ごした。

明るさは割と明るくなったが爆光ではない

気になったのは点灯してから最大光量になるまで10秒あまり掛かること。

それとFMにノイズがかなり入るのが嫌だった。

色味は4500K仕様で割合に白いが、なにか蛍光灯のような輝線が入っている気がしてどうも馴染めない。

純正のHIDだったらそんなことは無かったんじゃないか。

ワタシはのLEDの色味がやっぱり好きなので、またLEDに換えることにした。

IMG_9513Sphere lightから発売された新製品のLED RIZINGである。

価格は割合に高くなったが、日本製ということなのでやむなし。

注文した経緯は2つ前のBlogに詳しい。
※スフィアライトのHAHAさんとお話し

今日は届いたSphere LED RIZING H11タイプの取付けを話そう。

高級感あふれるパッケージに入った新しいLED H11タイプのヘッドライトが2月6日の午前中に届いていた。

午後3時過ぎから取付けを始めた。

ZE2のヘッドライトへのアクセスはそんなに悪くなく、簡単に交換が出来る。

最初に運転席側を交換して助手席側に付いているハロゲンバルブとの比較もしてみたのがこの写真だ。

続いて助手席側を交換してコントローラーをボンネット内のケーブルに結束バンドで固定して作業は終わり。

簡単なものである。(光軸調整はしていない)

陽も落ちた18時頃にせがれがクルマで買い物に出掛けるというのでワタシのZE2で一緒に行くことにした。

明るさは特に感激するほどでもないが、瞬時に最高光度に達するのは気持ちいい。

色味も公称5500K(Kelvin)ということで目には優しい白色である。

今度はもっと暗い道を走ってみて配光特性も試してみたい。