朝の散歩は天満さん


ここんところ、ワンコ達とゆく散歩の先は天満さん(奈良町天神社)と決めている。

家から歩いて約800メートル東にある。

このあたりの景色は昔とは随分と変わったが、天満さんは子供の頃とほとんど変わらない景色なのがいい。

ワンコたちもここへ来るのが好きなようで、いつも喜んで歩いてくれる。

階段を登って鳥居をくぐり、本殿にお参りしてから横にある池にあるベンチに座って想いを遠くに投げている時間がイイ。

そのまま元の道を戻って約30分。

これから一日が始まるのだ。

今日はこのあとCT110に乗って珈琲豆を買いに珈琲&紅茶館さんへ。

久しぶりにご主人と奥さんが揃っていたので話し込んで帰ってきた。


今日はメジロ(目白)

11時過ぎに窓の外のモミジに目白のツガイがやってきた。

年末の目白よりも寸詰まりで丸々したメジロだ。

音を立てないようにしてカメラを構えて連射する。

連射はメカニカルではなくデジタルシャッターで撮影するのでまったくの無音。

カメラはNIKON 1に取付けた30−110mm 1:3.8-5.6 VRを使って撮影


雨が上がった月曜日の午後

朝は雨が降っていてジャスミンとプーアルは散歩に行けず。

午後の2時を過ぎてようやく陽射しが出て来た。

でも地面は濡れているが散歩から帰ってお腹と脚を洗ってあげればイイことだし行こう。

いつもどおりに天満さんにお参りして帰ろうとするとジャスミンが踏ん張って動かない。

どうするんだと聞いてみたら「浮見堂まで行くんだ」という。(そんな表情だった)

たまにはイイかな?

でもあそこには鹿がいて以前に体当りされたことがあったからあまり行きたくない。

用心しながら浮見堂の散歩道を通って奈良ホテル方面に抜けて戻ってきた。

奈良に住んでいると放し飼いの鹿は見慣れていて近寄っても来ないが、小さなワンコを連れていると威嚇してくる鹿もいるのが怖い。

今度、ジャスミンやプーアルに向かってきたときには“蹴り”入れてやる。


窓の外の紅葉に四十雀

二週間前とはうって変わって暖かい日曜日の朝。

窓の外にあるノムラモミジの枝に2羽の鳥が止まっていた。

雀サイズの小さな鳥。

四十雀(シジュウカラ)だ。

頬の白い模様と頭から胸にかけて黒い毛が生えている。

胸の毛は白に少し黄色が混ざった羽毛。

羽は黄緑から紺色に、そして灰黒色の羽。

鳥の模様はキレイだ。

ツガイで飛んで来るところも鳥の魅力。


2016年最後の月

img_2274短い秋に終わりを告げて冬になったかと思えば妙に暖かい日が続いている。

今日も昼の外気温は15度と心地良い気温で過ごしやすい。

朝のワンコたちの散歩も寒さを気にせずに連れて行ける。

今日は天満さんに行く前に瑜伽神社(ゆうがじんじゃ)に立ち寄った。

今年の秋は短くて普段なら順に色づく木々が一気に紅葉している。

拝殿から南を見ると紅葉がとても美しい。

拝殿の右側には“平城の飛鳥の万葉歌碑”がある。img_2275

初めて立ち寄ったワンコたちだったが元気に石段を登ってくれた。

このあとはいつもどおりに天満さんへ行って記帳して帰るのが普段の散歩コースである。


マロンセサミデニッシュは11月末まで?

p1020529ビッグナラの中にあるパン屋さんで作って売っているマロンセサミデニッシュ。

これがとても美味しいとは以前に書いていた。

これが「11月末で終わるんです。季節商品なので。」と言われていたので

今日の午後2時過ぎに買いに行ってきた。img_2261

いつもどおり6個買った。

帰ってから欲しそうに見ているジャスミンの顔を見ているとピーナツの殻に見えてきたので、手元にあったピーナツの殻を使って顔を作ってみた。

どう?似てるでしょう。

さあ、これからマロンセサミデニッシュを食べるぞ。

 


ようやく涼しくなって散歩がラクに

今年の暑さは異常。

ワンコ達も元気も食欲も無くなっていたが、ようやく涼しくなって元気になってきた。

もちろんワンコの父親役の僕もラク。

散歩に行っても汗が出なくなったのがウレシイ。

夏場は7時までに散歩に行かないと28度とか30度とか馬鹿げた温度になったが、今では9時過ぎの散歩に戻した。

早朝の散歩も捨てがたいが・・・。

前にもここで撮影したレンガ造りの焼却炉前で

前にもここで撮影したレンガ造りの焼却炉前で