Adobe Illustrator Drawで描いた

昨日のこと。

朝から南海高野線に乗って我孫子前で下りて遠里小野町(おりおの)にある川井歯科に行ってきた。

年末なのか患者さんの数が半端じゃなく、普段なら30分ぐらいの待ち時間が本日は倍!

治療が終わって先生が「10分ほど、飲食はしないでくださいね。」と言われたので、待っていてくれた眞澄さんと歯科医院から15分ほど歩いたところにあるknumcafe(クヌムカフェ)”に行ってきた。

ホットコーヒーとチーズケーキにブルーベリーがトッピングされたケーキを注文。

iPhoneで撮影したものを下絵にAdobe Illustrator Drawで描いた。

Adobe Illustrator Drawのほうが女性の表情や髪やニットのセーターの柔らかい感じを表現し易いように思う。

元はベクターデータで、Creative CloudファイルにPDFやPSDファイルとしてレイヤーも含めた状態で保存出来るらしい。

PDFだとジャギーが出ないのがイイなあ。

線も柔らかくて好きだ。

下の絵は昨日AppはArtStudioで描いた。
基本はラスターイメージの描画ソフト。

クヌムカフェのチーズケーキとホット珈琲

I love ma.


ペキニエのイベントに行ったら

小柳時計店さんからペキニエのイベントにお誘いを受けて参加させてもらっていた土曜日の夕方、美味しいオードブルを頂いていると聞き覚えのある声が!

この方は?!
もしや?もしやも〜しやと♬

僕が20年前に勤めていた会社、イムラ封筒の会長だった。

久しぶりにお話ししながら
「あの頃は仕事してるのか遊んでいるのか分からないような気分で楽しんでました。」と言ったら
「そうや、福井君は仕事しないで遊んでばかりいたなあ。知ってるよ。」だってさ。

やっぱりバレバレやったか。


ロードレーサーのフレーム撮影

昼前からロードレーサーのフレームの撮影が入っていた。

部屋を掃除して無用のものを片付けてバック紙を広げてライティングを設定して用意万端。

デローサのフレームを2個(って言うのか?)スペシャライズドを2個の合計4個。

すべてがカーボン素材でできていて軽いのなんの。

デローサのフレームをデジタルスケールに載せたところ、シートポストを含めて1,445gだって。img_2042

撮影は脚立に乗って横にしたフレームを上から撮る。

後でひっくり返したらイイだけなのでフレームの置き方は天地を逆にする。

最終的にはすべての画像をパス抜きするので細かなことは気にしないで撮る。

自転車のフレーム撮影で一番大変なのは箱から出して元通りにすることだろうな。

これはすべてキタサイクルの社長がやってくださったので僕はブツを置いて誇りのチェックとライティングの確認とアングル決めてシャッターを押すだけである。

撮影から片付けまで2時間。

そのあとはパス抜き作業が待っている。frame-4


MacBookProのHDDをSSDに換装

と言っても僕のMacBookAirではない。(Airは元からSSD)

前からAirのSSDの容量を256GBから480GBにしたいと思っていたが、今回SSDに換装したのはMacBookPro。

持ち主は奈良町末廣堂の若旦那のMacBookPro 2010 Midである。

そのMacBookPro、256GBのHDDの容量の残りがGBではなくMBというほぼパンパンの状態。

これでは外部にデータを保存して置く方法も、入らないデータを消去することもなかなか出来るものではないので、HDDの容量を大きくする方が良いと勧めた。

せっかく大容量にするのだったら今ならオススメはHDDでは無くSSDが良い。

HDDだと2分ほど掛かる起動がかなりというものではなくビックリするほど速くなるよと勧めた。もちろん普段使っているブラウザーの起動も劇的に速くなる。

それを話したのが先週の話しで、注文されていたSSDや外付けケースが届いた今日、HDDをSSDに交換することに。

15時過ぎにMacBookProとTime MachineのHDDを持ってうちにやって来た和菓子屋の若旦那。img_1980

早速、新品の2.5in.HDDケースにSunDiskの480GBSSDを入れてMacのUSB端子に接続する。

このケース、なかなか良く出来ていてネジが1本もない。2.5in.ドライブを入れるにはケースをスライドして開けるだけ。スライドを固定するロックボタンもある。

外付ケースに入れたSSDをMacBookProのUSBのコネクターに挿し込み、MacBookProを再起動しながら⌘+Rを押し続けるとドライブユーティリティが起動するので、復元するメニューを選んでオリジナルのHDDからSSDのドライブにデータを復元。

これに掛かる時間はなんと3時間!

しかしUSB2.0ではこんなもの。

USB3.0なら40分ほどで終わるはずなのが悔しいがしょうがない。img_1982

16時前から始めて19時過ぎにようやく復元は終わった。

和菓子屋の若旦那がやって来てドライブの交換を見ている。

MacBookProを裏返し、裏蓋を固定している10本の小さなプラスネジを外してゆく。

全て外し終えたら裏蓋を開ける。

左隅に入っているのがオリジナルの256GB HDD。

これを止めている抑えを小型のプラスドライバーで外してからゆっくりと少しだけ2.5in.HDDを持ち上げてコネクターをHDDから取り外す。

外付けケースに入れたSSDを取り出して、HDDの4箇所のT6のネジを付け替えたら元通りにコネクターを差し込んでHDDが付いていた場所に戻す。img_1985

裏蓋を再び閉じてから10本のプラスネジを締めて完成。

パワーキーを押して起動すると少し時間は掛かるがリンゴマークが表示されて起動確認は終了した。

HDDの時なら120秒掛かっていた起動時間はたった20秒に短縮された。

やっぱりSSDは速いねえ。

最後にUNIXのターミナルを立ち上げてから“sudo trimforce enable”と打ち込むと「ホントにTRIMをオンにして良いのか?」と英語で聞いてくるから(n/y)Yを押してEnterキーを押す。

再度(n/y)と聞いてくるから“Y”を押してログインのパスワードを入力したら自動的に再起動された。

ここで「このMacについて」を選んでシステムレポートを開いてSATAを選び、ドライブの情報のTRIMサポートが:“はい”になっていればOK!

それにしてもなんと快適なこと。

HHDと較べてSSDは激速爆速だな。


著作権に疎いやつはダメ

僕の撮影した元画像

僕の撮影した元画像

自分で撮影したカメラの写真をWebサイトに掲載しておいただけで、「Netで拾いました。」と言って許可なく載せているバカが何人も居る。

一言「写真を使用したい」と言うだけで済む話なのに「拾いました」は無いだろ。
誰も紛失したり落としたりしとらへんわ。

こいつらだね、シラ〜と無断使用しとるのは。

自分で撮った写真以外は出所を明記すべきだと思うが。

以前、僕のWebサイトに載せているバイクのカタログスキャンを見たノルウェイの人から「貴殿のサイトに載っているSUZUKIのカタログをオイラのWebサイトに載せても良いやろか?」と連絡が来たことがある。

「良いよん、どうぞ使ってくだされ。」と返事を出したら、掲載したスキャン画像に出処をはっきりと明記しているところなんざよく判ってるね。と思ったよ。

それに比べて身近にいる人でも、そうじゃない人でもええかげんなやつが多いのには辟易する。

アホだね、彼奴等。


生駒の高山町へ

IMG_0707IMG_0705仕事の打合せでお客様である理容鋏の製造メーカーさんの会社がある高山町に来ていたので、打合せが終わったあとこの近くに住んでいる久保田に会いたくなり、電話したら彼もすぐ近くにいると言ったので彼の指示通りに走ってきたのがこの田んぼの中。

「ホンマにこんな狭いところを走るのかよ!」とビビりながらようやく転回出来るところに来たのでひと休み。
冷や汗が出たわ。

久保田と出会ったら開口一番「バイクで来たのかと思った。」それで道が狭いとは言わんかったんだなあ。

なんとなく納得・・・・
================================================
今日は午前中に生駒市高山町にあるお客様の会社に伺う日。

ワンコたちの散歩も済ませて到着したのは11時過ぎ。

鋏撮影の打ち合わせと撮影するブツを預かったあと、高山町まで来ているのなら久保田の家が近いから彼が家に居てるようなら会いに行こうと電話したのが最初の話である。

高山町にある田んぼで何やら修理をしている久保田と彼のお兄さん。
IMG_0706
何やら修理中だったのが終わるのをエアコンの効いたインサイトの車内で待つこと十数分。

久保田を乗せて彼の家に向かった。

しばらく前からリプロダクトしているホンダのレーサーCYB350を見せてもらいたかったので“クボタのワークショップ”に入れてもらった。
IMG_0708
足の置き場もないほど色んなモノがあちこちに置いてあるのがスゴイわ。

今日は朝から30度超えの夏日・・・・・蒸し暑くなってきた。

エアコンのスイッチを入れると冷気が出てきてようやくほっと出来た。

久保田のガレージは45年前から今も驚きの連続でいつ来て見せてもらっても飽きない。ここへ来るといつも刺激をもらえるから好きなんだ。

しかし昔はもっと元気だったなあ。
40数年前はふたりとも根気があった頃が懐かしい。

「S800を修復していた時は磨きも修理も素早くやっていたんだけど近頃は根気が無くなったよなあ。」とポツリ・・・(*^^*)

分かる!その気持判るぞぉ!


忙しいと言う奴、マイペースと言う奴

どちらもアタマが悪くて仕事の出来ない典型的な言い訳の代表的言葉である。

但し、本当に忙しい場合もたまにはあるだろうが、大抵は仕事の段取りが悪いか自分の能力以上の仕事を受けたか、要するに要領が悪い事を象徴している言葉。

ホントに忙しけりゃ“寝る時間も飯食う時間も糞する時間”もましてや“酒飲む時間”も無いだろうが。

頬が痩けて痩せてゆくような奴が「忙しい・・・」と言うのは真当な言い訳だ。

「僕はマイペースだから」と澄まし顔で吐くヤツがいる。

これは一般的には量や時間の概念がスローでこれも出来の悪い奴が吐く言い訳と捉える。

しかしたまにマイペースが一般的な概念よりも速い場合でも「オレはマイペースで」と使うことがある。

やることが速くて忙しいと口に出さないのが一流の人間として良い。

自分の心の中で独り「俺って忙しいな」と呟くのは勝手だが、人に向かって「忙しい!」と言うものではない。

それは取りも直さず「オレは頭が悪くて段取りも悪くて能力以上の仕事を抱え込んでるんですわ。」と言っているようなもの。

その言葉を平気で言うようになったら“忙しい”の文字通りに「心を亡くす」時期も近いと心得よ。


GMOサーバー・お名前ドットコムがダウンしている

今日の夕方から何度がGMOサーバーがダウンしている。

最初は数分のダウンで済んだようだけど、20時頃からはGMOサーバーのすべてがアクセスできなくなっている。

お名前ドットコムにアクセスしようとしても出来ず、サーバーNAVIにもアクセス出来ない。

お客様から「ホームページにアクセス出来ないんですけど見てもらえますか?」と連絡が来たがどうしようもない。

困ったもんだねえ。


今日の昼下がりのランチ

IMG_8828
11月1日にLINEを通じて連絡をもらった“昔はお客さん→今はお友達”。

22年前にイムラ封筒の情報システム事業部でApple ComputerのSalesとInstructionとCareの仕事をしていた時、大阪にある有名な会社でお仕事をされていてとても仲の良かった若いデザイナーさん。

若いと言っても当時の話で、今では45歳になったんだって。

そりゃそうだよな、ワタシが61歳だもの。

あの頃、AppleComputerを買ってもらってから、大阪に出かけて行ってはデザインの話しやApple Computerの話しをしていた。

今日は昼過ぎから一緒にお好み焼きを食べてうちのアトリエで話をしていると時間が止まったような楽しさだった。
IMG_8827
※写真のバイク、春日庵の前に停まっていたのでお店の中にいるオーナーらしき方に声を掛けて話しをしてみた。
どういうわけかこのバイクのナンバーはピンクのナンバーなんである。
ピンク色のナンバーって125ccだろ?どう考えたってこのバイクは250ccのサイズだと思ったぐらいデカイ。

赤男爵で買ったらしい。

HYOSUNG Aquila GV125c なかなか貫禄のあるバイク。Vツインの油冷だって。


一週間前のこと

IMG_8553SQ
ちょうど一週間前の火曜日、国民の休日のこと。

小柳時計店さんに何年か前までお勤めになっていた方から朝の6時過ぎにメッセージをもらった。

「思い立って今日小柳さんを訪ねようと考えています。おそらく午前中に・・・・中略。・・・お目にかかる時間があるとうれしい・・・・」

行きますよ、もちろん行きますって。

10時過ぎにZE2で橿原市内膳町にある小柳時計店に出かけて行った。

駐車場に着いたら・・・バイク?もしかして岡山からバイクで?ええええっ!
IMG_8525
見たかったバイクなんでクルマを止めるなり前から後ろから横から写真を撮っておいた。

SUZUKI TEMPTERという超レアな400ccのシングルバイクだ。フロントブレーキは両面ツーリーディングのドラムブレーキ。めちゃくちゃマニアックなバイクである。
IMG_8526
IMG_8542
中略

帰り際に小柳時計店を出たら視線の先に真っ赤で巨大なクルマが目に入った。

「あれは1957年製のベルエアでは?ということはあのお方ですよねきっと。」

早速、会いに行った。

数年前にポートレートを撮影させて頂いて以来、お会いするのは久しぶりである。

アロハが似合うおしゃれな“あの方”

許可をもらって早速、ベルエアと記念写真を撮らせていただいた。