龍福鉄道の旅(スズキ歴史館とヤマハ発動機コミュニケーションプラザ)

お昼に鰻重を食べ、次はスズキ歴史館とヤマハ発動機コミュニケーションプラザの見学。

最初はスズキ歴史館へ。〒432-8062 静岡県浜松市南区増楽町1301

スズキのバイクには懐かしい思い出があり、更に今もガレージに棲息しているバイク(GAG、PV50)がある。

バイクやクルマの展示方法にはかなりの違いがある。

スズキ歴史館の次はヤマハ発動機コミュニケーションプラザを見学した。

スズキ歴史館から国道1号線経由で焼く26km 40分の道のりである。

ヤマハ発動機コミュニケーションプラザ:〒438-0025 静岡県磐田市新貝2500

スズキのバイクに乗っていて今も持っているが、ヤマハのバイクは一番思い出深いバイクがあるのでそれを見たいと思っていた。

果たして置いてあるだろうか?

エントランスを入った1階にはTOYOTA 2000GTが置かれてある。

バイクの数は膨大で、それでも全てではなかったのが残念。

最新型も1980年代のバイクも多数展示されていたが、興味の対象は1980年以前のものばかり。

僕はやはり昭和のオッサンなのである。

しかし!楽しみにしていたAT90もFS1もAS1もAS2もHS1もR1もR3もRXもTX500も無かったし・・・・・

掲載した写真には車名と発売年を書いておく。(書いてないのもあるがご容赦)

ヤマハ発動機コミュニケーションプラザを出て、夕方18時ちょうどに焼津グランドホテルに到着。〒425-0012 静岡県焼津市浜当目1489

今まで行った旅行の中で一番豪華なホテルである。

早速部屋へ案内された。(東館10階105号室)

部屋は3部屋あってすべてがゆったりしている豪華な部屋だ。

荷物を置いて浴衣に着替えて温泉へ。

温泉はきれいで露天風呂もある粋で豪華なお風呂だが、入っているのは腹が出て尻が垂れた爺さんばかりだった。

温泉のあとは4人で1階にあるバイキング形式のレストランで腹いっぱい食べた。

デザートのソフトクリームは自分でクネクネしてカップに取れるのが嬉しい。

さあ、明日はタミヤ模型の見学である。

辰己は早々にイビキをかきながら夢の中だったが、久保田はいつもの楽しい独演会をやっていた。

今日は一日中雨模様の鬱陶しい天気だったが、明日は晴れて富士山も見えるだろう。

明日のタミヤ模型見学に続く・・・・・


NARA Morning Cruise Vol.15に行ってきた


ちょっと早起きして7時45分に大和郡山市白土町にある「とどろきボウル」で初めて開催された“NARA Morning Cruise Vol.15”に友人でバイク仲間の谷口さんと行ってきた。

フジエダコーヒーでモーニングするつもりで食事してこなかったから腹が減ったのなんの。

天理街道や24号線を走らずにCT110で信号のほとんど無い旧天理街道なら15分も走ればとどろきボウルに到着する。

とどろきボウルに着いたらレッスンプロの藤田さんにご挨拶。

先に来ていた谷口さんのVespaの横にCT110を止める。

と、ある方が話しかけてきた。

「PB-4やCT110のBlogを書いておられる方ですよね?」

と、声を掛けられてびっくり。

ブログを見てくれている方と出会うとは!

「PB-4を検索していたら見つけたんですよ。」と話されていた。

朝は25度ぐらいの気温だったが、9時を過ぎたらかなり気温が高くなってきていたので、谷口さんとフジエダコーヒーまでモーニングに向かった。

お盆休みと日曜日ということで到着したらお客様がいっぱい。30分待ってようやく席につけた。

いろんな方と話しが出来て楽しい日曜日のスタートだ。

今度はスクランブラーに行ってみよう。


7年目のFitのヘッドライト

せがれのFitのヘッドライトが7年目になると白内障がひどくなってきた。

運転席側はとある事情で3年前の2014年3月に新品になったのだが、助手席側は7年目。

屋外駐車で太陽光の紫外線と熱でコーティングは剥がれてポリカボネートのカバーの透明感が薄れてきたので、いつものようにドリルに付けたスポンジに微細コンパウントでグリグリ磨く。

もちろんボディを保護するためにしっかりマスキングテープで保護しておくことは忘れない。

約30分ほどコンパウンドを付けたスポンジで磨くと一気に透明感が出て来る。

濡れたタオルでコンパウンドの粉を取って乾かしたら紫外線保護のコーティングをすればOK!

これで細かい傷を埋めて透明度が増す。

コーティングする注意は高温のときは避けるほうが良い。


これだけ暑いと電車はパス

25度を超えて、30度に迫ろうかという5月の中旬。

大阪の住吉区にある歯医者さんに電車で行くのはちょっとしんどい。

駅まで歩くのもつらい。

電車の中も人とカラダが触れるのがイヤだ。

やっぱりこんなときはクルマで出かけるのに限る。

電車で行ってもクルマで有料道路を通っても費用はほとんど変わらん。

それと暑くなって心配なのは電車内でのこと。

一度も経験はないが、世間を騒がせている痴漢の冤罪。

だから電車に乗ったら必ず男の横に座ることにしている。

JRの大和路線は横2人座りだから女の人の横には決して座らない。

だからそんな気遣いが全くいらないクルマで出かけるほうが楽ってもんだ。

クルマならサービスエリアでソフトクリームが食べられるのも楽しみのひとつ。


Googleカー

久しぶりに目撃したGoogleストリートビューを撮影しているGoogleカー。

前に見た時にはプリウスだったが、今回見たのはスバル・インプレッサだ。

マメに走っているだね、Googleカー。

ただ、うちの町内で「写さんでくれ〜」と言っているところがあるみたいで、そこだけがぽつんと抜けているのが気に入らない。

なんか悪いことやってるのかお前は。って思うね。

誰のことかって?

そりゃお前だ、オマエだろ!

苗字がUで始まるアンタだよ。


S800を描く


60年代のHONDA S800 Coupeを描いてみた。

珍しい左ハンドルのS800。

時々家の前を通り過ぎるこのS800クーペはとても魅力的なクルマ。

撮影させてもらったデータを元に描いた。


レイヤーを使ってクルマを描こう

 


iPad2にインストールしたAdobe Illustrator Drawのレイヤーを使ってZE2はこうやって描いている。

(人物の時はもっと多くのレイヤーを使う)

◯ 最初に外形をフリーハンドでトレースして描く。

◯ その下のレイヤーに色を付ける。

◯ 細かいところにも色付けして描いてゆく。

◯ タイヤとホイールは大切なので雰囲気を大切にしながら特徴を捉えて描く。

◯ ガラスの透明感を出しながら向こうが透けているように色付けする。

◯ 車体の下にできる影を描くと更にリアルに。

◯ すべてのレイヤーを合成して出来上がり。


テキトーにクルマの絵

 

クルマの絵、描いてないなあと思い立って先代のZE1とZE2を描いてみた。

ZE2は思いっきり手抜きだなあ。

雰囲気が出ていればイイって事で。

最初に描いたZE2にはホイールが先代のZE1用の超軽量ホイールにスタッドレスタイヤを履いてJR奈良駅前で人待ちしている時に撮影した写真が元。

ホイールの雰囲気を大切に描いてしまったら車体はテキトーになってしまった・・・・

追加で僕のガレージに14年間棲息していたBeatも描いてみた。


夕方から出掛けて

18時過ぎに谷口さんのおうちにZE2で出掛けていった。

18時30分に谷口さんがVespaで帰ってきたのでHYBRID Fitに夏タイヤを積み込んでからふたりで岡寺駅前の明日香サービスステーションへ向かった。

Fit用の夏タイヤをMICHELIN ENERGY Saver 185/60-15に交換してもらう日である。

19時30分には明日香サービスステーションに到着。

すぐに後部座席に積んであったタイヤを下ろして忠ちゃんがタイヤの交換作業を始めてくれる。

1時間ほどでタイヤの交換と冬用タイヤを履いたFitのタイヤ交換も終わって3人で飯を食いにいった。

場所は橿原神宮駅前のCOCO’s。

この前に食べたビーフハンバーグステーキをもう一度食べたくて・・・とふたりに言ったら付き合ってくれたのは優しいね。

アレヤコレヤの話しをしながら21時30分ぐらいまでCOCO’sで過ごした。

今日からは忠ちゃんと谷口さんがLINEで繋がったので、これからは連絡がスムーズに。


Fitのヘッドライトバルブ切れ

「おとうさん、ヘッドライトの片方が切れたんやけど、簡単に直せるかな?」と土曜の夕方にせがれから電話が入った。

せがれからの電話が朝か夕方に掛かってくるとドキッとするほど悪夢である。

3年前の2014年2月14日、大雪の降ったこの日の朝に滑ってクルマと接触したあの悪夢のような記憶が蘇ってきた。

どうやら今回はヘッドライトの球切れ(?)だと思われるので一安心。

場所は家の近くのGASステーションで給油中に気付いたらしい。

戻ってきたのでボンネットを開けて切れている左側のヘッドライトのH4ソケットを引き抜いたらパッとヘッドライトが点灯した。

接触不良か?

そう判断してコネクターを元通りに戻したが、翌日になって少し心配になり、フィットのヘッドライトからバルブを取り出したらLow側がしっかり断線していた。

せがれにそのことを伝え、練習も兼ねて交換してもらう(片側は師匠の僕がやった)

外したバルブはこんな状態だった。

今度からは自分で出来るようにね。

※両側とも新しいバルブに交換した。