1月は満月を2回見た

これをブルームーン?っていうのか。

1月2日に満月。

そして31日は満月でさらに皆既月食(月蝕)ときたもんだ。

月は何万年前から変わらず地球の周りを回っているが、皆既月食を見るためにはちゃんとした条件が必要。

月と地球と太陽が一直線に並ぶ必要がある。

更に、日食の始まる時間が日没後でないと見ることが出来ない。

今回は月の出から約4時間後に皆既月食になるという好条件。

最後は天気次第。

これがいつも難題だった。今回も曇り空の予報だったが、なんとか天気は持ってくれた。

撮影?

もちろん撮影したよ。

きれいに撮れた。


描くこと写真を撮ること

小さな頃は教科書の白いスペースに絵を描いていた。
ノートの表紙も絵を描いていたので自分のノートだとすぐに分かった。
小学校の頃は図画工作。
中学と高校では美術の時間が一番の憩いの授業だった。
テーマがあるものを描いても自由なモノを描いても楽しいのはどちらもおなじ。
そして成績も5から変わったことがなかった。

友達はほとんど居なかった。
中学の校内から出て外の公園で写生をする授業になると同級生が周りに集まる。
その俄か友達は「福井くん、何を描くんや?」と聞いてくる。
そして僕が描き始めたあとを真似るように描き出すのが常だった。 続きを読む


父方と母方のおばあちゃん

日曜日に、東遠の親戚がやってくると連絡があったので、あの頃撮ったフィルムの中に私のおじいちゃんの妹に当たるおばあちゃんの写真が無いか探していたら、何枚もB&Wフィルムの中に見つけた。

一緒に住んでいたおばあちゃんも母方のおばあちゃんも写真も見つけた。

写真は1979年頃で、私が25歳。

日産Skyline2000GTに乗っていた写真も出てきた。

置いておきたかったなあ。

懐かしさとともに寂しさも少し。

もう一度自分の乗っていたあのクルマに会いたい。


ようやくゴールド

昨年末の12月13日に更新手続きをして、1月16日の今日、新しい免許証をもらえた。

11時30分からの講習なので、少し早めに11時には奈良署へ。

奈良市役所の南側にあったときより駐車場は広くなったとはいえ、そんなにキャパシティは大したことがないのでCT110で行ってきた。

これがやはり正解で、奈良署の駐車場は満車状態。

部屋で待つこと30分。20人ほどが会場に入って講習が始まった。

優良者講習の大半が女性なのには驚いた。

MC(って言うのか?)は交通安全なんちゃらの安藤さんと名乗った。

講習時間は30分、えらく端折った説明で頼りなかったが、急いている人にはちょうどいいかも。

何番目に名前が呼ばれるかな?と思っていたらなんと一番最初に名前を呼ばれて一番に免許証をもらえた。なんでも一番が大好きな僕には良い日だった。

奈良署の前で自撮りでパチリ。


栴檀(センダン)の木

家の近くに必ず栴檀の木があるはずだと今朝の散歩のときに生育している木々を見て歩いた。

大乗院前で信号待ちをしていたときに庭に生えている大きな木にムクドリが群がっているところを見ていたら、その木が栴檀の木だった。

高さは約10mほど。

ムクドリがせっせと木の実を食べては下に核を落としている。

天満神社に行く途中にある瑜伽(ゆうが)神社の鳥居横にも栴檀の木があった。

この枝から生えている栴檀の実を3個取って持ち帰った。

今まで木々の実には全く興味すら示したことが無かったのだが、近頃は実の生る木に興味津々になりだした。

さて、この興味、いつまで続くのやら。


家の前に落ちている種は

家の前を掃除すると最近はいつもこんな種(核)が落ちている。
これがなにか知りたくてWeb検索したら“栴檀(センダン)の実”の核だと分かった。
センダンの実は薬草にもなるらしいが犬や人間が食べると毒があるらしい。
今の季節だとこの実を食べているのはヒヨドリかムクドリかもしれない。

と思って今朝張り込んでいたら(窓の内側から見ていただけ)しっかり目撃した。

ムクドリだった。

毎日、これだけ大量にたくさんの核を落としてくれるとはすごいな。

鳥が落とした種でずっと気になっていたのがコレ。

家の塀の間で成長している常緑樹。

コレも多分鳥が運んできたものだろう。

最初は異常に成長が早くてフェンスに食い込むほどだったので、2013年2月に壁面の塗装をした際にフェンスを外す必要があったので途中から切断した。

今になってこの木の種類が分かった。

“クロガネモチ”

【クロガネモチとは】

・「苦労がなく金持ち」に通じるネーミングから縁起木として知られる。モチノキの仲間で、若い枝や葉柄が黒紫色であることや、葉が乾くと鉄色になることからクロガネモチと名付けられた(鉄のことをクロガネという)。
植木図鑑・植木ペディアを参照のこと

う〜ん、こんなご利益のある木なら切らなきゃ良かったとあとで後悔。

道理でうちは貧乏なんだと悟ったよ。


AF NIKKOR 24-50mm 1:3.3-4.5

買ったのは2000年頃、NIKON D1に取り付けて使うつもりで購入した。

他に持っていたレンズはマニュアルフォーカスのNIKON-F時代からのものばかりだったので、オートフォーカスに対応したレンズはコレ1本だけ。

このレンズで何を撮影したのかははっきり覚えていない。

近距離が得意でないのと、少しソフトフォーカス気味になるので、屋外の景色を撮るときは良い雰囲気なんだけど、物撮りに使うにはもうちょっとシャープさが欲しかったので、買ってはみたが実際の仕事では古いマニュアルフォーカスのマクロレンズばかり使っていた。

そんな理由で、あまり使っていなかったこの“AF NIKKOR 24-50mm 1:3.3-4.5”が17年ぶりに使ってもらえることになった。

私ではなく親戚のNIKON用として。

きれいな写真、いっぱい撮ってもらえると良いな。


ダイススタッキングというらしい


部屋の物入れの中の捜し物をしていたらダイスカップを見つけた。

何年か前に(いや、何十年だな)買ったダイスカップ。革で出来ている。

これを振ってダイス(サイコロ)を中に取り込んで持ち上げるとダイスが立つって理由だ。

高校生の頃は紙筒というか卒業証書を入れる蓋の部分で同じことをやっていた。

運動神経は大したことないが、指先だけは器用だった。

これをクラスの中で披露してウケていたのは間違いない。

ただ、あんまりはっきりとした記憶は残っていない。

どうも高校生の頃の記憶っていうのが希薄なのだ。

でもダイスだけは今でもしっかりと立てることが出来た。

それだけで良いのかもしれない。


昨日は月齢15.1の満月

今月は2回満月が見られるブルームーンだとか。

その最初が昨日の満月。

2回目は1月31日にもう一度満月が来る。

満月を撮ってみた。

そして翌日の今日は奥山から昇ってくる月を4分の時間で撮影してみた。

動きが早いね。


誕生日は上生菓子

“ああ、今年も・・・・
と来れば
みなみ〜のかぜに〜誘われて〜来たよ〜
静かな夏の〜雨に濡れた浜辺に〜 今もあなたを想いつつ〜
ああいつでも〜 あなたのそばに〜 いられるように〜 なりたい〜♫
あなたの何気ない〜 ちょっとした仕草さえ〜 見ているだけの僕だけど〜
今より素晴らしい人生〜 愛するあなたとならば(ッハァ〜)
かなわぬ夢もありはしない〜  受け止めて欲しい〜♫・・・・”

あおい輝彦“あなただけを”

じゃなくって

元旦のあいさつの話。

毎年の恒例行事みたいなものなので軽く流して・・・・

今年の上生菓子はコレ。

いつもとほとんど一緒です。

ガレージから元旦の昼に引っ張り出したのはSUZUKI GAGとHONDA CT110。

CT110はいつも乗っているのでエンジンはすんなり掛かった。

心配していたGAGもファイト(キック)一発だった。

これで今年も安心。