万年筆で手紙を書きたい


そう思って万年筆を探した。

とにかくモノが多いので捜し物は困難を極める。

6月6日の夕方、Appleのボールペンを幾つか保管している箱の中に見慣れぬ箱を見つけた。

思い出せないが、Appleからもらったペンだろう。

箱を開けると・・・・万年筆だった。

銀のボディにAppleマーク。

インクはペリカン4001を使うようである。

これのインクを買ってきて近いうちに手紙を書いてみようと思う。


ステキなひとから届いたラスク*


2017年6月5日(月曜日)の朝のお話。

呼び鈴が鳴ったので玄関に行ったらいつもの郵便局のお兄さんが普段とは違った口調とニコニコした笑顔で「福井清一郎さんにお届け物です!」と言った。

受け取って送り主を見たら・・・・まぁ!!

女性名が書いてあったのでそれであんな口調になったんだな。

てめえ!羨ましいのかい?

ってほんとにうれしいのは僕なんだけどね。

女友達の眞澄さんから届いたのはラスク。

可愛らしいパッケージにいろんなラスクの詰め合わせが入っていた。

そして小さく折りたたんだメッセージも一緒に。

朝から嬉しいスタートだった。

I love ma.眞澄さん


CT110のオイル交換に行ったら


懐かしい人に声を掛けられた。

天気が良くて湿度が少ない6月4日の日曜日。

CT110のオイル交換をやってもらえるかモトパワーに電話で確認したあと、CT110に乗ってモトパワーに出かけていった。

先客があって軽く会釈しただけだったが、その方から「福井さん!」と呼ばれてギクリ!。

誰なんだ?誰?・・・・思い出せない。

じっと顔を見たら・・・・・30年以上まえ、ここのツーリングクラブのメンバーだったSHIRAKAWAさん。

分からんかったわぁ〜。

オイル交換してもらっている間に表で記念撮影。

今日、個人売買で買ったという新車が停まっていた。

125ccなのにサイズはフルサイズ。

こんなオフロードバイクだとよく走るだろうな。


春の食事会2017


待ちわびていた春の食事会2017は2017年5月25日(木曜日)に大和八木駅の南にある“じとっこ組合”で。

場所がわからずちょっとだけウロウロ。

ようやくお店を見つけて入ったら中は満席。予約だったからもちろん大丈夫。

すでに忠さん、海苔屋の若は到着していた。

19時30分スタートで21時30分で終了の食べ放題飲み放題が始まった。

オイラは今日初めてお酒を飲んだ。(日本酒の冷)

30分遅れて小柳さんが来てくれた。

この地では小柳さんが来てくれると盛り上がる。

二杯目のドリンク注文の後に誕生日に該当するウッちゃん、海苔屋の若、忠さんにみんなからプレゼントを順に渡して行った。

どんなものがプレゼントだったかは写真で。

楽しい時間はアッという間に過ぎ去ってお開きは23時だった。

楽しいなあ、またぜひ。

次は秋の食事会2017で。


ランチはハーブクラブで

ゴールデンウィークも終わった8日の月曜日。

S2000で谷口さんが迎えに来てくれてランチは水間町にあるハーブクラブで。

平日だからだろうか、空いていた。ここは山の上ということもあって気持ちが安らぐ。景色もいい。建物も開放的で日差しも優しい。

春から夏にかけて景色は色鮮やかな花々に彩られてとてもきれいな季節である。

ここも例外ではない。

いろんな花が咲き乱れて思わず魅入る。

ランチのあとは針インターから名阪国道に乗って下柘植インターを目指す。

今まで名阪国道は一般道のなので60km/hだと思っていたが、標識を見ると70km/h。

もっとも走っているクルマの大半は90km/h以上であるが・・・・

下柘植インターを降りて走ること10分ほどでKFC飛行場に到着。

この場所は開けた草原にラジコン飛行機用の滑走路が設営された開放的な場所。

大戦中にスピットファイアが飛び立ったイギリスのローカルな風景に似ている。(写真で見た限りだが)

DJIドローンに付けたカメラの映像を見られるようにしたコントローラを手渡してもらい、10分ほどの空の散歩を楽しませてもらった。

やっぱりすごいわ、本格的なDJIに谷口さん。

雲ひとつない月曜日の午後の楽しい時間を過ごさせてもらった。


柱時計が止まった


僕が生まれた頃から家にあった柱時計。

八角の外観に振り子が揺れて時を刻む。

ちょっと間の空いた感じで時を告げる和音のような響きを奏でる。

その時計が今日の朝見たら止まっていた。

ゼンマイは2日前に巻いたのでどうしてなのかな?と4時位置にある駆動のネジを巻こうとするとバネの跳ね返りだけが虚しく返ってきた。

駆動するためゼンマイは生きているのだが、その動力を伝達することが出来なくなったのだ。

さあ、どうしたものか。

戦前の柱時計を修理してもらえるだろうか?


春の宴(酒のんで宴会)


籠屋の大西さんから昨夜電話をもらった。

「福井さん、東大寺大仏殿の西側で花見をするんです。ぜひ来てくださいな。ワンちゃんも連れて。」と嬉しい連絡をもらった。

そして翌日、今日(日曜日)の午後に歩いて戒壇院の前を通って行ってきた。

前から歩いてくる小太りのオジさんはもしや・・?

やはり大西さんだった。

籠を担がなくなってからは太ったみたいだな。

みなさんが集まっているところに案内されて日本酒とビールとワインを・・・・

刺し身も焼き鳥もフライで上げたジャガイモも美味しいわ。

周りの男性はほとんど僕と同年代。

嬉しいねぇ。

2時間あまり楽しい宴に参加させてもらってひさしぶりに笑顔が戻った。

いいなあ、こんな気候の良い春、更に景色の良いところで開かれる宴会は最高!


素晴らしいガレージライフ

昼過ぎ、すき家の牛丼を買いにCT110で走っていたら胸が振動した。

着信である。

「今日の午後に谷口さんとこに行きたいんだけど大丈夫かな?」とプロフェッサー久保田からだった。

谷口さんに電話をしたらどうやら会議らしいがしばらくして家に戻ったと連絡をもらったのでプロフェッサーに電話して現地で集合となった。

15時過ぎに谷口さんのディープなガレージに到着。

プロフェッサー久保田は近くまで来て迷ったらしいので、乗っていた250TRで迎えに行ってパイロットを務めてもどった。

谷口さんのガレージはとってもディープである。

エンジン付の飛行機が数えられないほどあちこちに鎮座し、自転車にバイクに・・・・

プロフェッサー久保田も感激と感動の声をあげつづけていた。

こんなガレージに集ってワイワイガヤガヤと話をするのはやめられない。

楽しい時間である。