僕は昔からカタログコレクター。vol.7

カメラ以外のカタログも紹介します。このバイクは昭和45年(1970年)頃に発売されたYAMAHAのスポーツバイクの1台です。これがほんとうに欲しかったんだなあ。夢に見ましたもの。学校(高校生でした)から帰ったらこのカタログを穴が空くくらい見つめていました。(角に穴があるのはピンで壁に止めていた穴です)
深夜ラジオでこの頃はやっていた曲がエジソン・ライトハウス「恋の炎」

今でもこの曲を聴くとYAMAHA RX350のカタログを眺めていた頃に戻ることが出来ます。
ヤマハのバイクのデザインはとてもキレイで、RXの燃料タンクからサイドカバーそしてシートに連なるラインがとてもスムーズに繋がっていました。ボディカラーは初期型の白と紫のツートンが一番気に入っています。この頃のYAMAHAと比べるとHONDAのバイクは雑なデザインだったように思っていました。燃料タンクの継ぎ目も目立つし、マフラーのメッキも接合部分もYAMAHAのほうがキレイに作られていました。

今でも欲しいこのバイク!
scan-01_r3 scan-02_r3 scan-03_r2 scan-04_r2

そしてもう1台はおなじYAMAHAのXS-1の後継機であるXS650。XS-1は緑のタンクでした。これも好きなデザインのバイクでした。憧れでした。やはり今でも欲しいです。
scan-05_r1 scan-06_r1