ST105.003を借りようと思った理由は?

店長に「お持ちのOMEGA SpeedMaster 3rdモデル、撮影させてもらえないでしょうか?もしもよろしければお借りできるなんてことは無理でしょうか?」と図々しいお願いをしてみた理由は、これをお借りして大和八木にある小柳時計店の店長にお見せしようと思ったのが発端だった。

ガンショップに伺う数日前のお話。

いつものように小柳時計店に行って主の小柳さんと「奈良市のガンショップの店長が非常に珍しいOMEGA SpeedMaster 3rdモデルをお持ちなんですよ。」と話したときのこと。 続きを読む


ST105.003はやっぱりお宝なのだ

Facebookを見ていたらこんな映画予告が載っていた。

時計ファン必見のおすすめ映画予告 – 『ファースト・マン』

来年2019年2月、全国ロードショーで公開される『ファースト・マン』は月面飛行の歴史が描かれて、これにはスピードマスターは欠かせない。

ということで持っているOMEGA SpeedMasterの中でもとびきりのST105.003(通称3rd Model)を引っ張り出してきた。

この時計、手に入れたのは1996年の事。SONY Cyber-Shot DSC-F1が発売されたときだ。どうしてCyber-Shotが関係あるのかって?

これが大いに関係があるのだ。 続きを読む


GoPro4用のリチウムイオンバッテリー

GoPro4で使っている純正以外のバッテリーはWASABI POWERSmatreeというのをAmazonで購入して使っている。

最初に買ったのは2015年7月10日にWASABI POWERを2個で、あとから追加したのは2017年2月27日にSmatreeを3個だった。

それらを順番に使っていたのだが、SmatreeのリチウムイオンバッテリーをGoPro4に出し入れしようとすると入れ難くなってきた。

膨らんできたわけである。 続きを読む


望遠鏡に付けているドットサイトを交換


Meade ETX-90ECの導入用望遠鏡が左に付いているのが気に入らなくて、右側に銃用のドットサイトを何年か前に取り付けた。

これがまたドットが明るくて、赤色のドットを0〜7段階に調整できるのだが、夜なら1でちょうどよいくらい。

銃に使うなら明るいほうが昼間には見やすいので、Amazonで売っている格安のよく似たドットサイトを買ってみた。 続きを読む


格安ドットサイトT1

20年以上前のtasco PROPOINTをChina製のM870に取り付けて置くのも忍びないので、格安のドットサイトをAmazonで探した。

ローマウント出来る奴がイイ。

見つけたのはIRON JIA’Sと書かれたT1タイプのドットサイト。 続きを読む


やっぱり天体望遠鏡の画質は良い

昨日の夕方、東の青い空に見つけた半月。

秋の澄み切った空に見る月は一段ときれい。

そして翌日の今日、月齢9.6の月を撮ってみようとSONY HX400Vで撮影してみた。

どうもシャープさに欠けるなあ。

やっぱり天体望遠鏡だな。 続きを読む


CONTAX(コンタックス)T2

Facebookでフォローしているカメラ修理店の話題を見ていたらコンタックスT2が人気なのだとか。

改めてWeb検索してみるとどうも最近は1990年代のこのカメラに人気があるらしい。

金属外装・Carl Zeiss Sonnarレンズ etc…

作っていたのは今はなき京セラ。その源流はヤシカだ。

修理サービスはどうなっているのかも調べたら、京セラはとうの昔にサービスを終了したらしい。

更に調べたら諏訪に元ヤシカの方がやっているリペアサービスがあるらしい。

このカメラ、私も持っている。

ウチのコンタックスT2はまだ健康体だが、悪くなったら修理のお世話になるかもしれないな。

しかしなんで今時になって1990年代のこんな電池で動く35mmフィルムカメラに人気があるんだろう。

よく分からん。


1月は満月を2回見た

これをブルームーン?っていうのか。

1月2日に満月。

そして31日は満月でさらに皆既月食(月蝕)ときたもんだ。

月は何万年前から変わらず地球の周りを回っているが、皆既月食を見るためにはちゃんとした条件が必要。

月と地球と太陽が一直線に並ぶ必要がある。

更に、日食の始まる時間が日没後でないと見ることが出来ない。

今回は月の出から約4時間後に皆既月食になるという好条件。

最後は天気次第。

これがいつも難題だった。今回も曇り空の予報だったが、なんとか天気は持ってくれた。

撮影?

もちろん撮影したよ。

きれいに撮れた。