SJCAM SJ4000が届く


TMGの配達はいつもの親父とは違って今回は女性が配達してくれた。

届いたのは13時過ぎ。

Amazonのパッケージを開封するとこんな格好で入ってきた。

取り出したパッケージの外側に日本仕様の充電器が無造作に入っていたのはご愛嬌。

パッケージを開封して本体を取り出して前面にあるModeボタンを押して電源を入れる。

使い方はGoProと似たり寄ったりなので迷うことはない。

画面をスクロールしてバージョンを確認したら最新のVer.1.5になっていたのは有り難い。

メニューを日本語に切り替えてMicroSD32GB(TDK製)をフォーマットする。

付いてきたアクセサリーはGoProよりも多くてハンドルマウントや本体を直に取り付けることが出来るクリップ付のアダプターなんかも付いてきた。

バッテリーの状態はフル充電ではないが使える状態だったのでテストを兼ねて撮影に出かけた。

GoProにはない面白いメニューがあって、ドライブレコーダーモード・動体検知モードなどは使い方を考えるのが楽しい。

早速、クルマのフロントウィンドウに取り付けて撮影したのがコレ。

お馬鹿なスクーター海苔(乗り)を撮影した部分を少しだけ抽出。

次にGoProとサイズや重さの比較をしてみよう。

本体の重さはGoProが80gに対してSJ4000は61g。

防水ケースはGoProが60gでSJ4000は74g。

どちらも防水ケースに入れたとするとGoProが140gでSJ4000が135gと僅差。

カタチはそっくりだが防水ケースに互換性は無い。

本体の形状やサイズも良く似てはいるが微妙に違うのが写真からも判るだろう。

しかし使い勝手は操作も良く似ているのでGoProユーザーなら戸惑うこと無く使うことが出来るはず。

ふたつ目のアクションカメラの購入を考えているなら価格差が1/4ほどのSJ4000も有りだと思う。

※メーカーのWebサイトには本物かどうかを判定することが出来るサポートがあって、パッケージに貼り付けてあるホログラムシールのスクラッチを擦って数字を読み取り、QRコードで読み取ったら出てくるWebサイトに数字を入力すると、下記のような表示が出ればOK!

Verification Results: Success
Your Security Code: 11378-06492-3469-5178

Thank you !

Your SJCAM has been verified to be an Authentic SJCAM Product!