リバーシブルなUSBコネクタ

先日買ったSONY Cyber-shot HX400V(長いのでこれからはHX400Vと呼ぶ)の充電とデータ転送に使うコネクターはUSBである。

カメラ本体側はMicroUSBで、付属のケーブルの反対側は通常のUSBコネクタ。

どちらも表も裏もあるタイプである。

AppleのiPhoneを使っていると通常のUSB側は表裏のあるタイプだが、Lightningコネクタはリバーシブル。あれは便利だ。

MicroUSBコネクターにもリバーシブルなのがあると便利だと思っていたら見つけた。

たまたまコイン電池を買いに行ったファミマでふと見たらこんなケーブルが置いてあったので即買い。

データ転送もバッチリ出来て表裏を気にせずに差し込めるのはストレスフリーである。

それになんと一般的なUSBもリバーシブルになっているなんて知らんかったぁ〜。


SONY HX400Vを買った


前から欲しいと思っていたコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で超望遠が使える奴を買った。

SONY HX400Vというレンズ一体型のコンデジ。

発売は2014年4月4日。もう3年以上前に発売されて今も現役のカメラ。

最初はNIKON COOLPIX P900を買おうと思っていた。最後までこれが欲しかったが、たまたまヤマダ電機で現物のCyber-shot HX400Vを見た途端、これが欲しくなった。

ちなみにNIKON COOLPIX P900の発売日は2015年 3月19日である。

なんで急にSONYに換えたって?

スペックではこんな違いだ。
NIKONが画素数:1676万画素(総画素)/1605万画素(有効画素) 光学ズーム:83倍

SONYが画素数:2110万画素(総画素)/2040万画素(有効画素) 光学ズーム:50倍

SONYに乗り換えた理由は簡単。

ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)レンズに惹かれた。

コンデジならNIKONもSONYも大きな違いはないだろうからどちらでも良いかな?ぐらいのノリである。価格はどちらも実売価格が5万円弱である。

実際に買ったのはヤマダ電機の店頭で。43,800円(税抜)に5%の追加支払いで5年保証(メーカー保証1年ヤマダ保証4年)で49,654円。

持ち帰って少しだけチャージされていたバッテリを使って月齢11.7の月を撮ってみたのがこれ。

なかなかのものだ。

このSONY Cyber-shot HX400Vの周辺機器で面白いのは充電器がUSBなところ。

つまりMicroUSBコネクタが本体で、充電器側が通常のUSB。つまりモバイルバッテリーを使って充電できること。これはなかなか便利だと気付いた。


ネットワークカメラ(続き)

最初に取り付けたネットワークカメラの取り付け位置を少し変更した。

縦長の窓の側面に取り付けていたのを上面の真ん中に取り付けてみた。

こうすると興福寺の五重塔が三層まで見えるんだ。

奈良らしいではないか。

横の駐車場に駐車しているZE2インサイトもカメラのアングルを変えるだけで見ることが出来る。

出先からでもコントロールしやすい。

ただし、少し気になったのはカメラのWiFiアドレスを他のコンピュータと同じルーターアドレス上に置くのはちょっと不安になったので、カメラ側のルーターアドレスを変えることにした。

家のコンピュータは192.168.XX.1のアドレスで、ネットワークカメラは172.16.XX.1のルーターアドレスに変更した。

これで違うルーターとして扱われるので少しは安心か?

なにせChina製の無線ネットワーク機器には用心しないとね。


ネットワークカメラ

ようやくネットワークカメラを買って取り付けてみようかと考えた。

さて、どこにつける?

今取り付けているNTSCカメラの位置?

玄関?駐車場?ワンコたちの監視?

注文したネットワークカメラは有線でも無線でも利用できるって奴。

どんなものか買ってみた。

3日の日曜日の午前10時に黒猫さんがもってきた。

すぐに開封する。

取り付ける場所は今取り付けているNTSCビデオカメラの位置なので、脚立を持ち出してすぐに取り付け。

iOSアプリ“MIPC”というのをダウンロードし、起動する。

最初、メールをサーバー登録しないと次に進めないのが分からずちょっと焦った。

メール登録が終わったら機器固有のIDとPasswordをアプリ入力して、ネットワークの設定に入る。

ネットワークはEtherNetケーブルを使った有線でもWiFiの設定でも良い。

カメラの種類を選んでからカメラにデフォルトのIDとPasswordを新しいIDとPasswordに変更して設定完了する。

画面にはきれいな画像を表示された。HD画質とのこと。(1280×720)

上下を逆に取り付けたので、機器の設定の中のその他にフリップというのがあるので、それをONにする。

ガレージの区画に駐車している車のナンバーもしっかりと読める。

画面は上下に110度左右に330度ほどスムーズに回転する。

回転させるにはiPhoneの画面をタッチしてフリックするだけでスムーズに動く。

夜間の赤外モードもあるらしいから、夜になって試してみよう。

今から数年前にネットワークカメラを設置しようとしたら専用のサーバーとか固定IPとかややっこしいことがいっぱいあったが、これはかなり楽になっている。


オジサン達の盆休み

松阪から森本くんが奈良にやってきた。

Facebookで「奈良に行くから一緒にランチする人!」と問いかけがあったので夏男の北岡くんと3人で猿沢の池南側にある公園で11時に待ち合わせた。

10時45分に行くとすでに二人は哀愁を帯びた背中を北に向けて待っていた。

若造と違って背中から見る姿が哀愁が漂っていてとても格好よろしい。

さあ、どこに食べに行こう?

特に場所は決めていないようだったのでさくらバーガーを提案。

10分ほど歩いて11時4分に東向北の入口付近にあるさくらバーガーに到着。

11時からだというのにもう満席!!!!!

急いで名前を書いて表の日陰で待つこと20分余り。

ようやく席に着くことができた。

「何にする?オススメはデフォのさくらバーガーで飲み物は色々あるよ。」

ふたりは生のビールで僕はホットコーヒー。

待つこと15分。ようやくさくらバーガーが運ばれてきた。

食べ方は僕が説明しておく。(手慣れたものである)

「どう?味は?」「美味しいやん!コレ。」

ナンダカンダと話しで盛り上がりながら1時間ほどここで過ごした。

支払いを済ませて東向きから餅飯殿商店街まで歩きながら「次はどこへ行く?決めてなかったならウチにおいでよ。」

餅飯殿の中にある仏像のガチャポンで運試し。

僕は弥勒菩薩。森本くんは阿修羅像。

「阿修羅像が欲しかったなあ」と言ったら優しいなあ森本くん。交換してくれたよ。

13時15分ぐらいから16時辺りまで懐かしい話や趣味に仕事に話題は飛んだ。

おじさん3人で過ごす休日もイイもんだ。


iPhone7用の液晶保護ガラス

iPhone7はガラス面の角の部分が曲面になっている。

そのため、今までの液晶保護ガラスは画面よりも幾分か小さいサイズで表示部分をかろうじて覆うような作りの液晶保護ガラスや保護フィルムばかりだった。

それだと画面の角をタッチするときに引っ掛かるような段差が気になる。

いくら保護ガラスの角に丸みが付けてあっても微妙な引っ掛かりが気になっていた。

今年の3月30日に誤ってiPhone7を落としてガラスを破損したときに修理成って帰ってきたiPhone7に貼り付けたガラスもやはり少し小さめ。

ずっと指の引っ掛かりが気になっていたところ、Amazonで見つけた液晶保護ガラスは画面の隅の曲面部分まで覆う液晶保護ガラスだった。

Kikako iPhone7専用 強化ガラスフィルム 全面保護ガラスフィルム 3D Touch対応 耐衝撃 硬度9H 超薄0.3mm 高透過率 気泡・指紋・油分・汚れ防止加工 飛散防止 自動吸着(4.7インチ) (ブラック)

220の評価のうち悪い評価も24件散見されたが、貼り方の下手なやつもいるので自分の下手なのを棚に上げて空気が入ったとかうまく貼れないとか書いている可能性もあるので買ってみることにした。

Amazonから翌日届いたものを早速貼り付け。

自慢なんだが、iPhoneに保護フィルムや保護ガラスを貼り付けるのはとても丁寧できれいに貼ることが出来る。

今回もいつものやり方(内緒)できれいに貼り付けた。気泡もゴミも入らずに漆黒のジェットブラックの画面にピッタリと。

それがこの写真だ。

もうひとつは今まで貼っていた画面のサイズより小さめの液晶保護ガラス。

見た目も使い勝手も違いは歴然である。

関連情報:
ぎりぎり間に合ったiphone7のケース(20170101)


iMac 21.5-inch, Mid 2010のHDDをSSDに(換装)

昨日遅くに500GBHDDから525GBSSDにデータの復元が完了したのは夜も更けた23時。

復元には約9時間掛かった。

そして翌日の11日の午前中にiMac2010 Midの液晶部分を取り外してHDDとSSDを交換した。

液晶を外すには両側に付いたT10のネジを各4箇所外してからコネクタを外す。

結線を切断しないように10cmほど液晶を持ち上げながら指先とピンセットを使ってコネクタを外す。

分解したついでに掃除するのは必須である。

ファンには積年のホコリがビッシリ(というほどでもないが)なので、ガレージに持っていってコンプレッサーにエアダスターノズルを取り付けてブンブンホコリを飛ばす。

ファンがきれいになったらHDDを取り付けているT10のネジを2箇所外してから持ち上げるようにしてコネクタと温度センサーケーブルを抜いてHDDを取り外す。

2.5インチSSD/HDDマウンタに元のHDDに付いていた金具とピンを移設してから元通りに取り付ける。

温度センサーは小さくまとめてSSDケースの隅に押し込んでおいた。

ホコリと指紋が着かないようにしてもとどおりに液晶と保護ガラスを取り付けて完成。

起動速度は起動音がしてから28秒でデスクトップが表示された。

FirfoxやSafariはドックで1回ジャンプするだけで起動する速さはとても快適だ。

起動してからシステムレポートを開き、SATA/SATA Expressを選択するとリビジョンのM0CR040がSSDのファームウェアのバージョンである。

今回購入したCrucial CT525MX300SSD1は最新のファームウェアなのでアップデートの必要はなし。


iMac 21.5-inch, Mid 2010のHDDをSSDに(復元)


最初にiMac2007MidのHDDが壊れたのを機にHDDからSSDに交換して、劇的に速く快適になったのは以前に書いたとおり。

次は現役のiMac2010Midの500GBHDDをSSDに交換することに。

交換するために購入したのはCrucial CT525MX300SSD1 2.5-inch SSD 525GB。

前と同じSanDisk Ultra Plusにする予定でパソコン工房へ買いに行ったらCrucialが数量限定で売っていた最後の1個だったので買ってしまった・・・・・^^;
価格は18,338円

CrucialのWebサイトを見るとiMac 21.5inch Mid 2010に対応と書かれていたのもこれを選んだ理由。

ベイに治めるために買ったAINEX 2.5インチSSD/HDDマウンタが1,058円

外側のケースが金属(アルミ)なので、放熱にも有利かと思ったこともある。

容量はSanDiskが480GBに対して525GBと45GB多いのも魅力。

今回は、HDDが壊れたわけではないため、先にHDDをまるごとSSDに復元しておくことで、液晶を外してHDDからSSDに換装するだけで使い始められるように作業を進めている。

特に問題は無いのだが、ディスクユーティリティを使ってシステムを復元するやり方が、旧のユーティリティと新しいユーティリティとは違っていて少し戸惑った。

移行するデータ量が350GBほどあるので、USB2.0のiMac2010だと9時間あまり掛かるような表示が出てガッカリ。

元のHDDを外してSSDに入れ替えるのは明日になりそう・・・(^_^;)
続く・・・・・



やっぱり速いAppleCare+


土曜日の夜遅くにヤマト便が引取に来たガラスの割れたiPhone7。

月曜日の今日の昼過ぎにAppleのWebサイトにある修理状況にアクセスしてみたら受領に。

もうしばらくしたら修理中になっていた。

23時を過ぎた頃、もう一度見たら修理済み製品の返送確認中の表示。

ということはもう明日になったら修理の終わったiPhone7が発送されて戻ってくるってこと。

いつもながらやることが速いなあ。

電話は待たすことなく間違いなく掛けてくれるし修理は早い。

どこぞやの157番号みたいに電話が繋がらないことなどほぼ無いだろう。

ってSoftBankのことなんだがなあ。

午後の14時には発送の表示に変わっていた。


iPhoneを落下させるとこうなる


昨日のこと。

カットとヘヤカラーを済ませた帰り道。

ぜいたく豆の前を通ったら同級生のはっちゃんがお店にいるのが目に入った。

駐車場にクルマを停めてしばらく先に来ている爺さんのお客さんが終わるのを待っているあいだ、外で待っていたらワンコがやってきた。

トイプーと思われる黒色の可愛いワンコに気を取られてカラダを前屈みにした途端、胸のポケットに入れたiPhone7が重力に引かれて落下・・・。

なんの手出しをすることもできず、拾って持ち上げたら保護に貼ってある0.3mmのゴリラガラスは粉々になっていた。

本体のガラスは大丈夫かと思ったが、やはり右上から落下したためヒビが入っていた。カメラが近くにあるのがとても心配だ。

これでも画面は見えるので使えるが、やっぱりガラスは交換修理だな。

AppleCare+に入っていて良かったヨカッタ。

費用は3,400円に消費税である。