iMac 21.5-inch, Mid 2010のHDDをSSDに(換装)

昨日遅くに500GBHDDから525GBSSDにデータの復元が完了したのは夜も更けた23時。

復元には約9時間掛かった。

そして翌日の11日の午前中にiMac2010 Midの液晶部分を取り外してHDDとSSDを交換した。

液晶を外すには両側に付いたT10のネジを各4箇所外してからコネクタを外す。

結線を切断しないように10cmほど液晶を持ち上げながら指先とピンセットを使ってコネクタを外す。

分解したついでに掃除するのは必須である。

ファンには積年のホコリがビッシリ(というほどでもないが)なので、ガレージに持っていってコンプレッサーにエアダスターノズルを取り付けてブンブンホコリを飛ばす。

ファンがきれいになったらHDDを取り付けているT10のネジを2箇所外してから持ち上げるようにしてコネクタと温度センサーケーブルを抜いてHDDを取り外す。

2.5インチSSD/HDDマウンタに元のHDDに付いていた金具とピンを移設してから元通りに取り付ける。

温度センサーは小さくまとめてSSDケースの隅に押し込んでおいた。

ホコリと指紋が着かないようにしてもとどおりに液晶と保護ガラスを取り付けて完成。

起動速度は起動音がしてから28秒でデスクトップが表示された。

FirfoxやSafariはドックで1回ジャンプするだけで起動する速さはとても快適だ。

起動してからシステムレポートを開き、SATA/SATA Expressを選択するとリビジョンのM0CR040がSSDのファームウェアのバージョンである。

今回購入したCrucial CT525MX300SSD1は最新のファームウェアなのでアップデートの必要はなし。


iMac 21.5-inch, Mid 2010のHDDをSSDに(復元)


最初にiMac2007MidのHDDが壊れたのを機にHDDからSSDに交換して、劇的に速く快適になったのは以前に書いたとおり。

次は現役のiMac2010Midの500GBHDDをSSDに交換することに。

交換するために購入したのはCrucial CT525MX300SSD1 2.5-inch SSD 525GB。

前と同じSanDisk Ultra Plusにする予定でパソコン工房へ買いに行ったらCrucialが数量限定で売っていた最後の1個だったので買ってしまった・・・・・^^;
価格は18,338円

CrucialのWebサイトを見るとiMac 21.5inch Mid 2010に対応と書かれていたのもこれを選んだ理由。

ベイに治めるために買ったAINEX 2.5インチSSD/HDDマウンタが1,058円

外側のケースが金属(アルミ)なので、放熱にも有利かと思ったこともある。

容量はSanDiskが480GBに対して525GBと45GB多いのも魅力。

今回は、HDDが壊れたわけではないため、先にHDDをまるごとSSDに復元しておくことで、液晶を外してHDDからSSDに換装するだけで使い始められるように作業を進めている。

特に問題は無いのだが、ディスクユーティリティを使ってシステムを復元するやり方が、旧のユーティリティと新しいユーティリティとは違っていて少し戸惑った。

移行するデータ量が350GBほどあるので、USB2.0のiMac2010だと9時間あまり掛かるような表示が出てガッカリ。

元のHDDを外してSSDに入れ替えるのは明日になりそう・・・(^_^;)
続く・・・・・



iMac 2007 MidのHDDをSSDに

HDDが逝ってしまったiMac 2007 Midの純正320GB HDDをSanDisk SSD PLUS 480GBに交換することに。

昨日、サンディスクのSSD PLUS 480GBをAmazonに注文しておいた。
価格はこの時点で¥16,326。

それが届く前に本体を開いて掃除もしておき、SSDが届いたら取り付けるだけにしようと昼からiMacの分解作業を始めた。

保護のポリカーボネート製のガラスを吸盤で持ち上げて外し、アルミ製の枠を固定しているネジを上下4箇所左右2箇所ずつ外した。ドライバーはT8(トルクスドライバ)

そのあとは液晶を外しに掛かる。

液晶は左右4本のT8ネジで固定されている。

上の方からそっと液晶を持ち上げてコネクターが右上2箇所、右下2箇所にあるのを外す。(どちらから外したかわかるようにマーキングしてやるのが安全)

最後に液晶の裏にある平コネクターと左側ファンの下にある小さなコネクタを取り外したら液晶を外すことができる。

最後は真ん中に入っている3.5in.のHDDを取り外す。プラスチックのレバーを力を入れて押し下げて外す。その前にHDDに付けてある温度センサーを丁寧に外すこと。これはまた使用する。

ファンの汚れはハンパではない

SSDがまだ届かないので、エアーコンプレッサーに繋いだエアホースでホコリを飛ばす。

ようやくSSDが届いたので、取り外した3.5in.HDDのところにテープで固定してSSDを取り付けた。

iMacを持ち歩くわけではないのでテープ固定で大丈夫だろう。

あとは取り外した順にコネクターを元通りに差し込んでネジを締めて完成。

このあとはデータ転送が残っている。

続く・・・・・
続きを読む


iPhone7のケースをまた買った

今回買ったのも前と同じMelkco製。

iPhone 6Plusの時に買ったのが最初で、気に入ったこともあるが、今回は違う。

ブックタイプのヘリのところが割れてしまったのがきっかけ。

年末に買ったのはコレだ。

前のやつは2年使っても折れたり割れたりしなかったのに、今回のiPhone 7用に買ったものの角の部分だけは革じゃなかったってことだ。

新たに買ったのは「Melkco 本革 手帳型 スマホケース カード収納3枚 iPhone7 Herman Ver. FRA (Togo Black)」

たまたまAmazonの欲しいものリストにいれておいて何気なく見たら、リストに入れたときには3,980円だったのが、なんとなんと1,991円という破格値になっていたのですぐにポチった。(現在は3,980円に戻っている)

品名のFRAはフランスという意味らしい。

革の手触りはシボが深くて滑りにくいような表面処理。

今使っているのはプレーンでつるつるで滑りやすい。

まだ全然傷んでいないので交換するのもなんだか・・・なので、新しく買ったのはケースに入ったままである。

物好きだねえ、オレ。


iPhoneは3・4・5・6・7


p10206512008年7月11日に日本で発売されたiPhone 3Gをキッカケに使い始めたiPhone。

手元に残っているiPhoneのパッケージを並べてみた。

パッケージデザインをやっていてもこのパッケージは秀逸だ。

2009年3月末にiPhone 3G (ヤマダ電機で購入)

2010年7月14日にiPhone 4(桜井SoftBank店)

2012年9月21日にiPhone 5(郡山SoftBank店)

2014年9月24日にiPhone 6 Plus(SoftBankのWeb購入)

2016年12月28日にiPhone 7(SoftBank奈良郡山インター店)

最初のiPhone 3Gを除き、以降は2年おきに購入している。

バッテリーのヘタリが2年経つと目立つようになってくるから新型に替えたくなるようにうまく作っている気がする。

iPhone 3Gのカメラは固定焦点でf/2.8 600 x 1200 Pxcelの200万画素

iPhone 4のカメラは4mm f/2.4 2592 x 1936 Pxcelの500万画素

iPhone 5のカメラは4mm f/2.4 3264 x 2448 Pxcelの800万画素

iPhone 6Plusのカメラは4.15mm f/2.2 3264 x 2448 Pxcelの800万画素で光学手ブレ補正が付いた。

iPhone 7のカメラは3.99mm f/1.8 4032 x 3024 の1,200万画素でレンズのF値が1.8になり光学手ブレ補正が付いた。

カメラの性能はiPhone 5で満足だった。F値が今までは2.8から2.4になって更に2.2になったのは進化。そしてiPhone 7ではついにF値が1.8に。

レンズも5枚構成から6枚に。

受光素子は裏面照射型でレンズの進化はまだまだ止まらないかも。

楽しみなことだ。


ギリギリ間に合ったiPhone7のケース

12月28日に急遽買う羽目になったiPhone 7(128GB)。

どうしても欲しかったわけではないが、iPhone 6 PlusのiSightカメラに異常が出たらホッておけない。

使用頻度の多いカメラなので、調子が悪いとテキメンに困るわけで。

ガラケーの低画質なカメラで満足している輩には判らない話である。
(私の友人でガラケーを使っているのはほとんどいない)

買ったiPhone 7は一番歩留まりの悪いと言われているジェットブラック。

黒を極めた黒。

新しいブラックは、豊かで深みのあるマット仕上げ。表面にビーズを吹き付けて加工したアルミニウムで精巧に作られています。高光沢のジェットブラックは、驚くほど精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工という、デザインエンジニアリングの新たな偉業によるものです2。その結果生まれたのが、ここまでピュアで途切れなく続くブラック。横から見ても、どこまでがアルミニウムで、どこからがガラスなのかわからないでしょう。まさにダークサイドです。

上記は公式サイトからの抜粋である。

そうなると余計にほしくなるわな、ジェットブラック

購入後、すぐに注文したのは気に入っているMelkco製の本革ケースと液晶保護ガラス。
いつもどおりにAmazonで購入。

カミさん用のMelkco製iPhone 7ケースもせがれのiPhone 6用のケースも注文したらヤマト便で速攻で送ってきたから今回も・・・・・

ところがどっこい!「発送はゆうパケットで・・・・」
なんかバカにしてない?急いでるって言ってるでしょ!
(言ったわけではないが、心で願った)

29日到着するはずのケースがなんと31日の午前10時に郵便屋さんが配達・・・。

気が小さい私は玄関の掃除をするようなフリして待ってたんですわ。

届くなり、ラッピングされたままのiPhone 7を開封。

同時に買ったスクリーンプロテクター“ゴリラガラス”を貼り付けた。

保護フィルムを貼るのは慣れたもので、気泡も入らずにキレイに貼る手際の良さ。

iTunesに取ってあったiPhone 6 Plusのバックアップからデータを復元し、LINEのデータもアカウント引き継ぎ設定からすんなり移行が終わった。

64GBモデルのiPhone 6Plusからのデータ移行に掛かった時間は約1時間ほど。

すべてのデータが元通りになったのを確認したらiPhone 6 Plusを購入時の状態に全てリセットした。

これは2017年1月5日にAppleさんが依頼した黒猫さんがうちまで引き取りに来てくれてカメラの修理をしてもらうための準備である。

家の掃除も玄関の片付けも家の壁面に付いているポストの交換も終わった。

※家の壁面に埋め込まれたポストの修理は高校時代の地学クラブの仲間の塚本くんがやってくれた。彼とは46年前から呼吸するように意思疎通が出来る友人である。

iPhone 7も使えるようになった勢いで、2017年は良い年になってくれますように。


ディスクタイプ スタイラスペン

タブレットの画面をタッチするのは指は繊細で向いている。

しかし絵を描いたり正確な個所をピンポイントでタッチするのは指よりもタッチペンのほうが描きやすい。

そのタッチペンにはいろんなものがあって、画面に触れる先端が導通性のゴムで出来ているペンもある。

しかしゴムの滑りが悪いと正確にトレースするとか線を描くときにイラッとすることがあると思う。

実際にいろんなタッチペンを買って試してそう思った。

静電誘導を電池の力で発生させるタブレットは先端が細いし感度調整も出来るスグレモノだが、価格が高いのが難点。(3,000円から5,000円)

更に先が細いのは良いのだが、先端が硬いので画面にタッチする時に“コツコツ”と小さいながらも音がして、横でその音を聞いている人がイラッとすることがあるらしい。(伝聞・・・)

そしてもうひとつのタッチペンは静電誘導のための電池は必要がなくて先端部に直径が7mmほどの透明パーツが付いたタッチペンがある。

先端に透明の円盤が付いていると描きにくいのでは?

そう思うでしょ?それが気にならないし、思いのほか使いやすくて更に電池を必要としないところが良いし、画面をタッチしても面接触のため“コツコツ”というイラつく音がしないのが良いと思う。

こんなディスクタイプ タッチペンがキャンドゥという100均に売っているとTwitterで話題になっていたので探そうと思っていた。

奈良市の餅飯殿商店街の中ほどにあるOKest(オーケスト)内にあるキャンドゥでTwitterで話題になっていたディスクタイプ タッチペンを探したらすぐに見つかった。

自分のと知り合いの分も含めて4本買って価格は432円!

もうビックリの価格である。

このスタイラスペンを使ってiPad Air2用のApp Adobe Illustrator Drawで描いたのをいくつか掲載している。

Adobe Illustrator Draw Art Studio


2年使ったiPhone 6Plusのケース

p1020455p10204562年と2ヶ月使い込んだiPhone 6PlusのMelkco製本革ケース。

値段の割に作りも良くて2年経っても劣化は角の傷みだけで済んでいる。

しかし、角の傷みがなんとも貧乏くさい。(貧乏なのは事実だが)

パリッとした身なりをしている男がポケットから出した財布やスマートホンのケースがヨレヨレだったら、それだけでゲッソリするのはワタシだけ?

「モノを大切にしている方だなあ。」と思ってくれるような奇特な方ばかりではないとワタシは思う。

※「奇特」とは行いが感心な様子のこと。けなげ、殊勝と同じ意味

2年間気に入ったiPhoneを守ってくれたMelkcoのケースがこれ以上みすぼらしい醜態を晒さないうちに新しいのに換えるのは良いんじゃないかい?

それで見つけたのはやはりMelkco製の本革ケース。

今度のケースは表側は布ではなく本革で、裏がスエード調になったプレーンなケースである。
Amazonで購入した価格は2,388円

前より進化していると思えるのはフラップ部分にスピーカー用に穴が穿ってあるところ。

これなら電話が着信した後にフラップ部分を閉じても会話することが出来るのがなかなか良さそう。

これであと1年、iPhone 6Plusに頑張ってもらうつもりである。


Anker製の“超コンパクト Bluetoothスピーカー

img_2184Anker製の“超コンパクト Bluetoothスピーカー Anker SoundCore nano

【アルミ外装 / 内蔵マイク搭載】(スペースグレー)

なかなか格好良かったので3個買った。

ひとつは僕ので、あとのふたつはウッちゃんと姐さんの分。

開封してBluetooth接続はスピーカーの裏側にある電源ボタンを長押しするだけ。

iPhoneのBluetoothがオンになっていればSoundCore nanoがBluetoothのデバイスのところに表示されて接続済みになり自動的に接続される。

接続されたスピーカーからポロロ〜ン♬という音が聞こえてきたら接続が完了。

音量調整はiPhoneのボリュウムで調整できる。

音質を比較したのはJBLのFLIP3。

これはかなり低音が出てくるので、これに比べたらやはりキンキンした音質だが、約55mm角で奥行き28mmのアルミ筐体から出てくる音としてはまあ許される音質。img_2185

音抜けは良い。

充電にはUSB給電で1.5h。

持続時間は4hぐらい。

このスピーカーにはマイクも内蔵されていて、電話が掛かってきたときには後ろのパワーボタン(電源ボタン)を短く押すと着信を受けることが出来る。
(長押しすると電源が切れる)


MacBookProのHDDをSSDに換装

と言っても僕のMacBookAirではない。(Airは元からSSD)

前からAirのSSDの容量を256GBから480GBにしたいと思っていたが、今回SSDに換装したのはMacBookPro。

持ち主は奈良町末廣堂の若旦那のMacBookPro 2010 Midである。

そのMacBookPro、256GBのHDDの容量の残りがGBではなくMBというほぼパンパンの状態。

これでは外部にデータを保存して置く方法も、入らないデータを消去することもなかなか出来るものではないので、HDDの容量を大きくする方が良いと勧めた。

せっかく大容量にするのだったら今ならオススメはHDDでは無くSSDが良い。

HDDだと2分ほど掛かる起動がかなりというものではなくビックリするほど速くなるよと勧めた。もちろん普段使っているブラウザーの起動も劇的に速くなる。

それを話したのが先週の話しで、注文されていたSSDや外付けケースが届いた今日、HDDをSSDに交換することに。

15時過ぎにMacBookProとTime MachineのHDDを持ってうちにやって来た和菓子屋の若旦那。img_1980

早速、新品の2.5in.HDDケースにSunDiskの480GBSSDを入れてMacのUSB端子に接続する。

このケース、なかなか良く出来ていてネジが1本もない。2.5in.ドライブを入れるにはケースをスライドして開けるだけ。スライドを固定するロックボタンもある。

外付ケースに入れたSSDをMacBookProのUSBのコネクターに挿し込み、MacBookProを再起動しながら⌘+Rを押し続けるとドライブユーティリティが起動するので、復元するメニューを選んでオリジナルのHDDからSSDのドライブにデータを復元。

これに掛かる時間はなんと3時間!

しかしUSB2.0ではこんなもの。

USB3.0なら40分ほどで終わるはずなのが悔しいがしょうがない。img_1982

16時前から始めて19時過ぎにようやく復元は終わった。

和菓子屋の若旦那がやって来てドライブの交換を見ている。

MacBookProを裏返し、裏蓋を固定している10本の小さなプラスネジを外してゆく。

全て外し終えたら裏蓋を開ける。

左隅に入っているのがオリジナルの256GB HDD。

これを止めている抑えを小型のプラスドライバーで外してからゆっくりと少しだけ2.5in.HDDを持ち上げてコネクターをHDDから取り外す。

外付けケースに入れたSSDを取り出して、HDDの4箇所のT6のネジを付け替えたら元通りにコネクターを差し込んでHDDが付いていた場所に戻す。img_1985

裏蓋を再び閉じてから10本のプラスネジを締めて完成。

パワーキーを押して起動すると少し時間は掛かるがリンゴマークが表示されて起動確認は終了した。

HDDの時なら120秒掛かっていた起動時間はたった20秒に短縮された。

やっぱりSSDは速いねえ。

最後にUNIXのターミナルを立ち上げてから“sudo trimforce enable”と打ち込むと「ホントにTRIMをオンにして良いのか?」と英語で聞いてくるから(n/y)Yを押してEnterキーを押す。

再度(n/y)と聞いてくるから“Y”を押してログインのパスワードを入力したら自動的に再起動された。

ここで「このMacについて」を選んでシステムレポートを開いてSATAを選び、ドライブの情報のTRIMサポートが:“はい”になっていればOK!

それにしてもなんと快適なこと。

HHDと較べてSSDは激速爆速だな。