免許証の更新で奈良警察署へ

今日のお昼過ぎ、奈良警察署まで免許証の更新のために届いたハガキと24×30mmの写真と3,000円を持って行ってきた。

今日は適性検査(視力検査他)だけだったので名前を呼ばれたら視力検査の機械に目を当てて上・左・下・右と書いてある文字の真ん中にあるCのようなマークの切れ目を答えるだけの検査だ。

「眼鏡を掛けずにやってみてもイイですか?」と聞いたところ「コンタクトレンズはされてないですか?」と聞かれたので「はい、コンタクトレンズはしていません。」と返答してテストを受けた。

結果は、「よく見えておられますよ。眼鏡等の条件は解除しておきますね。」となった。

老眼にはなっても近くはそれなりに見えるので昔よりも目は良くなったのか?

そう思いたい。

思い込もう!


5年目の免許更新


艱難辛苦・苦節10年・・・・・青色だった免許証が金色になる。

気分はブルーだったからなあ。

Beatに乗っていたとき、大和郡山市にあるキタサイクルさんに行った帰り道、城下町の狭い道を走っていたときに「こんなところに停止線書くんかい!」ってところで徐行したのが運の尽き。

徐行ではなく一旦停止するべきだったと気付いたが後の祭りだった。

これがゴールドからブルーになったきっかけ。

それ以来、停止線のあるところではゆっくりと“1・2・3”と数える間はタイヤがしっかりと停止している。


元興寺の豆撒き 2017年

2月3日は元興寺の豆撒き。

豆撒きは15時から始まるので、14時15分頃にどのくらいの人が集まっているのか見に行ってすぐに戻ってこようと思って元興寺に行ってみた。

2年前から豆撒きの入場制限をしていて、御札を持っているとか火渡りをしたとかいろいろと制約を付けているらしい。

集まった人に豆投げろよ!とオイチャンは言いたい!

リスクがあって当然。

ハイリスク・ローリターンなイベントなのですよ豆撒きは。

それが無くなって警備員とか警察とかが介入してくるのが気に入らない。

どこまで良い子ばかり集めたいねん。

とボヤいたのは一昨年まで。

血気盛んで元気な頃は投げられた豆をダイレクトキャッチ!するのが生き甲斐だったけど、3年前に腰を痛めて骨が脆いと判ってからは無理はしない。

腰を痛めたオイチャンは順番に手渡ししてくれる列におとなしく並んで豆をもらってきた。

そうそう、元興寺の境内で偶然にも一条高校で同じクラスだった米田くんとバッタリ!出会った。

ふたりで列に並んで豆を手渡しで受け取りましたとさ。

穏やかになったふたりだった。


ニコンプラザ大阪から奈良に帰ってきた途端

梅田のニコンプラザ大阪から15時前に奈良に戻ってきて、家まであと少しというところでiPhoneMessengerに投稿が入った。

「誰かなあ、竹本っちゃんからかな?」と思って送信主を見たらなんと 鶴ちゃんからだった。

私の中ではいつまで経っても旧姓の鶴巻さんである。

明るくて快活でオトコマエの可愛らしい女性である。

「福井さん、梅田に来られてると言われてたけどまだ梅田にいらっしゃいますか?」とメッセージ。

嗚呼!都会に馴染めない田舎モンのオイラは先ほど奈良に帰って来ちまってました。

うううう〜残念無念。

もしも今日、鶴ちゃんに会えたら1995年以来だから21年ぶりってことになったんだけどなあ。

何とも残念な成り行きでした。

「都会はキライ!なんて言わずに我慢して大阪に居ろよ。」とヘタレな自分に言い聞かせていた土曜の夕暮れでした。

それでも鶴ちゃんと電話で話しが出来て更にライブでお顔が見れてとっても良かったですよ。

ありがとう!


彼岸の中日はさくらバーガーで

IMG_0004ワンコ達と行く朝の散歩はいつもの天満さんへ出かけて行って、梅の花から桜の花への移り変わりを愛でるのがエエな。

今日は快晴で桜の蕾も少し開いたかな?

本殿前にある狛犬さんが普段よりも微笑んでいる気がする。

散歩が終わったら佐保川沿いにあるお寺まで歩いて彼岸の中日の墓参り。
IMG_0010
途中のさくらバーガーで“さくらバーガー”のテイクアウトを注文してゆく。

前を行くのは昔懐かしいチャルメラを鳴らしながらのお豆腐売りの自転車。(北東向ではちょくちょく見かける)
IMG_0012
風邪は少し強いけど、陽射しも強くてもう冬の片鱗はない。

さくらバーガー受け取って自宅で食べるさくらバーガー。

パンはふっくらモチモチでパテはジューシー、そしてベーコンの美味しさは絶品。
P1010204


「昔乗ってた」よりも「今も乗っている」が良い

良くこんなことを言う人います。

「あのバイク(あるいはクルマ)、40年前(ひとによって年月は違うが)に乗っていたんだ。売らずに(手放さずに)持って(置いて)おけばよかったなあ。」

あのね、持ち続けるのって大変なんだよ。

数年乗って手放してまた新しいのを買っているひとには所詮無理な話。

あちこち壊れ出した時の絶望感と闘って修理しているとまた壊れて修理しての繰り返し。

それに疲れて手放したり新しいモノが魅力的に見えて気持ちが移ってんじゃないの?

想い出の中に残っているあいだは「あれは良かったなあ。」で済ませられるが、継続して維持して行く現実を見たらなかなか大変なんだよ。

それが楽しみに感じられるようだったらアンタは理想的(変態的)な趣味人。


零戦が71年ぶりに飛んだって?今回で3度めでしょ

P1010034「零戦が71年ぶりに日本の空を飛んだ!」と言う記事を目にするが、ちょっとちょっとちゃんと調べたのかい?

今回飛んだのは零戦22型なので、22型なら戦後71年ぶりというのも分かるが・・・・。

1995年に龍ケ崎にプレーンズオブフェイムのP-51マスタング(パイロットはケビン・エルドリッジ)と零戦52型(パイロットはエアレースで伝説のRBに乗っていたスティーブ・ヒントン氏)が里帰り飛行したのは実際に見に行ったし、その前には1978年に埼玉県桶川飛行場から木更津上空を同じくプレーンズオブフェイムの零戦52型が飛んでいる。

記事にするならもうちょっと過去のことを調べて掲載して欲しいね。

そんなに頻繁に飛ぶ航空機じゃあるまいし、結構マニアがいるので間違い指摘されると恥ずかしいやろ。

オイラは1978年の戦後初飛行は見損なったが、記念に発売されたLPレコードは買ったよ。

LPレコードなのに45回転で回してダイナミックレンジを上げた特殊なLP。

これを大音量で聴いたら、ローパスするときの音で首をすくめた記憶がある。

そりゃもうド迫力なんだなあ。

もう一度聴いてみたいけどレコードプレーヤーが無い・・・・。

だれかお持ちだったら零戦の音を一緒に聴きませんか?


元興寺の豆撒き(節分)2016年

2014年2月3日に開催された元興寺の豆撒きはココに

昨年は腰を痛めていたので参加はかなわなかったが、今年は福豆を取るぞ!の心意気も元興寺に行った途端に崩れてしまった。

14時までに並んだ人だけが豆撒きに参加できるだと?そこまでする?
なんかふざけてるね。バカにしているよね。

寺側にとっては兎にも角にも安全第一ということらしい。

節分の豆撒きで怪我人が出ては大変だということで、警官はいっぱいいるわ、警備会社の人まで動員しているわ、豆撒きに参加できるのは前の方に並んだ1000人?

“柵から後ろにいる人には投げないよ。福豆は上げないよ。”という魂胆らしい。
そのようにマイクで坊主が壇上から言っていたから間違いない。

その説明で帰りだした人も居たぐらい。

どうしても欲しい人には手渡し行列に並んだらあげるよってことだとさ。

勿体ぶりゃあがって。なんだよ。勢い良く投げりゃいいじゃないの。

それが豆撒きじゃないの?

北側から西までグルっと人が並んでいたのはどうしても欲しい人や年寄りだったんだ。

どうしても“福豆”が欲しいのねオイラは。年寄りだし・・・・

じゃあ並ぶ。

IMG_9485一緒に行ったセガレは呆れて帰っちまった。

「結構諦めるのが早い性格のセガレ」「欲しいものはどうしても手に入れる粘着質なオイラ」の違いが出た。

東側の門の前で100円で売っていたのは買わずに長蛇の列に並んだ。

豆撒きが終わってもまだ並んでいる人には行き渡らない。

ようやく自分の順番が近づいてきたので配っているところを見ると、福豆を配布している坊さんの前には賽銭箱が置いてある。

IMG_9496「やるやないかい元興寺!」そこまでする?

ようやく自分の順番が回ってきたので、今まで仏頂面を隠していたマスクとサングラスを外してオイラの顔を急いで笑顔に作り変えて福豆を受け取った。

もちろん賽銭箱にはお賽銭を入れましたがな。

気持ちですが・・・・・

もらった福豆の写真はこれだ。IMG_9497


Have you ever seen the nice dream?

PA220702a_Fotor
君はステキな夢をみたことがあるか?はぁ?はい!

今朝の起き掛けの前に見た夢は久しぶりに素晴らしいというかステキな夢を見ました。

あの、憧れの、ほら!あの人ですよ。

あの方がですね、オイラのところにやって来て料理を作って下さってるのですわ。

話し掛けると笑顔で答えてくれてました。

そうしたら遠くの方から「朝ご飯できたよ!」

誰やねん!?

今、◯ッ◯さんに料理してもらってるのに・・・・。

フッと気が付けばそれはそれは素敵な夢でした。

「朝ご飯出来たよ。」はカミさんの声。

ああ、ショック!

◯ッ◯さんが作ってる料理を食べたかったなあ。