CT110を12V化したので次はLED化

と考えてはいるが、ヘッドライトユニットにH4のLEDはまず入らないのが解っている。

やるのはヘッドライト以外。

特にブレーキランプのLED化はやったほうが良い。

フィラメントを使った電球応答速度は最大に明るくなるまでに0.3secぐらい掛かる。

仮に時速100kmで走行している時にブレーキを踏んだら点灯するまでに0.3秒掛かったとすると、その間に9m進んでいる。

時速50kmだとその半分の4.5mだ。

ブレーキランプの応答速度が早ければ早いほど後続車へブレーキの点灯を速く知らせることが出来るって訳。

電球の場合のレスポンスは悪いので、これをLEDに替えるだけでかなり歯切れのイイランプの応答速度になるはずである。

家に余っているLEDランプを灯体ごと取付けてみようか?

それとも250TRに取付けたLEDにW球にしようか?

関連情報:
ハイビームなライダー 2014.03.20
CT110用のヘッドライトが暗いので 2015.05.05
ベンリー50・50S用ヘッドライト 2015.05.08
やっぱりCIBIÉ 2015.05.09
次はCT110の12V化 2015.07.14
CT110の12V化が終了 2015.07.19
12V化したGAGとCT110の発電電圧を測る 2015.07.20
CIBIÉからMARCHALに 2015.07.24
MARCHAL819をCT110のヘッドライトに 2015.07.25
これだけ違う配光特性 2015.07.27
CT110を12V化したので次はLED化 2015.07.31
CT110用のテール&ストップランプをLEDに 2015.08.03
ミニオスカーを取り付けた 2015.10.01
CT110のテールランプをLEDに 2015.10.07
CT110の電球のLED化進行中 2015.11.02
CT110のウィンカーパイロットランプもLEDに 2015.11.03
ヘッドランプ用 AC-DC パワーアダプター 2015.11.08
DC/AC兼用 H4 バイク用LEDヘッドライト 2105.11.09
CT110の電球をすべてLED化 2015.11.10
LEDにしたCT110のヘッドライトをCIBIÉに 2015.11.22
自分のヘッドライトで眩しい 2016.02.28