奈良町と呼ばれるようになって

いつからだろう?

このあたりを“奈良町”と呼ぶようになったのは?

僕が小さな頃はこんな言い方は誰もしなかったから未だに違和感バリバリ。

そのせいか(おかげとも言う)観光客は増えてきた。

何年か前までは隣の半島からの観光客。

今は隣の大陸からの観光客がものすごく多い。

ガレージでバイクを弄っていると道を聞かれることが多々ある。

そのうち日本人は半分くらい。

不思議な時代になってきた。

写真の提灯には「ならまち遊歩」と書かれていて、観光客が夜の奈良町を散策してもらうようにとの配慮らしい。

ようわからん。

LEDで灯された提灯と並んでLEDのヘッドライトを点灯したCT110の記念写真だ。

オリジナルのPH8バルブや灯体をCD50用のヘッドライト変更してバルブをPH7したものとは桁違いの明るさになっている僕のCT110。

CT110のヘッドライトを6Vから12Vに変更し、灯体をCIBIÉにしてH4のバルブに。AC-DCコンバータを入れて交流から直流変換してからはLEDのH4に換えたら明るさは劇的に変わった。

ガレージの棚に積み上げてるバイクやクルマのプラモデル。

ガレージの棚に積み上げてるバイクやクルマのプラモデル。


蹴り入れたった

今朝も7時には28度超え。

暑いやないかい。

ワンコたちを連れていつもの天満さんへ。

お参りをしたあとはスモモの樹の下に熟したスモモが落ちているのを頂いて帰る。

ところが、今日はひとつも落ちていない。

しかしこのままでは帰れない。

で、樹の幹に蹴りを入れたらボトボトッ!コッツン!(頭に当たった)と落ちてきた。

それがこれだ。

熟しきっていない青さがなんとも魅力的だわい。

ヌフフッ!な色合いだ。


朝の散歩の天満さんで同級生と

バッタリ出会った。

最初はどちらも気付かず。

お参りを終わって帰ろうとしたときに階段を上がってきた男性と女性。

どちらからともなく「おはようございます」の挨拶を交わしたあと、「暑いですねえ。」と話しかけたところ、ジャスミンとプーアルに近寄ってきた男性が「うちもダックス飼ってますねん。」とイヌの話から「どちらから来られたんですか?」と話が進んだ。

更に年齢の話しになって互いに昭和29年1月生まれとわかった。

同級生!で、「どちらの学校?」

途中の話しは端折ることにして互いに一条高校だとわかった。

「何組?」「僕は7組」「僕は6組」えええええええええ〜〜〜!

そこで初めて互いに名乗った。

知っている!

僕のiPhoneに入っていた高校の頃の写真を見せてふたりで大笑い。

なんや、すぐうちの近くに住んでたんや。

共通の同級生の名前や友人の名前も出てきた。

こんな出会いで今日の一日が始まった。


すももがたわわに

うちのご近所にこれだけたくさんの“すももがたわわ”に実っているおうちが有った。

前を通りかかってふと見上げたらたくさんのすもも。

ちょうどお住まいになってる方がいらしたので「それ、すももですか?」と聞いたら

「そう、すももなんよ。要ります?」と言われたので即答で頂いた。

こんなに紅く色付いたすももがたわわに実ってるのを見たのは初めて。

良い事有るかな?


朝の散歩は天満さん


ここんところ、ワンコ達とゆく散歩の先は天満さん(奈良町天神社)と決めている。

家から歩いて約800メートル東にある。

このあたりの景色は昔とは随分と変わったが、天満さんは子供の頃とほとんど変わらない景色なのがいい。

ワンコたちもここへ来るのが好きなようで、いつも喜んで歩いてくれる。

階段を登って鳥居をくぐり、本殿にお参りしてから横にある池にあるベンチに座って想いを遠くに投げている時間がイイ。

そのまま元の道を戻って約30分。

これから一日が始まるのだ。

今日はこのあとCT110に乗って珈琲豆を買いに珈琲&紅茶館さんへ。

久しぶりにご主人と奥さんが揃っていたので話し込んで帰ってきた。


問題爺

過激なタイトルだが事実である。

まあ、聞いてくれ。

昨日の朝、天満さん(奈良町天神社)にワンコたちと散歩でお参りに行ったときに、宮司さんが「7月になったらスモモが取れるからハシゴかけて上から落としてあげる。」と言われていたその翌日の今日、同じ時間に天満さんに行ったら、ハシゴを立ててなんかやっているジジイがいるではないか。

お参りが終わってから近づいてゆくと・・・・・・(-_-;)

あと半月色づくであろうスモモの実が付いた木の枝をノコギリで切り落としている不届きで罰当たりなジジイがノコギリで枝をゴリゴリ。

「何をしている?」って聞いたら「葉が上に上に伸びて都合が悪いから切り落としている。」と抜かしやがった!

ハシゴごと倒れて頭打って死にやがれ!と心の中で叫んだが、切られた枝と色づく前のスモモはもう戻らない。

ほんとにしょーもないジジイである。

この神社のことをよくご存知の方に写真を送って「このジジイが枝を・・・・」とメッセージで送ったらすぐに返事が来た。

「バカなことをしているのは、福◯◯町の◯本のドアホですね。・・・宮司さんがおられたら切らさないと思う。」とすぐに返事が来た。

やっぱりなあ、札付きのお馬鹿なジジイだとこのときにようやくわかった。

自分は良いことをしているのだという間違った思い込みで残り僅かの人生を過ごしている人災みたいな爺さんである。


無人販売の野菜


今朝の9時過ぎ、散歩のときには出ていなかった無人販売の野菜。

もしかして?と10時前にCT110で見に行ったら・・・

並べてはるところでした、野菜。

早速、めぼしいものを800円分買った。

ホウレンソウ・きゅうり・なすび・じゃがいも

法蓮草・胡瓜・茄子・馬鈴薯
(誰とは言わんがいつもこうやって漢字で書くヤツがいる)

なんでも漢字で書かずにひらがなで書いたらエエんと違う?

とワタシは思う。


春の食事会2017


待ちわびていた春の食事会2017は2017年5月25日(木曜日)に大和八木駅の南にある“じとっこ組合”で。

場所がわからずちょっとだけウロウロ。

ようやくお店を見つけて入ったら中は満席。予約だったからもちろん大丈夫。

すでに忠さん、海苔屋の若は到着していた。

19時30分スタートで21時30分で終了の食べ放題飲み放題が始まった。

オイラは今日初めてお酒を飲んだ。(日本酒の冷)

30分遅れて小柳さんが来てくれた。

この地では小柳さんが来てくれると盛り上がる。

二杯目のドリンク注文の後に誕生日に該当するウッちゃん、海苔屋の若、忠さんにみんなからプレゼントを順に渡して行った。

どんなものがプレゼントだったかは写真で。

楽しい時間はアッという間に過ぎ去ってお開きは23時だった。

楽しいなあ、またぜひ。

次は秋の食事会2017で。


多肉植物ちゃん

草花に興味を持ち出した超ビギナーなオイラ。

多肉植物やサボテンが好きなんで、お世話になっているご近所のお花屋さんの岡本生花店さんに行ってきた。

多肉・・・・・・

ありました。

で、ひとつ譲ってもらってきました。

枯らさずに育てられるかなあ?