リバーシブルなUSBコネクタ

先日買ったSONY Cyber-shot HX400V(長いのでこれからはHX400Vと呼ぶ)の充電とデータ転送に使うコネクターはUSBである。

カメラ本体側はMicroUSBで、付属のケーブルの反対側は通常のUSBコネクタ。

どちらも表も裏もあるタイプである。

AppleのiPhoneを使っていると通常のUSB側は表裏のあるタイプだが、Lightningコネクタはリバーシブル。あれは便利だ。

MicroUSBコネクターにもリバーシブルなのがあると便利だと思っていたら見つけた。

たまたまコイン電池を買いに行ったファミマでふと見たらこんなケーブルが置いてあったので即買い。

データ転送もバッチリ出来て表裏を気にせずに差し込めるのはストレスフリーである。

それになんと一般的なUSBもリバーシブルになっているなんて知らんかったぁ〜。


SONY HX400Vを買った


前から欲しいと思っていたコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で超望遠が使える奴を買った。

SONY HX400Vというレンズ一体型のコンデジ。

発売は2014年4月4日。もう3年以上前に発売されて今も現役のカメラ。

最初はNIKON COOLPIX P900を買おうと思っていた。最後までこれが欲しかったが、たまたまヤマダ電機で現物のCyber-shot HX400Vを見た途端、これが欲しくなった。

ちなみにNIKON COOLPIX P900の発売日は2015年 3月19日である。

なんで急にSONYに換えたって?

スペックではこんな違いだ。
NIKONが画素数:1676万画素(総画素)/1605万画素(有効画素) 光学ズーム:83倍

SONYが画素数:2110万画素(総画素)/2040万画素(有効画素) 光学ズーム:50倍

SONYに乗り換えた理由は簡単。

ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズに惹かれた。

コンデジならNIKONもSONYも大きな違いはないだろうからどちらでも良いかな?ぐらいのノリである。価格はどちらも実売価格が5万円弱である。

実際に買ったのはヤマダ電機の店頭で。43,800円(税抜)に5%の追加支払いで5年保証(メーカー保証1年ヤマダ保証4年)で49,654円。

持ち帰って少しだけチャージされていたバッテリを使って月齢11.7の月を撮ってみたのがこれ。

なかなかのものだ。

このSONY Cyber-shot HX400Vの周辺機器で面白いのは充電器がUSBなところ。

つまりMicroUSBコネクタが本体で、充電器側が通常のUSB。つまりモバイルバッテリーを使って充電できること。これはなかなか便利だと気付いた。


ネットワークカメラ(続き)

最初に取り付けたネットワークカメラの取り付け位置を少し変更した。

縦長の窓の側面に取り付けていたのを上面の真ん中に取り付けてみた。

こうすると興福寺の五重塔が三層まで見えるんだ。

奈良らしいではないか。

横の駐車場に駐車しているZE2インサイトもカメラのアングルを変えるだけで見ることが出来る。

出先からでもコントロールしやすい。

ただし、少し気になったのはカメラのWiFiアドレスを他のコンピュータと同じルーターアドレス上に置くのはちょっと不安になったので、カメラ側のルーターアドレスを変えることにした。

家のコンピュータは192.168.XX.1のアドレスで、ネットワークカメラは172.16.XX.1のルーターアドレスに変更した。

これで違うルーターとして扱われるので少しは安心か?

なにせChina製の無線ネットワーク機器には用心しないとね。


iPhone7用の液晶保護ガラス

iPhone7はガラス面の角の部分が曲面になっている。

そのため、今までの液晶保護ガラスは画面よりも幾分か小さいサイズで表示部分をかろうじて覆うような作りの液晶保護ガラスや保護フィルムばかりだった。

それだと画面の角をタッチするときに引っ掛かるような段差が気になる。

いくら保護ガラスの角に丸みが付けてあっても微妙な引っ掛かりが気になっていた。

今年の3月30日に誤ってiPhone7を落としてガラスを破損したときに修理成って帰ってきたiPhone7に貼り付けたガラスもやはり少し小さめ。

ずっと指の引っ掛かりが気になっていたところ、Amazonで見つけた液晶保護ガラスは画面の隅の曲面部分まで覆う液晶保護ガラスだった。

Kikako iPhone7専用 強化ガラスフィルム 全面保護ガラスフィルム 3D Touch対応 耐衝撃 硬度9H 超薄0.3mm 高透過率 気泡・指紋・油分・汚れ防止加工 飛散防止 自動吸着(4.7インチ) (ブラック)

220の評価のうち悪い評価も24件散見されたが、貼り方の下手なやつもいるので自分の下手なのを棚に上げて空気が入ったとかうまく貼れないとか書いている可能性もあるので買ってみることにした。

Amazonから翌日届いたものを早速貼り付け。

自慢なんだが、iPhoneに保護フィルムや保護ガラスを貼り付けるのはとても丁寧できれいに貼ることが出来る。

今回もいつものやり方(内緒)できれいに貼り付けた。気泡もゴミも入らずに漆黒のジェットブラックの画面にピッタリと。

それがこの写真だ。

もうひとつは今まで貼っていた画面のサイズより小さめの液晶保護ガラス。

見た目も使い勝手も違いは歴然である。

関連情報:
ぎりぎり間に合ったiphone7のケース(20170101)


iMac 21.5-inch, Mid 2010のHDDをSSDに(換装)

昨日遅くに500GBHDDから525GBSSDにデータの復元が完了したのは夜も更けた23時。

復元には約9時間掛かった。

そして翌日の11日の午前中にiMac2010 Midの液晶部分を取り外してHDDとSSDを交換した。

液晶を外すには両側に付いたT10のネジを各4箇所外してからコネクタを外す。

結線を切断しないように10cmほど液晶を持ち上げながら指先とピンセットを使ってコネクタを外す。

分解したついでに掃除するのは必須である。

ファンには積年のホコリがビッシリ(というほどでもないが)なので、ガレージに持っていってコンプレッサーにエアダスターノズルを取り付けてブンブンホコリを飛ばす。

ファンがきれいになったらHDDを取り付けているT10のネジを2箇所外してから持ち上げるようにしてコネクタと温度センサーケーブルを抜いてHDDを取り外す。

2.5インチSSD/HDDマウンタに元のHDDに付いていた金具とピンを移設してから元通りに取り付ける。

温度センサーは小さくまとめてSSDケースの隅に押し込んでおいた。

ホコリと指紋が着かないようにしてもとどおりに液晶と保護ガラスを取り付けて完成。

起動速度は起動音がしてから28秒でデスクトップが表示された。

FirfoxやSafariはドックで1回ジャンプするだけで起動する速さはとても快適だ。

起動してからシステムレポートを開き、SATA/SATA Expressを選択するとリビジョンのM0CR040がSSDのファームウェアのバージョンである。

今回購入したCrucial CT525MX300SSD1は最新のファームウェアなのでアップデートの必要はなし。


iMac 21.5-inch, Mid 2010のHDDをSSDに(復元)


最初にiMac2007MidのHDDが壊れたのを機にHDDからSSDに交換して、劇的に速く快適になったのは以前に書いたとおり。

次は現役のiMac2010Midの500GBHDDをSSDに交換することに。

交換するために購入したのはCrucial CT525MX300SSD1 2.5-inch SSD 525GB。

前と同じSanDisk Ultra Plusにする予定でパソコン工房へ買いに行ったらCrucialが数量限定で売っていた最後の1個だったので買ってしまった・・・・・^^;
価格は18,338円

CrucialのWebサイトを見るとiMac 21.5inch Mid 2010に対応と書かれていたのもこれを選んだ理由。

ベイに治めるために買ったAINEX 2.5インチSSD/HDDマウンタが1,058円

外側のケースが金属(アルミ)なので、放熱にも有利かと思ったこともある。

容量はSanDiskが480GBに対して525GBと45GB多いのも魅力。

今回は、HDDが壊れたわけではないため、先にHDDをまるごとSSDに復元しておくことで、液晶を外してHDDからSSDに換装するだけで使い始められるように作業を進めている。

特に問題は無いのだが、ディスクユーティリティを使ってシステムを復元するやり方が、旧のユーティリティと新しいユーティリティとは違っていて少し戸惑った。

移行するデータ量が350GBほどあるので、USB2.0のiMac2010だと9時間あまり掛かるような表示が出てガッカリ。

元のHDDを外してSSDに入れ替えるのは明日になりそう・・・(^_^;)
続く・・・・・



iMac 2007 MidのHDDをSSDに

HDDが逝ってしまったiMac 2007 Midの純正320GB HDDをSanDisk SSD PLUS 480GBに交換することに。

昨日、サンディスクのSSD PLUS 480GBをAmazonに注文しておいた。
価格はこの時点で¥16,326。

それが届く前に本体を開いて掃除もしておき、SSDが届いたら取り付けるだけにしようと昼からiMacの分解作業を始めた。

保護のポリカーボネート製のガラスを吸盤で持ち上げて外し、アルミ製の枠を固定しているネジを上下4箇所左右2箇所ずつ外した。ドライバーはT8(トルクスドライバ)

そのあとは液晶を外しに掛かる。

液晶は左右4本のT8ネジで固定されている。

上の方からそっと液晶を持ち上げてコネクターが右上2箇所、右下2箇所にあるのを外す。(どちらから外したかわかるようにマーキングしてやるのが安全)

最後に液晶の裏にある平コネクターと左側ファンの下にある小さなコネクタを取り外したら液晶を外すことができる。

最後は真ん中に入っている3.5in.のHDDを取り外す。プラスチックのレバーを力を入れて押し下げて外す。その前にHDDに付けてある温度センサーを丁寧に外すこと。これはまた使用する。

ファンの汚れはハンパではない

SSDがまだ届かないので、エアーコンプレッサーに繋いだエアホースでホコリを飛ばす。

ようやくSSDが届いたので、取り外した3.5in.HDDのところにテープで固定してSSDを取り付けた。

iMacを持ち歩くわけではないのでテープ固定で大丈夫だろう。

あとは取り外した順にコネクターを元通りに差し込んでネジを締めて完成。

このあとはデータ転送が残っている。

続く・・・・・
続きを読む


iPhone7のケースをまた買った

今回買ったのも前と同じMelkco製。

iPhone 6Plusの時に買ったのが最初で、気に入ったこともあるが、今回は違う。

ブックタイプのヘリのところが割れてしまったのがきっかけ。

年末に買ったのはコレだ。

前のやつは2年使っても折れたり割れたりしなかったのに、今回のiPhone 7用に買ったものの角の部分だけは革じゃなかったってことだ。

新たに買ったのは「Melkco 本革 手帳型 スマホケース カード収納3枚 iPhone7 Herman Ver. FRA (Togo Black)」

たまたまAmazonの欲しいものリストにいれておいて何気なく見たら、リストに入れたときには3,980円だったのが、なんとなんと1,991円という破格値になっていたのですぐにポチった。(現在は3,980円に戻っている)

品名のFRAはフランスという意味らしい。

革の手触りはシボが深くて滑りにくいような表面処理。

今使っているのはプレーンでつるつるで滑りやすい。

まだ全然傷んでいないので交換するのもなんだか・・・なので、新しく買ったのはケースに入ったままである。

物好きだねえ、オレ。


iPhoneは3・4・5・6・7


p10206512008年7月11日に日本で発売されたiPhone 3Gをキッカケに使い始めたiPhone。

手元に残っているiPhoneのパッケージを並べてみた。

パッケージデザインをやっていてもこのパッケージは秀逸だ。

2009年3月末にiPhone 3G (ヤマダ電機で購入)

2010年7月14日にiPhone 4(桜井SoftBank店)

2012年9月21日にiPhone 5(郡山SoftBank店)

2014年9月24日にiPhone 6 Plus(SoftBankのWeb購入)

2016年12月28日にiPhone 7(SoftBank奈良郡山インター店)

最初のiPhone 3Gを除き、以降は2年おきに購入している。

バッテリーのヘタリが2年経つと目立つようになってくるから新型に替えたくなるようにうまく作っている気がする。

iPhone 3Gのカメラは固定焦点でf/2.8 600 x 1200 Pxcelの200万画素

iPhone 4のカメラは4mm f/2.4 2592 x 1936 Pxcelの500万画素

iPhone 5のカメラは4mm f/2.4 3264 x 2448 Pxcelの800万画素

iPhone 6Plusのカメラは4.15mm f/2.2 3264 x 2448 Pxcelの800万画素で光学手ブレ補正が付いた。

iPhone 7のカメラは3.99mm f/1.8 4032 x 3024 の1,200万画素でレンズのF値が1.8になり光学手ブレ補正が付いた。

カメラの性能はiPhone 5で満足だった。F値が今までは2.8から2.4になって更に2.2になったのは進化。そしてiPhone 7ではついにF値が1.8に。

レンズも5枚構成から6枚に。

受光素子は裏面照射型でレンズの進化はまだまだ止まらないかも。

楽しみなことだ。


ギリギリ間に合ったiPhone7のケース

12月28日に急遽買う羽目になったiPhone 7(128GB)。

どうしても欲しかったわけではないが、iPhone 6 PlusのiSightカメラに異常が出たらホッておけない。

使用頻度の多いカメラなので、調子が悪いとテキメンに困るわけで。

ガラケーの低画質なカメラで満足している輩には判らない話である。
(私の友人でガラケーを使っているのはほとんどいない)

買ったiPhone 7は一番歩留まりの悪いと言われているジェットブラック。

黒を極めた黒。

新しいブラックは、豊かで深みのあるマット仕上げ。表面にビーズを吹き付けて加工したアルミニウムで精巧に作られています。高光沢のジェットブラックは、驚くほど精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工という、デザインエンジニアリングの新たな偉業によるものです2。その結果生まれたのが、ここまでピュアで途切れなく続くブラック。横から見ても、どこまでがアルミニウムで、どこからがガラスなのかわからないでしょう。まさにダークサイドです。

上記は公式サイトからの抜粋である。

そうなると余計にほしくなるわな、ジェットブラック

購入後、すぐに注文したのは気に入っているMelkco製の本革ケースと液晶保護ガラス。
いつもどおりにAmazonで購入。

カミさん用のMelkco製iPhone 7ケースもせがれのiPhone 6用のケースも注文したらヤマト便で速攻で送ってきたから今回も・・・・・

ところがどっこい!「発送はゆうパケットで・・・・」
なんかバカにしてない?急いでるって言ってるでしょ!
(言ったわけではないが、心で願った)

29日到着するはずのケースがなんと31日の午前10時に郵便屋さんが配達・・・。

気が小さい私は玄関の掃除をするようなフリして待ってたんですわ。

届くなり、ラッピングされたままのiPhone 7を開封。

同時に買ったスクリーンプロテクター“ゴリラガラス”を貼り付けた。

保護フィルムを貼るのは慣れたもので、気泡も入らずにキレイに貼る手際の良さ。

iTunesに取ってあったiPhone 6 Plusのバックアップからデータを復元し、LINEのデータもアカウント引き継ぎ設定からすんなり移行が終わった。

64GBモデルのiPhone 6Plusからのデータ移行に掛かった時間は約1時間ほど。

すべてのデータが元通りになったのを確認したらiPhone 6 Plusを購入時の状態に全てリセットした。

これは2017年1月5日にAppleさんが依頼した黒猫さんがうちまで引き取りに来てくれてカメラの修理をしてもらうための準備である。

家の掃除も玄関の片付けも家の壁面に付いているポストの交換も終わった。

※家の壁面に埋め込まれたポストの修理は高校時代の地学クラブの仲間の塚本くんがやってくれた。彼とは46年前から呼吸するように意思疎通が出来る友人である。

iPhone 7も使えるようになった勢いで、2017年は良い年になってくれますように。