甘樫丘で撮影して海苔して時計して

初夏の良い天気に恵まれた月曜日、インサイトで24号線から天理街道を直走って桜井を抜けて甘樫の丘へ向かった。

今日はとても天気が良くて空気が澄み切っていたので山の緑がキレイ。

12時45分に甘樫丘川原駐車場に到着してインサイトを留め、川原展望台へ歩いていった。

展望台は飛鳥を一望できる場所。

持ってきたFeiyu-Tech SPG C(三軸ジンバル)にiPhone6Plusを取付けてテスト撮影を兼ねたショートムービーを撮影する。

しばらくすると中学生の団体が静けさを破った。せっかく静かだったのになあ。

13時45分に川原展望台をあとにして、雷(いかづち)を北に2.6km向かったところにある植田商店に海苔を買いに行った。

植田さんにジンバルを披露したかったが商談が入っているらしく(僕が遅れたのが原因だ)ほんの少ししか話ができなかったのが心残りだ。

持ち帰り用にわさび海苔を注文した。

14時30分に次の目的地の小柳時計店に向かった。

15時前には小柳時計店に到着して、小柳さんに持っていった三軸ジンバルをお見せする。

これがあるとフェアのときなどに映像を撮る必要があればとってもきれいに撮れますよ〜!と悪魔の囁き。

1時間ほどお邪魔して、お借りしていたメガネ代金を支払って奈良に向かった。

ちょっと慌ただしい午後だったが、楽しさが凝縮された初夏の月曜日だった。


保護中: 甘樫丘でランチして海苔して時計して

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


届いたFeiyu Tech SPG C三軸ジンバル


朝の散歩から帰ってガレージを開け、母親が病院に行くのを見送っていたら、自転車に乗ったヤマト便のお姉さまが「お届け物です」といつもの笑顔で届けてくれた。

Amazonで昨日ポチったFeiyu Techの三軸ジンバル。

ワンコたちを20日ぶりにシャンプーしたあとにAmazonの箱の開封動画を取りながら動作の確認をした。

期待したとおり、外装はアルミ合金製。これだけでも満足である、

付属の22650電池にはある程度充電されているようだったので、早速撮影してみた。

最初、Bluetoothの接続がうまく行かなかったが、理由が分かった。

メニューからSPG Cを選ばなかったのが原因だった。

なにせ付いてきたマニュアルは英文と中文だけ。

もうちょっと親切にしろよ。輸入代理店さんよ。

僕は英文なら問題なく読めるので問題ないが、普通は無理でしょ。

(ああ、嘘ついてしまった)


物欲大魔王はついにジンバルを注文!

さあ、ついに迷いに迷ったジンバルを決めた。

どれとは言わないが、人気の三軸ジンバルはYouTubeを検索すると何人ものYouTuberたちが“ああだこうだ”とイイながら評価しているのが出て来る。

人気のある(ように見える)三軸ジンバルは彼らの話しているのを聞いているとどうやらほとんどがメーカーからの無償提供品。

無償提供されたものなら悪いことを余り書かないのではないか?

気になることを書いたとしても信憑性を高めるために少しだけは気になるところを評価しているように思えるのだ。

DJI Osmo mobile 2もたくさんのYouTuberレポートが上がっているしZHIYUN Smooth-Qもしかり。Snoopa-M1もたくさんのYouTuberが評価している。

Feiyu Tech SPG cだけはそれに比べて少ない。

しかしFeiyu techはApple Storeの店舗で扱っていたこともあるもの良し。

更に材質が他の三軸ジンバルがポリマー樹脂などのプラスチック成型品なのに対してFeiyu tech製SPGはアルミ合金製というのがとてもイイじゃないか。

僕は握り(グリップ)にエルゴノミクス形状と言われる真ん中が膨らんだような形状や指掛のような窪みを付けたグリップが大嫌いなのである。

「手にしっくりくるグリップ」とか言って、握りに指掛けの窪みを付けたり樽型に膨らませたりゴムを巻いたりするのは最低な作りだと思っている。

そしてもうひとつ忘れてはならない重要なこと。

僕は左利きなんだ。

DJI Osmo mobile 2はボタンの配置が右利き用になっている(気がする)

ZHIYUN Smooth-Qのボタン配置もやはり右利きに対応した配置だ。

Feiyu Tech SPG cだけは全てのボタンがセンター配置に並んでいる。

右利きの人でも左手で持つこともあるだろう。そんなときにボタン配置がアンバランスならば使い難い事甚だしい。判るだろ?

そんな理由で筐体が金属製でボタン配置がセンターに並んだFeiyu Tech SPG cが僕の好みに一番合っている。


物欲大魔王降臨

みんなジンバルという言葉は知っているか?

お猿が両手に持ってチャンチャンチャン!と音を出すアレではない。

アレはシンバル。

ジンバル。英語ではGimbal(ギンバルと発音するようだ)

X・Y・Z軸上を自由に動いてカメラの安定を司るプロのツールだ。と思っていたら最近は手の届く価格で購入できるものが出てきた。

正確には今までから出ていたが、4年ほど前は数万円(7万以上)した。

2年前ぐらいは3〜4万円ほどの価格になって手の届く範囲になった。

そして昨年2017年中頃から2018年に掛けて2万円を切る価格で更に高性能になったものが発売されてきた。

iPhone(スマートホン)をジンバルに取付けて撮影した動画はそりゃもう別世界の滑らかさである。

Droneで有名なDJI社を筆頭に2万円以下の価格で3つほどを選んでみた。

DJI Osmo mobile 2・ZHIYUN Smooth-Q・Snoopa-M1・Feiyu Tech SPG cなど

どれも特徴があってサイズも違って価格も違ってはいるが魅力的なものには変わりない。

僕と同じく物欲大魔王な海苔屋の若とふたりでジンバル話題で毎日毎夜LINEで盛り上がっている。


ひさしぶりにDrone購入

たまたま見てしまったYouTube動画で、マイクロドローンが学校の中を飛んで、JKのあいだを飛び抜けるという、ちょっと考えるだけでもエロい・・・もといエゲツない・・・もとい、すごい動画を見てしまったのがきっかけになって、マイクロドローンが欲しくなった。

それをバイク仲間の谷口さんに話したら「来月、最新型で30g以下のマイクロドローンが発売されるよ。2つ注文しておくね。」と言われた。

ふたつ?ひとつはオレのか?

それから1ヶ月後の4月28日に発売と知った。

月が変わって5月2日に谷口さんからLINEにメッセージが入った。

「G Force入ったようです。」

早速、その日の夜に谷口さんチに伺ってふたりで模型店に受け取りに行ってきた。

僕はドローンの経験の最初は約3年以上前の2014年12月に買ったAR Droneだけ。

海苔屋の若と一緒に買ってゴルフ場さんで飛行させてもらったが海苔屋の若のほうが断然上手い。

その後、アホな安倍政権が200g以上のDroneを飛行させるには許可がいるようにしやがった。

AR Droneの重量は500gオーバーである。

それ以降は飛ばす機会が激減。(飛ばしていない)

200g未満のDroneなら飛ばせるというので、その後の進化は速かった。

今回買ったMicroDroneはなんと30g。G Forceから発売される。

リーズナブルな価格で購入したG Force moovaを谷口さんチで開封。

谷口さんが飛ばして見せてくれた。上手いなあ。

その日の夜、家で飛ばしてカーテンや壁にぶつけてモーター下についているゴム足を1個無くしてしまったのはショックだ。
もうちょっと練習しなくちゃ。

下手やけど。


ワンコたちのトリミングと買い物

3ヶ月前に予約しておいたワンコたちのトリミングに大安寺ビッグエクストラの中にある愛犬サロン大安寺店に連れて行った。

13時からお願いして15時30分に出来上がるので、それまでに郡山イオンの中にあるミツハシまでワーキングシューズを買いに行く。

買ったのはNew balance 574 Forest Greenのシューズ。

色と形が気に入って買ったもの。

靴紐は赤に変更するので、紐だけ別に購入。

15時30分にワンコたちを迎えに行った。

スッキリとカットしてもらってフワフワになっていた。


爪割れの補修

ワタシはよく爪が割れる。

気付かないあいだに爪が割れていることがよくある。

今日は右の親指の爪が先の方で斜めに割れていた。

深爪に近いほど爪を切っているので、爪の先が割れたら指の肉が出てしまう。

そうなったら痛いので、接着剤でくっつけようかと思っていた。

そうだ、あのひとなら知っているかもしれないと、大阪の眞澄さんに相談したら「爪が割れたときに補修する接着剤がドラッグストアにあるよん。」と教えてくれたので、早速キリン堂へ。

ところが・・・・

キリン堂の従業員のオバハンは「そんなんありませんねえ。」とツレナイ返事。

探す気あんのかボケ〜!不細工なやつは知識もないのか?

(と心のなかで呟いた)

次はウェルマートに行って、ちょっとナヨナヨした男に聞いたら「それは女性用でしょうか?」と抜かすもんだから、「爪は女にも男にもあるんだよ。知らんの?」と言ってしまった。(心の中で叫んだわけではない。実際に言った。)

「詳しい人を呼んできま〜す!」と内股で走って行きよった。

待ち切れないのでネイルコーナーを探したら・・・・・あるやんけ。

ヒビ・われ等の爪に「亀裂補修コート」!

商品が置いてないのも困りものだが、商品知識がないのも困ったものだ。

それを買ってきて我が愛しの右手親指の爪を補修した。


春には和三盆の黒わらび餅

バイク仲間で高校の同級生がウチに来るときに持ってきてくれた“和三盆の黒わらび餅(by LAWSON)”が美味しくて探し回ったのは3年前の春のこと。

毎年、LAWSONで見つけては買って食べている。

今年も4月になって“和三盆 黒わらび餅”が食べたくなったので、デイリーヤマザキでいつもの“シュクレリーフとデンマークソーセージロール”と新しく発売された“カスタードフリッター”を買った帰りに西城戸町のLAWSONに立ち寄った。

デザートのコーナーを探したら“和三盆 黒わらび餅”をふたつ発見!

そそくさとEdyで支払いを済ませて持ち帰った。

春になるとわらび餅やくず餅が食べたくなるんだよねえ。

※3年前とはラベルデザインが少しだけ変わっていた。

3年前のラベルはこんなの ※毎日ローソン詣で