CT110のウィンカーパイロットランプもLEDに

CT110のニュートラルランプ・メーター照明ランプは直流なのですぐに交換出来た。

ウィンカーパイロットランプは直流だが、左・右の点灯をひとつのインジケーターで行っているため、ランプだけをLEDに換えてもどちらかだけが点灯するだけだった。
(ワタシのCT110では左のウィンカーを出した時だけパイロットランプが点灯)

なにか解決方法があるのかと探っていたら整流ダイオードを入れたら良いのが判ったので整流ダイオードを買いに行った。

最初に行ったロイヤルホームセンターには無かったので次はJamesに。

二階に上がって左側にズラッと並んだ電気関連のパーツを端から見てゆくと・・・・

真ん中辺りの一番下段で発見!
ふたつ置いてあった。

IMG_8812

エーモン 1556 整流ダイオード 6A

奈良にしたら凄いやないかい。
まず置いていないと思っていたのだが良い意味で裏切られた。価格は597円
IMG_8811
早速持ち帰って加工を始める。

CT110のヘッドライトを外してライトハウジング内の結線を探す。

ウインカーのパイロットランプの配線色は水色・橙色。

どちらも+の電気が流れているがパイロットランプの結線は橙色が真ん中で水色がソケットの枠に付いている。

この場合は水色をーとしてアース線に接続。

橙色と水色の+には整流ダイオードをひとつにまとめてギボシで固定する。
IMG_8814

ウインカーのインジケーターから出ている水色の結線はメーター内のヘッドライトのマイナスを分岐してアースした。
IMG_8815
メーター内に収めるには増えた結線をスピードメーターケーブルの後ろに上手くまとめて押し込んで・・・・
IMG_8816
ヘッドライトを取り付ける前の状態はこんな感じだ。
IMG_8817
交換したBA9S SMDのLEDと今までの12V 3.4wの電球の比較。

パイロットランプもすべてLED化出来たので、あとは前後2個あるウインカーの電球(12V 10W)を12V 1.2WあたりのLEDに交換したらヘッドライト以外がすべてLEDに。
ウィンカー配線図PDF


関連情報:
ハイビームなライダー 2014.03.20
CT110用のヘッドライトが暗いので 2015.05.05
ベンリー50・50S用ヘッドライト 2015.05.08
やっぱりCIBIÉ 2015.05.09
次はCT110の12V化 2015.07.14
CT110の12V化が終了 2015.07.19
12V化したGAGとCT110の発電電圧を測る 2015.07.20
CIBIÉからMARCHALに 2015.07.24
MARCHAL819をCT110のヘッドライトに 2015.07.25
これだけ違う配光特性 2015.07.27
CT110を12V化したので次はLED化 2015.07.31
CT110用のテール&ストップランプをLEDに 2015.08.03
ミニオスカーを取り付けた 2015.10.01
CT110のテールランプをLEDに 2015.10.07
CT110の電球のLED化進行中 2015.11.02
CT110のウィンカーパイロットランプもLEDに 2015.11.03
ヘッドランプ用 AC-DC パワーアダプター 2015.11.08
DC/AC兼用 H4 バイク用LEDヘッドライト 2105.11.09
CT110の電球をすべてLED化 2015.11.10
LEDにしたCT110のヘッドライトをCIBIÉに 2015.11.22
自分のヘッドライトで眩しい 2016.02.28