ThruNite® T10


今度買ったのはThruNite®製の単三(NiMH-1本)を使うアルミのLEDライト。

前に買ったThruNite®Ti5Tが良かったので、単三タイプのものも欲しかったがAmazonで入荷するとすぐに売り切れて入荷未定になっていたので、ずっとウォッチリストに入れて入荷するのを待っていた。

一昨日のこと、Amazonを見たら3個入荷したのですぐにポチる。

届いたのは今朝。

早速、開封して前に買ったTi5Tと比較してみた。

前のはチタニウム、今回のはアルミ。

重さは32g(クリップ無し)35.8g(クリップ付)と少し重く、バッテリーを入れたら更に差は広がる。
Panasonicのeneloop pro(BK-3Hcc 1.2V 2450mAh)で29.8g。

それでも単三電池を1本使うLEDライトの中ではかなり小さい。

電池を入れるのは前のLED側を回して外して電池を入れるのはTi5Tと一緒だ。

スイッチは後ろについているゴムで保護されたプッシュボタンで行う。

Ti5Tと違って半押しで点灯させることは出来ない。

点灯する順はLow、続いてMid、最後がHighである。

メモリ機能があり、プッシュボタンを押す間隔を2秒以上空けるとメモリ機能が働く。

2秒以内だとLow、Mid、Highと光量が変化する。

Lowは0.2ルーメン、Midは13ルーメン、Highは252ルーメン。

一番暗いLowの0.2ルーメン、意外に使いみちがある。

天体撮影しているときに機器の状態を確認したりするのに微かに明るいくらいの点灯状態が目に刺激がなくて有り難い。

ThruNite®のLEDライトにはこの機能が備わっていて便利。

点灯時間は240hrs、40hrs、1.5hrsとなっている。

防水はIPX-8で水深2mまでOK。

これもTi5Tと同様にEDC(Everyday carry)が可能なLEDライトだろう。


糖度計を買ってみた


こんな糖度計を買ってみた。

濃度の違いで屈折率が変化するのを数値で計測する糖度計を買ってみた。

カッチリした樹脂のパッケージに入って、スポイトと補正用のドライバーと本体が入っている。

最初は蒸留水で0調整をするらしい。

確認したら届いたものはちゃんと0になっていた。

手元にあったスポーツドリンクのアクエリアスとマルティネリのアップルジュースの糖度を測ってみた。

それがこの写真。

他のものも測ってみよう。

計測機器が大好きなオジサンでした。


Vansky®


LEDライトに使用する電池でAAとかAAAとかは単3電池・単4電池と呼ばれるもので、家電店やホームセンターのレジ近くには必ずおいてある生活必需品のような電池である。

TVリモコンや家電のリモコンには必ず使われているので、どこの家にもストックが有ると思う。

それ以外にNi-MH(ニッケル水素)電池は充電式の電池として使っている人も多い。

最近、10440とか18650とかいう品番のリチウムイオン充電池を使った高輝度LEDライトがちらほら。

これらは定格が3.7Vで保護回路があるが、中には保護回路がないものがある。

今回、手に入れたLEDライトもこのリチウムイオン充電池を使うライトで18650を使用している。

18650とは前の二桁が直径で後ろの3桁が長さを表している。

つまり直径18mmで長さは65mmである。

10440なら直径が10mmで長さが44mm、10450なら直径が10mmで長さが45mmである。

但し、定格が3.7Vあるので、どんなLEDライトに使えるってわけでもない。

ライトのLEDが0.9V〜4.0Vと表記があってその電池がすんなり入ればってことだが。

但し、最高光量だとかなり発熱するかもしれない。

このあたりのリチウムイオン電池は怪しげなものを使うと発火の危険性もあるので注意である。


セガレがアラフォーに

今日はセガレの誕生日である。

35歳だって・・・・!?

かなんなあ、困ったなあ、アラフォーだって。

うちのせがれ、僕に似て物欲がない。(せやないやろ!と意見があるだろうが許せ)

「誕生日に何が欲しい?」と聞いても「う〜ん、特に無いなあ。」と宣う。

僕の若い頃と一緒やなあ。(ここも僕の主観だ)

で、悩んだ末に選んだのが“Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II”

超小型のスピーカーでBluetooth接続できる可愛いヤツだ。

僕が欲しかったので買った。

要らなかったらもらうよ。

でも喜んでくれたのが一番嬉しい。

親バカと呼ばれようがセガレの嬉しそうな顔を見るのが一番・・・・・


ラスクファン

なんのこっちゃ?

ラスクが好きなんだわ。

パンのムダを減らす目的で編み出された旨いパンの処理方法。

朝から大阪に行った帰りにJR奈良駅に着いたら前にはVIE DE FRANCEというパン屋さん。

レジ近くには大抵置いているラスクを発見。

買ってみた。194円

それがこれ。ってこれだよ!

もうひとつ、日航ホテル下にあるCapital(キャパトルと読むらしい)シルキア奈良店に行っていた。

ここにもやっぱりラスクが置いてあったので一袋買った。

価格は259円

僕好みの評価は食べてから。

続きを読む


iPhone7のケースをまた買った

今回買ったのも前と同じMelkco製。

iPhone 6Plusの時に買ったのが最初で、気に入ったこともあるが、今回は違う。

ブックタイプのヘリのところが割れてしまったのがきっかけ。

年末に買ったのはコレだ。

前のやつは2年使っても折れたり割れたりしなかったのに、今回のiPhone 7用に買ったものの角の部分だけは革じゃなかったってことだ。

新たに買ったのは「Melkco 本革 手帳型 スマホケース カード収納3枚 iPhone7 Herman Ver. FRA (Togo Black)」

たまたまAmazonの欲しいものリストにいれておいて何気なく見たら、リストに入れたときには3,980円だったのが、なんとなんと1,991円という破格値になっていたのですぐにポチった。(現在は3,980円に戻っている)

品名のFRAはフランスという意味らしい。

革の手触りはシボが深くて滑りにくいような表面処理。

今使っているのはプレーンでつるつるで滑りやすい。

まだ全然傷んでいないので交換するのもなんだか・・・なので、新しく買ったのはケースに入ったままである。

物好きだねえ、オレ。


35年前のライダーズパンツ

物持ちがイイ方の僕だから持っているのか、体型が変わらないから今でも履けるからか、35年前のライダーズパンツを今でも持っていて履いている。

これ、“ハインゲーリック(Hein Gericke) ライダーズパンツ”

35年前にオートショップフクイ(現モトパワー)で買ったもの。

それも破格で。

「これを裾上げせずにそのまま履けたら10,000円(多分このくらい)で売るよ。」と言われて、これを欲しい連中が脚を通して見たが入らない。

みんな脚が太くて短い。ところがパンツはかなり細いのである。

サイズ表記はLLだが股下が84cmで、それを裾上げせずに履ける人間はほとんどいない。

ところが僕はすんなりと履けたんだよ。(自慢入ってる)

当時の身長は182cm。(今は179cmに縮んだ)

ジーンズのサイズは29インチの僕にぴったりだった。

それを羨望の視線(たぶん)を受けながら買ったわけで。

本革製で仕上げの良いパンツは手入れさえ良ければ35年も保っているわけである。

腹は出ていないし、脚も太くなっていないので今もバッチリと履ける。

今は冬場に乗ることはほとんど無いが、冷たい風を防いでくれて重宝している。

 


モバイルバッテリー新旧


4年前の2013年1月25日にAmazonで注文した大容量のモバイルバッテリー“cheero Power Plus 2 10400mAh”2,980円で購入した。

今はこれの後継機の“cheero Power Plus 3 13400mAh”Amazon2,580円で売っている。

10,000mAhを超える大容量はやはり魅力。

でも重い。

多少の重さなんてなんとも無いっていうマッチョな方はぜひ大容量を買ったほうが良い。
オイラのような軟弱者は少しでも軽い方がイイかな?iPhone6sを2回充電できるんならこれも有りだな。と思っている。(iPhone7を使っている)

比べるものにもよるが、旧型のcheero Power Plus 2は295g(実測)でかなりずっしりしてポケットを膨らます。

新しいcheero Power Plus 3は245gで少し軽くなっている。

容量が半分でも良いから重さも半分くらいで軽いのを探していたら“cheero Power Plus 3 mini 5200mAh”というのをAmazonで見つけた。

最初に買ったcheero Power Plus 2半分の容量で重さは129g(実測値)。
(デジタルスケールで測定)

コレくらいならポケットやバッグに忍ばせておいても苦にはならない重さ。

これでiPhone6sが約2回フル充電出来ると書いてある。

そして安心だと思えるのが内部のリチウムイオン電池。
※cheeroの品質・安心へのこだわり!パナソニック製セルを採用と書かれている。

iPhone7の重量は138gで、Melkco 本革 手帳型ケースに入れて使っている重さは210g。

iPhone 6Plusをケースに入れて使っていたときの重さが260gあったので、iPhone7+cheero Power Plus 3 miniの合計した重さにほぼ近い。

サイズは写真を見てもらったら一目瞭然である。

“cheero Power Plus 2 10400mAh”を購入してからほぼ4年の月日が経ったので新しく購入するのも良いかなと思って購入してみた。

Amazonでの購入価格はちょうどタイムセールをやっていたので1,180円で購入できた。

現在は1,480円である。


ディスクタイプ スタイラスペンの寿命


ディスクタイプ-スタイラスペンの先端部分が千切れたのは最近かなりのペースでこのスタイラスペンを使っていたからだろう。

昨年末の12月20日に購入して使い倒したCan-Doのスタイラスペン。

そのあといくつか違う型式のスタイラスペンも買ってみたが、この定価108円(税込)のものが一番使いやすい。

1,000から2,000円ほどする同形式のディスクタイプ-スタイラスペンは先端のディスク部分が交換できるようになっているものが多い。

首がボールジョイントになっているものや、スプリングになっているものもある。

一番高価だったボールジョイントになっているものは柔らかさがない。

スプリングジョイントのも多少は柔らかいが、バネが傾く時にグキッという感触があっていただけない。

一番使いやすくて気に入っているのはフレキシブルな導通ゴムで出来たヤツ。

この安いCan-Doのスタイラスペンのスペアを数本買ってあるから当分は心配ない。


FRANZ HERMLE & SOHNの掛け時計

またへんてこりんな時計を買った。

富雄に出かけていった帰り道、三条大路にある“お宝創庫”にふらっと立ち寄ったのが運の尽き。

ショーケースの中からこちらを向いて微笑んでいる掛け時計ちゃん。

ちょっと斜めになって「ワタシ動けません」状態のドイツ製の掛け時計。

そんなに古いものではなく、ここ数年のものだろうと検討を付けて外装と名板を見ながら検索してみた。
(70833−Q20141)

FRANZ HERMLE & SOHN(フランツ ヘルムレ アンド サン)というドイツの時計メーカーが作っている掛け時計だが、現行品では無さそう。

もちろんゼンマイ仕掛けのカブトムシである。

お店の方を呼んでケースを開けてもらったのが最後。

「これ、ください。」と言っていた。(えらい客観的)

持ち帰りはZE2(インサイト)の助手席にそっと寝かせて家まで帰ってきた。

なにかあれば修理は小柳時計店さんにお願いしよっ!

※持ち帰った時は振り子を付けても動かない。
振り子を外して動かしてようやく早足で動く始末。
購入をミスったかな?と思ったが、どうやら動力用のゼンマイも時報用のゼンマイも共にキチキチまで巻かれていたのが原因のようだった。

一日、振り子を付けずに動かして動力用のゼンマイを少しだけ緩めて、時報用のゼンマイも緩めることで振り子を付けて動くようになった。

想像だが、動かないからネジを目一杯巻いてしまって余計に動かなくなった時計を、タダのような価格で買い取って売っているんだろうな。

機械時計は今の人には無縁だから判らないとは思うが、こんな状態でも手に入ったのは良かったと思う。