NIKKOR 50mm f1.2がやってきた

NIKKOR-S・C Auto 50mm f1.4に続いてやってきたNIKKOR 50mm f1.2。

50mm f1.4は1973年から1974年6月までの2年弱で333,735本作られたうちの1本。

今回のNIKKOR 50mm f1.2は1981年6月から2005年のあいだに141,098本作られたうちの1本。シリアルは250005〜391098。

シリアルが313169。

9枚絞りでヘリコイドの回転角が見直されたAi-Sというタイプ。

レンズにはホコリやカビは見当たらず、少し気になることといえばヘリコイドの動きが軽い事。

もう少し粘りがある重さが好きだが、新品ではないので止む終えまい。

これで50mm〜55mmの標準レンズがPlanarを入れて4本に。

なにに使うねん?

へっ!コレクションですがな。

Nikon ai-s 50mm f 1.2 大口径 単焦点
オークションID:u97228513
終了日時:3月 22日 22時 14分
希望個数:1
落札個数:1
落札単価:33,000 円


NIKKOR 50mm f1.2がやってきた” への2件のコメント

  1. 眺めて愛でる「観カメラ」
    操作感を愉しむ「手カメラ」  ですね。

    • 大阪芸大生だった昔から標準レンズとその近辺の焦点距離のレンズに恋い焦がれてました。
      F1.2なんていう大口径レンズは生まれて初めてで((o(´∀`)o))ワクワク
      仕事に使うのは別のカメラなので、Dfとオールドニッコールレンズたちは趣味のための道具です。
      ぜいたく〜!

コメントは受け付けていません。