CT110用のヘッドライトが暗いので

ct110-headlight
CT110のヘッドライト。

オリジナルのヘッドライトはPH8というマイナーな電球の暗さは如何ともし難く、すぐにCIBIÉの丸型四灯式のロービームの交換している。

取り付けたのは30年前のオレ。

もっともこのバイクの持ち主はオレの友人。

「この暗いヘッドライト、なんとかならない?」
という相談を受けて取り替えたのがコレ。

カットを見てすぐにCIBIÉだと判った人はかなりのマニア。

どうだ?判るかい?

判ったからどうってこと無いけれど、判る奴が居るって嬉しいじゃないの。

答えはCIBIÉ。自動車の四灯外側のロービーム用でH4のバルブが入るようになっている。

入れたハロゲンランプも60/55W-12Vの車用。

CT110は6Vのままだったので、カットラインはしっかりと出て左右に光は広がったが大して明るくならなかった。

そこで調べてみた。

CT110に乗っている方たちが交換しているというこの灯体。
hachikoxs-img600x450-1423225460xokswx29798
ホンダのビジネスバイクなどに付いているヤツ。

CT110ユーザーがマイナーPH8に愛想を尽かして交換するヘッドライトのほとんどがコレだ。

ヤフオクで見つけたのですぐに落札した。

原チャリ用のヘッドライトのカットは魅力のない縦横格子模様が多いが、これはちょっと見60年代のルーカスみたいなカット。

もしも6VのCT110に付けるのならヘッドライトを上のものに変更してからバルブをPH7のするのもひとつの手だ。

その時にはバルブはコレを使う。

結果から言うとCIBIÉ丸型四灯式の敵ではなかった。

左右の広がりは無く、中心部が明るいだけの普通のライトだった。

このあともCT110のヘッドライトを明るくする戦いは続くのである・・・・

関連情報:
ハイビームなライダー 2014.03.20
CT110用のヘッドライトが暗いので 2015.05.05
ベンリー50・50S用ヘッドライト 2015.05.08
やっぱりCIBIÉ 2015.05.09
次はCT110の12V化 2015.07.14
CT110の12V化が終了 2015.07.19
12V化したGAGとCT110の発電電圧を測る 2015.07.20
CIBIÉからMARCHALに 2015.07.24
MARCHAL819をCT110のヘッドライトに 2015.07.25
これだけ違う配光特性 2015.07.27
CT110を12V化したので次はLED化 2015.07.31
CT110用のテール&ストップランプをLEDに 2015.08.03
ミニオスカーを取り付けた 2015.10.01
CT110のテールランプをLEDに 2015.10.07
CT110の電球のLED化進行中 2015.11.02
CT110のウィンカーパイロットランプもLEDに 2015.11.03
ヘッドランプ用 AC-DC パワーアダプター 2015.11.08
DC/AC兼用 H4 バイク用LEDヘッドライト 2105.11.09
CT110の電球をすべてLED化 2015.11.10
LEDにしたCT110のヘッドライトをCIBIÉに 2015.11.22
自分のヘッドライトで眩しい 2016.02.28


CT110用のヘッドライトが暗いので” への2件のコメント

  1. うーん、上のは昔のCD125かなぁ?。下はCD50か90と見たっ(笑)私のハンターは12V化とアーシングなどで其れなりの明るさにはなりました。

    • コメントをありがとうございます。
      上のはCIBIEです。
      自動車用の丸型4灯式の直径がピッタリなので、1984年頃に取り付けました。
      バルブはH4ハロゲンバルブで、交換した当時は珍しかったらしく、よく声を掛けられました。

      下はおっしゃるとおりCD50用だと思われます。
      ヤフオクで見つけて落札したものです。
      まだ届いてませんが・・・・

コメントは受け付けていません。