ウィンドウスクリーン!

冬場、クッソ寒い時にバイクに乗るわけではないのでスクリーンとかグリップヒーターとかはいらんのだが、ウィンドウスクリーンは埃や虫の飛来から守ってくれるので今までのバイクにもつけていたが、CT110と250TRには付けてなかったのでどんなのが良いか探していたのが以前に見つけて付けようかどうしようか迷っていたまま放置プレーになっていた“ワールドウォーク 汎用ウィンドスクリーン WS-02W”というのを買うことに。

正確には同じものだけど違うメーカーから発売されているヤツにした。

これ、ワールドウォークのWS-02Wと全く一緒。
違うのは取説が付いて来ないことぐらい。

価格はワールドウォークから買うと8,618円+送料900円で合計9,518円

Amazonのライズコーポレーションから買うと5,580円×2+送料1,470円で合計12,630円

届いたスクリーンを開封して部品の欠品がないか確認する。

スクリーンを固定するナットとボルトが1セット多いが、多いのは問題無し。

厚みも5mmほどあってしっかりした製品である。

MacBookProのインストールをそのままにして、ガレージに持って行った汎用ウィンドウスクリーンをCT110に取り付けることにした。

『痛てっ!』左手の親指を見るとクランプのメッキの先端が尖っていて、それで親指の先を付いて切ってしまったゾ。

仕上げはあまり良くないと第一印象が悪いわ。

ハンドルに取り付けステーを取付けてから、だいたいの位置決めをしてスクリーンを仮取付け。

角度と高さを決めたらヘキサゴンレンチを使ってスクリーンを固定。

最後にハンドルに取り付けたステーを増し締めて終了。


続いて250TRにも取付け。

一度取り付けたので作業も早い。

最初はスクリーンに固定する金具とゴムのインシュレーターを挟んで10番のナットを締め付けておく。

次にハンドルに固定する金具とステーを仮止めして位置決め。

これが決まったら先ほどのスクリーンをステーに差し込んで本締めして固定。

CT110とは取付角度や取付金具の位置は違うがほぼ想定通りの取付けが出来た。