新しいタイヤに換えたい

3年前に買ったときから履いていた250TRのタイヤはDUNLOP TRIALS UNIVERSALというキャラメルブロックタイヤ。

舗装路しかない今どきの道でこのタイヤのままで走るのは気持ちの良いものではない。

とか言いながら3年間で1,000kmほどしか乗らない私だから換えるのはどうかな?勿体無いかな?とか思うことがある。

そんな時、気に入ったタイヤを偶然に見つけてしもた。

お向かいのオニイチャンがセローに履いていたタイヤ。これがなんとも魅力的なトレッドパターンなんだなあ。

今日、TL125Sイーハトーブのオイル交換でモトパワーに出張って行ったときに店長に「IRCのTRIAL WINNER」っていうオフ車に履くロードタイヤ、履きたいんだけど?」と言ったらやはり「減ったら履いたらええやん。」といつもどおりのお答え。

減るわけ無いでしょうが!乗らんのに。(知っていて言われてるがな。)

言いながらパソコンの画面を見ながら在庫確認してくれている店長。

「在庫はあるし、今日の午後4時までに注文を入れたら明日入るよ。」だってさ。

さあ、どうしよう?

TL125sのオイル交換が終わったので、「近いうちに連絡します。」と言って支払いを済ませて帰ることにした。
オイル交換代金は2,500円(オイルはヌーテック?NUTECという合成オイル)

やっぱり換えるんだろうな、タイヤ。欲しいなあ。


250TRのリアフェンダーをノーマルに

2014年11月12日にノーマルの樹脂製からオプションのアルミ製リヤフェンダーの取り替えた。

参考:ドレンコックとアルミリヤフェンダー

このアルミ製リヤフェンダーはポリッシュされているがコートされていないので、時間の経過とともに光沢が徐々に無くなってくる。

磨けるところは磨いているが、手の届かない奥の方までは磨けないので外して磨くことに。

◯フェンダーでそこまで気にすることある?

◯僕は気にする。ピッカピカが好きだ。

そんなわけで一旦外したノーマルフェンダーに戻すことにした。

取り替えているとき、ガレージの前に自転車を押してきた丸顔の女の子が「ジテンシャニ、クウキヲ、イレテクダサイ。」China訛りの日本語で話しかけてきた。

「ここは自転車屋と違うよ。」と言ったらガッカリした顔をしていたので、「空気ぐらい入れてあげるがな。」とコンプレッサーでエアを4BAR入れてあげた。

基本は優しいオジサンなのである。


250TRのマフラーの小傷を修理


ガレージに250TRを入れるときに横においてあるCT110の方向指示器の角に250TRのマフラーが擦れて小傷が付いてしまったのがずっと気になっていた。

マフラーの外側がテカっていて傷がついているのはエアブラシを使って自分で修正することにした。

艶消しの黒をエアブラシで吹きながら修正。

なかなかきれいに仕上がって満足。


イーハトーブTL125sのメーターをリビルト

昨年2016年8月にうちにやってきたHONDA TL125s イーハトーブのスピードメーター。

メーターを動かす軸を回転させるとガラガラと音がしてどうにもならず。
メーター内の文字盤やガラス内面の汚れはそのまま。針の赤い蛍光インデックスも欠けたまま。

メーターを修理に出したら動くようにするだけで3万円からと聞いただけで貧乏人は及び腰。

それならとダメ元で自分でやってしまおうと考えたのが夏の暑さが過ぎ去った頃。

ようやく修理する気になったので、メーターガラスを固定している枠をPBのマイナスドライバーを使って側面から少しずつカシメてある枠を広げて外すことが出来た。

ガラスの内面はきれいに拭くことが出来、動きも軽やかになり、針の赤色のインデックスもタッチアップカラーで着色。

元どおりにガラス枠をカシメて固定するが、外すときに付いた傷が気になる。

#500の耐水ペーパーで塗装面を磨いてからマスキングを施す。

と、そのときに谷口さんからLINEが。

メーターハウジングの塗装の話をしたら塗ってもらえるとのこと。

翌日の24日(日曜日)の午後にメーターを持って谷口さんの工房へ。

マスキングをしっかりとしていったので、すぐに塗装に掛かってもらえた。

塗装中の動画がコレ。

塗装前の写真は上に掲載。

持ち帰ってからすぐにTL125sに組み付けたのは云うまでもない。

これでまたひとつきれいになった。


ノーヘルのバイクが西名阪を

ワタシとちゃいます。

月曜日の12時過ぎ、松原方面から天理に向かってインサイトを走らせていたとき、郡山インターを過ぎたあたりで、対向車線を走ってきたバイクが目に入った。

分離帯があるので腰から下が見えないが、シールドとライダーの上半身は見える。

動画を見てくれ。

速度を1/6にして最後の方で静止しさせたので、よく見ればわかるだろう。

たぶんトライク(三輪のバイク)だとは思うが、それにしてもノーヘルで西名阪を走るとは・・・・!?


奈良町と呼ばれるようになって

いつからだろう?

このあたりを“奈良町”と呼ぶようになったのは?

僕が小さな頃はこんな言い方は誰もしなかったから未だに違和感バリバリ。

そのせいか(おかげとも言う)観光客は増えてきた。

何年か前までは隣の半島からの観光客。

今は隣の大陸からの観光客がものすごく多い。

ガレージでバイクを弄っていると道を聞かれることが多々ある。

そのうち日本人は半分くらい。

不思議な時代になってきた。

写真の提灯には「ならまち遊歩」と書かれていて、観光客が夜の奈良町を散策してもらうようにとの配慮らしい。

ようわからん。

LEDで灯された提灯と並んでLEDのヘッドライトを点灯したCT110の記念写真だ。

オリジナルのPH8バルブや灯体をCD50用のヘッドライト変更してバルブをPH7したものとは桁違いの明るさになっている僕のCT110。

CT110のヘッドライトを6Vから12Vに変更し、灯体をCIBIÉにしてH4のバルブに。AC-DCコンバータを入れて交流から直流変換してからはLEDのH4に換えたら明るさは劇的に変わった。

ガレージの棚に積み上げてるバイクやクルマのプラモデル。

ガレージの棚に積み上げてるバイクやクルマのプラモデル。


NARA Morning Cruise Vol.15に行ってきた


ちょっと早起きして7時45分に大和郡山市白土町にある「とどろきボウル」で初めて開催された“NARA Morning Cruise Vol.15”に友人でバイク仲間の谷口さんと行ってきた。

フジエダコーヒーでモーニングするつもりで食事してこなかったから腹が減ったのなんの。

天理街道や24号線を走らずにCT110で信号のほとんど無い旧天理街道なら15分も走ればとどろきボウルに到着する。

とどろきボウルに着いたらレッスンプロの藤田さんにご挨拶。

先に来ていた谷口さんのVespaの横にCT110を止める。

と、ある方が話しかけてきた。

「PB-4やCT110のBlogを書いておられる方ですよね?」

と、声を掛けられてびっくり。

ブログを見てくれている方と出会うとは!

「PB-4を検索していたら見つけたんですよ。」と話されていた。

朝は25度ぐらいの気温だったが、9時を過ぎたらかなり気温が高くなってきていたので、谷口さんとフジエダコーヒーまでモーニングに向かった。

お盆休みと日曜日ということで到着したらお客様がいっぱい。30分待ってようやく席につけた。

いろんな方と話しが出来て楽しい日曜日のスタートだ。

今度はスクランブラーに行ってみよう。


ヘルメットで悩む

パパさんは新しいヘルメットを買おうか悩んでいるようです。

最初はSIMPSON M30だとかOUTRAWだと言っていたのに、今朝はオフロードタイプのX-LOADを買いそうになって思い止まったり、今はドライカーボンのフルフェイスを狙っているみたいです。
(と、ジャスミンとプーアルは思ってるかも)


Butsu yoak Collin

「英語ではない。翻訳しても無意味だ。」
(StarTrekに出て来るBorg風に読むこと)

漢字にすると“物欲降臨”

ヘルメット欲しい。

そろそろ前のヘルメット買ってから4年近く過ぎたし、久しぶりにフルフェイス欲しいし・・・・

前から欲しかったSIMPSON。これだ!

忠ちゃんから教えてもらった田原本にある二輪館に行って見てきた。そして被ってきた。

もちろんお店の方に「ヘルメット、試着してもいいですか?」としっかり許可をもらって被ってみた。

最初は復刻版のM30(60cm)を被ってみる。

被り心地を心配したが問題なし。

普段掛けているメガネMP690を装着して見る。
※MP690は「Kazuo Kawasaki Ph.D」ブランドのメガネ

そこでちょっと違和感。

メガネが顔の上の方に来る感じがする。

次に試着したヘルメットはSIMPSON OUTLAW(60cm)

これはM30よりもしっくりとくる。

上げたシールドからメガネを差し込んでみるとM30で感じた眼鏡のテンプルが上に上る感じもなく、こめかみを圧迫する感じもない。

M30よりもOUTLAWを気に入った。

で、買うのか?

乗っているバイクはCT110に250TRにイーハトーブにSUZUKI GAG。

SIMPSONは合わないだろうな。

買ってもきっと被らないだろうな。アタマはかなりの汗かきだから空気が入ってこないヘルメットは辛いだろうな・・・・

ということで迷っている。崖っぷちで・・・・・


ひさしぶりのイーハトーブ


外気温が毎日30度超えの暑い夏。

今日も30度を超えていて暑いのは判っているが、たまに乗らないと腐りそうな気がするのでイーハトーブに少しだけ乗ってみた。

700mも走らないうちにヘルメット内の髪の毛は汗でビシャビシャ。

元々後頭部に汗を書きやすい体質なので、夏場のヘルメットは苦痛でしかない。

ファン付きのクーラーヘルメットが欲しい。