幼馴染の誘いでお好み焼きへ

12時を少し過ぎたとき、めったに鳴らない電話が鳴った。

画面に表示された顔写真と名前は飛鳥小学校・春日中学の同級生であり幼馴染からだった。

「セイちゃん、もうお昼食べたか?まだだったらお好み焼きを食べに行かへんか?」と連絡があった。

「行くよ、もちろん。どこに行こうか?」

「うちの近所やからこちらに来てくれるか。」

インサイトで15分足らずの距離である。(混んでたし・・)

義幸くんは家の前で待っていてくれたので、助手席に乗ってもらい、5分距離である。

お店に入ると友人のご近所のお知り合いか顔見知りの方が4人。

そして注文はお任せで。

喋りながら熱々のお好み焼きをふたりで食べているとすぐに時間が過ぎてしまう。

珈琲を飲んでまったりしながらふたりで午後を過ごしてきた。

2時間あまりお好み焼き屋さんで話し込んでいて、ぼちぼち帰ろうと支払いをお願いすると、「先程のお客様が皆様の分もすべてお支払になって行かれました。」と。

えええええええっ?!


ジーンズの衣替え

歯医者の帰りにUNIQLOへ。

夏向けのちょい薄手なスリムジーンズから秋向けのジーンズに変えた。

サイズは29in.(73cm)でピッタリ。
裾上げ無しでそのまま。

足が長い?いえいえ、足が細いのだ。

20歳ぐらいからこの歳になるまでウェストサイズはずっと73cmのまま変わらずで、ズボンのムダがない。

ベルトはBIANCH B9 32in。

両面にしっかりとした革を使った厚みがある作りでハンドガンのホルスターを吊るすように出来ているしっかりとした縫製のステッチベルト。

このメーカーはハンドガンのホルスターなどを作っているアメリカンなメーカー。

真鍮のバックルは1980年代初期のCOLT社製。

COLT社のバックル、1980年代にM92(ベレッタ)が米軍に採用される以前のもので、コルトが栄華を誇っていたころのもの。

拘りである。

ついでに買った靴下は7足で990円(税抜き)

冬用の靴下。

少し厚手で温かそうだ。


新しいタイヤに換えたい

3年前に買ったときから履いていた250TRのタイヤはDUNLOP TRIALS UNIVERSALというキャラメルブロックタイヤ。

舗装路しかない今どきの道でこのタイヤのままで走るのは気持ちの良いものではない。

とか言いながら3年間で1,000kmほどしか乗らない私だから換えるのはどうかな?勿体無いかな?とか思うことがある。

そんな時、気に入ったタイヤを偶然に見つけてしもた。

お向かいのオニイチャンがセローに履いていたタイヤ。これがなんとも魅力的なトレッドパターンなんだなあ。

今日、TL125Sイーハトーブのオイル交換でモトパワーに出張って行ったときに店長に「IRCのTRIAL WINNER」っていうオフ車に履くロードタイヤ、履きたいんだけど?」と言ったらやはり「減ったら履いたらええやん。」といつもどおりのお答え。

減るわけ無いでしょうが!乗らんのに。(知っていて言われてるがな。)

言いながらパソコンの画面を見ながら在庫確認してくれている店長。

「在庫はあるし、今日の午後4時までに注文を入れたら明日入るよ。」だってさ。

さあ、どうしよう?

TL125sのオイル交換が終わったので、「近いうちに連絡します。」と言って支払いを済ませて帰ることにした。
オイル交換代金は2,500円(オイルはヌーテック?NUTECという合成オイル)

やっぱり換えるんだろうな、タイヤ。欲しいなあ。


今日はCafé 春のプレオープン(中秋の名月?)

奈良町で頑張ったはる“春”さんの新しいお店。

春3号店 Café春が今日の4日がプレオープン。

グランドオープンは6日。

プレオープンということは招待された人だけが行けるという「俺だけ得した感」溢れるオープンのことである。

12時オープンだったが、流石に一番で行くのは気が引けて・・・・・(うそ)

バイクを弄っていたからプレオープンに行けたのは14時前だった。

コソコソっと遠慮がちに(うそ)入っていってカウンター席に座り、右横に先に座っていらした方と親しげに会話を始めるという図々しさ。

メニューを見せてもらいジンジャーエールを頂く。(アルコールでも?)

そして注文は“焼きカレー”と決めていた。他のも美味しいだろうから次回に!

ベラベラとお隣に座ってらした男性と親しげに喋りながら美味しく頂いた。

食べ終わったらホット珈琲まで図々しく・・・・・(*^^*)

オーナーからは「この町内で一番図々しい方です。」と紹介を受けちゃったりなんかしちゃったりして・・・・・オホホホ

なんやかんやと楽しい時間を過ごさせていただきましたとさ。

今度はせがれとカミさんと3人で来てみよう。

(なんで今日誘わなかったん?とは聞くなよ。)

Café 春、この奈良町では珍しくモーニングもされるという。

これってかなり素晴らしいことだと思う。

他のお店は11時開店19時閉店という大名商売している店が多い中、モーニングをして21時までやってくれるなんてきっと良い客さんが付くと思うな。

これ、間違いない。


250TRのリアフェンダーをノーマルに

2014年11月12日にノーマルの樹脂製からオプションのアルミ製リヤフェンダーの取り替えた。

参考:ドレンコックとアルミリヤフェンダー

このアルミ製リヤフェンダーはポリッシュされているがコートされていないので、時間の経過とともに光沢が徐々に無くなってくる。

磨けるところは磨いているが、手の届かない奥の方までは磨けないので外して磨くことに。

◯フェンダーでそこまで気にすることある?

◯僕は気にする。ピッカピカが好きだ。

そんなわけで一旦外したノーマルフェンダーに戻すことにした。

取り替えているとき、ガレージの前に自転車を押してきた丸顔の女の子が「ジテンシャニ、クウキヲ、イレテクダサイ。」China訛りの日本語で話しかけてきた。

「ここは自転車屋と違うよ。」と言ったらガッカリした顔をしていたので、「空気ぐらい入れてあげるがな。」とコンプレッサーでエアを4BAR入れてあげた。

基本は優しいオジサンなのである。


250TRのマフラーの小傷を修理


ガレージに250TRを入れるときに横においてあるCT110の方向指示器の角に250TRのマフラーが擦れて小傷が付いてしまったのがずっと気になっていた。

マフラーの外側がテカっていて傷がついているのはエアブラシを使って自分で修正することにした。

艶消しの黒をエアブラシで吹きながら修正。

なかなかきれいに仕上がって満足。


ミニスカートの女の子


買い物にいく途中で信号待ちをしていたら前を横切っていった女の子のミニスカートに目が止まった。

短いのう・・・・

久しぶりに目の保養をさせてモロタ・・・・

※9月24日にYouTubeに掲載してから2週間で16,000カウント。ミニスカートってだけで見に来てくれるという・・・・オモロイな。


イーハトーブTL125sのメーターをリビルト

昨年2016年8月にうちにやってきたHONDA TL125s イーハトーブのスピードメーター。

メーターを動かす軸を回転させるとガラガラと音がしてどうにもならず。
メーター内の文字盤やガラス内面の汚れはそのまま。針の赤い蛍光インデックスも欠けたまま。

メーターを修理に出したら動くようにするだけで3万円からと聞いただけで貧乏人は及び腰。

それならとダメ元で自分でやってしまおうと考えたのが夏の暑さが過ぎ去った頃。

ようやく修理する気になったので、メーターガラスを固定している枠をPBのマイナスドライバーを使って側面から少しずつカシメてある枠を広げて外すことが出来た。

ガラスの内面はきれいに拭くことが出来、動きも軽やかになり、針の赤色のインデックスもタッチアップカラーで着色。

元どおりにガラス枠をカシメて固定するが、外すときに付いた傷が気になる。

#500の耐水ペーパーで塗装面を磨いてからマスキングを施す。

と、そのときに谷口さんからLINEが。

メーターハウジングの塗装の話をしたら塗ってもらえるとのこと。

翌日の24日(日曜日)の午後にメーターを持って谷口さんの工房へ。

マスキングをしっかりとしていったので、すぐに塗装に掛かってもらえた。

塗装中の動画がコレ。

塗装前の写真は上に掲載。

持ち帰ってからすぐにTL125sに組み付けたのは云うまでもない。

これでまたひとつきれいになった。


秋の食事会2017

春の食事会から約4ヶ月。

楽しい時間はアッと言う間に過ぎるが、歳を取ると時間の過ぎるのも速いから楽しみがやってくるのもすぐ。

9月20日は初めての日本料理。場所は橿原市今井町。

昔の面影を残している落ち着いた風情の町である。

19時30分に奈良県橿原市今井町にある「四季彩菜きふう」の駐車場に集合した6人。

蔵を改築した建物に案内されて二階に登っていく。

8人テーブルを6人で使い、ドリンクを選んで秋の食事会が始まった。

そして今回は9月生まれの小柳さんの誕生日でもある。各々が趣向を凝らした誕生日プレゼントを手渡すのも楽しみのひとつ。

22時過ぎまで食べて話しして笑って過ごした。

次は新年会だね。


同級生と遭遇

大安寺ビッグエクストラのペット美容室へワンコたちの爪切りと肛門絞りと耳の毛のカットに連れて行き、買い物客でごった返す店内をブラついていたら、見たことのある顔が・・・・

ヘモさんである。

声を掛けてアレヤコレヤと立ち話しながらまわりを見回したらここは女性の下着売り場だった。

ブラやパンティがまわりに並んでいて、その真中でおっさんふたりが会話しているシュールな光景。

そのあとまたまた春日中学の同級生でクラスメイトの女性とばったり。

ここのショッピングセンターは同級生の出会いの場所なのか?そうなのか?