奈良町と呼ばれるようになって

いつからだろう?

このあたりを“奈良町”と呼ぶようになったのは?

僕が小さな頃はこんな言い方は誰もしなかったから未だに違和感バリバリ。

そのせいか(おかげとも言う)観光客は増えてきた。

何年か前までは隣の半島からの観光客。

今は隣の大陸からの観光客がものすごく多い。

ガレージでバイクを弄っていると道を聞かれることが多々ある。

そのうち日本人は半分くらい。

不思議な時代になってきた。

写真の提灯には「ならまち遊歩」と書かれていて、観光客が夜の奈良町を散策してもらうようにとの配慮らしい。

ようわからん。

LEDで灯された提灯と並んでLEDのヘッドライトを点灯したCT110の記念写真だ。

オリジナルのPH8バルブや灯体をCD50用のヘッドライト変更してバルブをPH7したものとは桁違いの明るさになっている僕のCT110。

CT110のヘッドライトを6Vから12Vに変更し、灯体をCIBIÉにしてH4のバルブに。AC-DCコンバータを入れて交流から直流変換してからはLEDのH4に換えたら明るさは劇的に変わった。

ガレージの棚に積み上げてるバイクやクルマのプラモデル。

ガレージの棚に積み上げてるバイクやクルマのプラモデル。


NARA Morning Cruise Vol.15に行ってきた


ちょっと早起きして7時45分に大和郡山市白土町にある「とどろきボウル」で初めて開催された“NARA Morning Cruise Vol.15”に友人でバイク仲間の谷口さんと行ってきた。

フジエダコーヒーでモーニングするつもりで食事してこなかったから腹が減ったのなんの。

天理街道や24号線を走らずにCT110で信号のほとんど無い旧天理街道なら15分も走ればとどろきボウルに到着する。

とどろきボウルに着いたらレッスンプロの藤田さんにご挨拶。

先に来ていた谷口さんのVespaの横にCT110を止める。

と、ある方が話しかけてきた。

「PB-4やCT110のBlogを書いておられる方ですよね?」

と、声を掛けられてびっくり。

ブログを見てくれている方と出会うとは!

「PB-4を検索していたら見つけたんですよ。」と話されていた。

朝は25度ぐらいの気温だったが、9時を過ぎたらかなり気温が高くなってきていたので、谷口さんとフジエダコーヒーまでモーニングに向かった。

お盆休みと日曜日ということで到着したらお客様がいっぱい。30分待ってようやく席につけた。

いろんな方と話しが出来て楽しい日曜日のスタートだ。

今度はスクランブラーに行ってみよう。


20歳の頃から集めだしたナイフ

20歳の頃から機会があれば集めていたナイフたち。

左上からGARBER MAGMUM FOLDING、GARBER FOLDING SOPORTSMAN II、BUCK 560 Titan、BUCK 110NK、BUCK 110、SPYDERCO、WENBGER、BROWNING、左隅はWILD WEST。

左上のGERBERは両方とも1970年代のもので、今ではオールドガーバーと呼ばれて貴重なナイフとなっている。
(貴重な当時のカタログも掲載しておく)

※こんなのを載せて公開範囲を“すべて公開”にしていたら、きっとつまらんコメント付けるヤツ、いるんだろうな。(友人にのみ公開だから大丈夫か)
(Facebookに掲載しているときは友達限定)

危険な発想というのはつまりこういうことだ。
消音カメラを見たら盗撮に使うんだろうと喚き、ナイフを見たら人を傷つけるものだとしか考えられない陳腐な考えの事。

キャンプなどのアウトドアで使用するために家から持ち出したい時には頑丈なケースに入れて、すぐには取り出せない状態にして持ち出せば大丈夫。
バッグに放り込んで剥き出しで持ち出したらアウト。

この黒いコンバットナイフは全部が樹脂。

訓練用のコンバットナイフ。

元のナイフはKa-Bar 1219だと思う。


ヘルメットで悩む

パパさんは新しいヘルメットを買おうか悩んでいるようです。

最初はSIMPSON M30だとかOUTRAWだと言っていたのに、今朝はオフロードタイプのX-LOADを買いそうになって思い止まったり、今はドライカーボンのフルフェイスを狙っているみたいです。
(と、ジャスミンとプーアルは思ってるかも)


大好きなストップウォッチ

SEIKO 88-5051

SEIKO 88-5051

ヤフオクのオークションアラートをいくつか入れている。

PB-4・MEADE・SEIKO ストップウォッチ・IKON 1610-1307・NIKKOR-UD 20mm 3.5 Ai・TL125・etc

ストップウォッチが大好きなのでアラートが来たらすぐに確認する。

“SEIKO ストップウォッチ”のアラートは割合によく出てくるが、傷みが酷かったり、価格が高過ぎたりするのでスルーしている。
しかし今回のはSEIKO 88-5051で、1,000円スタートで始まり1,300円で落札。

今までの最安値だね。

発送されるのが遅くて27日落札してから届いたのは8月2日とのんびりしたもの。

ヤフネコ!(宅急便コンパクト)で送られてきた商品をすぐに確認する。

小キズはあるが風防ガラスはかなりきれいでなかなかの良品。

今まで手に入れたストップウォッチと並べて撮影してみた。

左上のHanhart DOUBLE TIMER CLASSICは小柳時計店さんで新品購入したもの。

それ以外はみんなヤフオク!

 


Butsu yoak Collin

「英語ではない。翻訳しても無意味だ。」
(StarTrekに出て来るBorg風に読むこと)

漢字にすると“物欲降臨”

ヘルメット欲しい。

そろそろ前のヘルメット買ってから4年近く過ぎたし、久しぶりにフルフェイス欲しいし・・・・

前から欲しかったSIMPSON。これだ!

忠ちゃんから教えてもらった田原本にある二輪館に行って見てきた。そして被ってきた。

もちろんお店の方に「ヘルメット、試着してもいいですか?」としっかり許可をもらって被ってみた。

最初は復刻版のM30(60cm)を被ってみる。

被り心地を心配したが問題なし。

普段掛けているメガネMP690を装着して見る。
※MP690は「Kazuo Kawasaki Ph.D」ブランドのメガネ

そこでちょっと違和感。

メガネが顔の上の方に来る感じがする。

次に試着したヘルメットはSIMPSON OUTLAW(60cm)

これはM30よりもしっくりとくる。

上げたシールドからメガネを差し込んでみるとM30で感じた眼鏡のテンプルが上に上る感じもなく、こめかみを圧迫する感じもない。

M30よりもOUTLAWを気に入った。

で、買うのか?

乗っているバイクはCT110に250TRにイーハトーブにSUZUKI GAG。

SIMPSONは合わないだろうな。

買ってもきっと被らないだろうな。アタマはかなりの汗かきだから空気が入ってこないヘルメットは辛いだろうな・・・・

ということで迷っている。崖っぷちで・・・・・


ひさしぶりのイーハトーブ


外気温が毎日30度超えの暑い夏。

今日も30度を超えていて暑いのは判っているが、たまに乗らないと腐りそうな気がするのでイーハトーブに少しだけ乗ってみた。

700mも走らないうちにヘルメット内の髪の毛は汗でビシャビシャ。

元々後頭部に汗を書きやすい体質なので、夏場のヘルメットは苦痛でしかない。

ファン付きのクーラーヘルメットが欲しい。


シートにロゴを


バイクのシートの後ろにはバイクメーカーのロゴが入っている。

HONDA CT110もKAWASKI 250TRもだ。

ところがHONDA TL125sイーハトーブのシートにHONDAのロゴは入っていない。

入っていないのが標準だが、ロゴを入れたい。

カッティングシートでHONDAの抜き文字を作ってスプレーで塗装すれば簡単に出来るのでやってみた。

カッティングプロッターでHONDAのロゴを切り抜き、抜き文字仕様でつくる。

シートの汚れと油分を取り去ってからそこにカットした抜き文字のHONDAを貼り付ける。

抜き文字の周りはスプレーしたペイントが付かないようにマスキングテープで保護しておく。

コンプレッサーに取り付けたOLYMPOS PC-JUMBOエアブラシにアクリル製塗料を少しだけ薄めて入れてからスプレーする。

数回重ね塗りして下地の黒色が見えなくなるくらいになったら乾燥。

1時間ほど乾燥してから抜き文字にしたカッティングシート類を取り去ると出来上がり。


7年目のFitのヘッドライト

せがれのFitのヘッドライトが7年目になると白内障がひどくなってきた。

運転席側はとある事情で3年前の2014年3月に新品になったのだが、助手席側は7年目。

屋外駐車で太陽光の紫外線と熱でコーティングは剥がれてポリカボネートのカバーの透明感が薄れてきたので、いつものようにドリルに付けたスポンジに微細コンパウントでグリグリ磨く。

もちろんボディを保護するためにしっかりマスキングテープで保護しておくことは忘れない。

約30分ほどコンパウンドを付けたスポンジで磨くと一気に透明感が出て来る。

濡れたタオルでコンパウンドの粉を取って乾かしたら紫外線保護のコーティングをすればOK!

これで細かい傷を埋めて透明度が増す。

コーティングする注意は高温のときは避けるほうが良い。


COSTCOへ

久しぶりにコスコ(英語風発音)に行ってきた。

マルティネリーズのリンゴジュースとアロハシャツ。(これは僕の)

カミさんは食品を買い込んでた。

しかし暑い。

平日の木曜日の午前中から呑気に買い物に行ってられるってなんとなく好きだなあ。

帰ってからガレージのバイクの並び替え。

一番左にあったTL125を真ん中に動かし、カワサキ250TRを左端に。

一番新しいバイクだし、気楽だし、セル付いているし。

でも暑い夏は滅多に乗らない。

「夏はバイクは気持ちがイイでしょう。」とかホザく馬鹿がたまにはいるけど気にしまい。(実は無神経な奴だと気にしている)

せめて僕が小学生の頃ぐらいの気温になってほしい。