Cyber-shot HX400Vで撮った月

夕方の澄み切った空気の中で写す上弦までの月。

月齢5.9と月齢6.9。

光学ズーム50倍と全画素高解像度ズームの設定で100倍の焦点距離。

50倍で1200mm、100倍で2400mmである。

これは両方共手持ち撮影したもの。

本体に手ブレ補正がなければ到底叶わないキレイさだ。


SONY HX400Vを買った


前から欲しいと思っていたコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で超望遠が使える奴を買った。

SONY HX400Vというレンズ一体型のコンデジ。

発売は2014年4月4日。もう3年以上前に発売されて今も現役のカメラ。

最初はNIKON COOLPIX P900を買おうと思っていた。最後までこれが欲しかったが、たまたまヤマダ電機で現物のCyber-shot HX400Vを見た途端、これが欲しくなった。

ちなみにNIKON COOLPIX P900の発売日は2015年 3月19日である。

なんで急にSONYに換えたって?

スペックではこんな違いだ。
NIKONが画素数:1676万画素(総画素)/1605万画素(有効画素) 光学ズーム:83倍

SONYが画素数:2110万画素(総画素)/2040万画素(有効画素) 光学ズーム:50倍

SONYに乗り換えた理由は簡単。

ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズに惹かれた。

コンデジならNIKONもSONYも大きな違いはないだろうからどちらでも良いかな?ぐらいのノリである。価格はどちらも実売価格が5万円弱である。

実際に買ったのはヤマダ電機の店頭で。43,800円(税抜)に5%の追加支払いで5年保証(メーカー保証1年ヤマダ保証4年)で49,654円。

持ち帰って少しだけチャージされていたバッテリを使って月齢11.7の月を撮ってみたのがこれ。

なかなかのものだ。

このSONY Cyber-shot HX400Vの周辺機器で面白いのは充電器がUSBなところ。

つまりMicroUSBコネクタが本体で、充電器側が通常のUSB。つまりモバイルバッテリーを使って充電できること。これはなかなか便利だと気付いた。


足腰の強化します!

前からケーブルチャンネルを見ている時に草笛光子さんが軽快にステップを踏んでいる《アレ》が欲しくなっていた。

アレとはコレ・・・・・・・・・・健康ステッパー ナイスデイ

投影面積は狭いし電気で動くものでもないし何となく楽しそうだし。

実物をカインズホームで見て乗ってみた。

まあええんじゃないの。

でもその場では買わずに捨て置き。

しばらくしてやっぱり欲しくなってAmazonでポチッ!送料無料の9,240円

注文したのは昨日のこと。届いたのは今朝のこと。

早速開封して楽しんでみた。

300回を約10分ぐらいが適当と書いてあったのでやってみた。

ステップを押し下げるところの制御はオイルダンパーでやっているんだね。

足を載せるベダルの下両側に筒型のオイルダンパーが付いている。

早速やってみたらフクラハギに少しキタ!

どのくらい効果があるか分からないがしばらくやってみよう。


フルタングのシースナイフ:その2

COLUMBIA KNIFE No.Sa28 Fixed Blade Hunting Knife, Full-Tang Structure, Natural Wood Handle, 10.6-Inch Overall

COLUMBIA KNIFE コロンビアナイフ 高品質ハンターナイフ フルタング構造 天然ウッド ミラーブレード NO.SA28

今回は同じCOLUMBIA KNIFEでも少し小ぶりでドロップヘッドのシースナイフを買った。

ブレードはステンレスのミラーポリッシュで刃厚は3.5mm。

重量は245gと割合に軽い。

前に買ったCOLUMBIA KNIFEのブレードは440cと書いてあったが、今回のはステンレスとしか表記無し。(但し、USのAmazonサイトでは440cと表記有り)

High quality hunting knife with mirror corting blade & nice grip handle with beautiful wood
Sharped edge blade for cutting all foods
10.6″ OVERALL LENGTH// 5.5″ BLADE LENGTH // 4MM THICKNESS // 440C STAINLESS STEEL //
Full-tang structure for heavy duty use
Including light nylon sheath with belt hole

前に買ったSA39は鉈代わりだが、これはテーブルナイフとして普段使いにする。


フルタングのシースナイフ:その1

COLUMBIA KNIFE No.SA39 Fixed Blade Hunting Knife, Full-Tang Structure, Natural Wood Handle, 11.8-Inch Overall

COLUMBIA KNIFE タイガーアイ調天然ウッドハンドル シースナイフ フルタング SA39

ブレードは440C ステンレス鋼で重さは345g。

Amazon.comの表記

Features
High quality hunting knife with shape edge blade & nice grip handle
Sharped edge blade for cutting all foods
11.8″ OVERALL LENGTH// 7″ BLADE LENGTH // 4MM THICKNESS // 440C STAINLESS STEEL //
Full-tang structure for heavy duty use
Including light nylon sheath with belt hole

庭で伸び放題になっている雑草を払うのに鉈(なた)のように使用するために購入したハンティングナイフ。

見た目もなかなかキレイで眺めているのも楽しいナイフ。

※平成21年改正銃刀法の抜粋


20歳の頃から集めだしたナイフ

20歳の頃から機会があれば集めていたナイフたち。

左上からGARBER MAGMUM FOLDING、GARBER FOLDING SOPORTSMAN II、BUCK 560 Titan、BUCK 110NK、BUCK 110、SPYDERCO、WENBGER、BROWNING、左隅はWILD WEST。

左上のGERBERは両方とも1970年代のもので、今ではオールドガーバーと呼ばれて貴重なナイフとなっている。
(貴重な当時のカタログも掲載しておく)

※こんなのを載せて公開範囲を“すべて公開”にしていたら、きっとつまらんコメント付けるヤツ、いるんだろうな。(友人にのみ公開だから大丈夫か)
(Facebookに掲載しているときは友達限定)

危険な発想というのはつまりこういうことだ。
消音カメラを見たら盗撮に使うんだろうと喚き、ナイフを見たら人を傷つけるものだとしか考えられない陳腐な考えの事。

キャンプなどのアウトドアで使用するために家から持ち出したい時には頑丈なケースに入れて、すぐには取り出せない状態にして持ち出せば大丈夫。
バッグに放り込んで剥き出しで持ち出したらアウト。

この黒いコンバットナイフは全部が樹脂。

訓練用のコンバットナイフ。

元のナイフはKa-Bar 1219だと思う。


90式戦車(東京マルイ)

東京マルイ製の1/24スケールのラジコン戦車。

東京マルイと言えば電動エアガンで有名なメーカーである。

ここが作ったラジコン戦車の第一弾がこの90式戦車だ。

2001年にはすでに持っていたことを考えると、もう16年以上うちの家にあることになる。

天井裏にEthernetケーブルを施設するときには天井裏を走ってケーブルを引っ張った実績もある頼もしいオモチャである。

これの転輪のうち、右側の一番後ろの転輪のスプリングが外れたか支えが折れたかして、サスペンションが沈みこんでしまっていた。

走らすこともないから放置していたが、修理できるかどうか確認のために分解したところ、バネを支持している受けの部分が折れているのが分かった。

なにか方法がないか考えてフッと閃いた。

横からボルト・ナットで軸を出して、そこにスプリングを固定すればいいんじゃないか。すぐに加工を始めた。

1時間ほどで完成。

これで再びサスペンションも動くようになったし、今度はこいつにGoProを載せて走らせてみよう。


昨日も今日もアストロプロダクツ

昨日、谷口さんに家まで送ってもらってひと眠りしたら何かを忘れてるのに気づいた。

アストロプロダクツでやっている今日だけバーゲンの“ステンレス製丸シャベル”買うのを忘れてた。

時間を見たら19時アストロプロダクツは20時までなので間に合う。

すぐに走って買いに行って来た。

この時間だとお客は僕ひとりでお店には田代さんだけ。

ちょっとうれしい時間だった。

そして今日の夕方、谷口さんちに“すもも”をもらいに行った帰りに再び立ち寄って昨日買い忘れた“ワイヤーストリッパー”を買って帰った。

前にバイクの12V化をした時にワイヤーケーブルの被覆を剥くのに面倒臭い思いをしたから欲しかったのね。

でもなあ、今買ってもみんな12V化やっちゃったからなあ。

もっと早く買っとけば良かったな。

で、これもコレクションか?


万年筆で手紙を書きたい


そう思って万年筆を探した。

とにかくモノが多いので捜し物は困難を極める。

6月6日の夕方、Appleのボールペンを幾つか保管している箱の中に見慣れぬ箱を見つけた。

思い出せないが、Appleからもらったペンだろう。

箱を開けると・・・・万年筆だった。

銀のボディにAppleマーク。

インクはペリカン4001を使うようである。

これのインクを買ってきて近いうちに手紙を書いてみようと思う。


糖度計を買ってみた


こんな糖度計を買ってみた。

濃度の違いで屈折率が変化するのを数値で計測する糖度計を買ってみた。

カッチリした樹脂のパッケージに入って、スポイトと補正用のドライバーと本体が入っている。

最初は蒸留水で0調整をするらしい。

確認したら届いたものはちゃんと0になっていた。

手元にあったスポーツドリンクのアクエリアスとマルティネリのアップルジュースの糖度を測ってみた。

それがこの写真。

他のものも測ってみよう。

計測機器が大好きなオジサンでした。