物欲大魔王降臨!

入院していた12月14日の夜、海苔屋の若旦那とLINEで話をしていた。
今日の落ち込んだ話をしていたら若旦那が、「違う楽しい事を想像しましょう。最近、空撮出来たら良いなあと。」と話しが横に流れた。

空撮だとな?

「ええのん有りますがなぁ!旦那!若旦那!」

ここからは一気にクアッドヘリコプターの話しに突入!

フランスの電子機器メーカー“パロット社”が4年ほど前に発売した空撮の出来るヘリコプター。
コントロールは我が愛しのiPhoneやiPadがコントローラーに。
更に進化した2.0バージョンは前方のカメラはHD画質で、それをiPhoneやiPadで見ながら操縦出来る画期的なヘリコプター。

メーカーの説明によるとですな、

AR.Drone2.0 はスマートフォンやタブレットが送信機になるWi-Fiコントロールの4ローターヘリコプター。
3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ、気圧計、水平方向の対地速度測定用垂直QVGAカメラ (60fps) 、3軸の磁気センサー、対地面の高度測定用超音波センサーを搭載し、驚くほどの安定飛行を実現。
離着陸は画面のボタンにタッチするだけの自動飛行。離陸後は地上約80cmで自動ホバリングします。
加速度センサーに対応、スマートフォンを前後に傾けて前進・後進、左右に傾けて左右移動の直感的な操縦を実現。
操縦画面をダブルクリックするだけで宙返りが可能。
パイロットとの位置関係を計算し、機首の向きに関係なくスマートフォンを傾けた方向にフライトできる「アブソルートモード」機能を搭載。
フロントのHDカメラ(1,280×720、30fps)の映像をスマートフォンやUSBメモリーに録画が可能。フォトキャプチャーもOK。
YoutubeやGoogle+で映像や写真を簡単アップロード。

こんな話を海苔屋の若旦那としていたらふたりとも盛り上がってしまって物欲大魔王が物欲全開モードに突入してしまった。

そして12月18日木曜日の午後に退院して自宅に帰ってきた途端、玄関の呼び鈴が鳴った。
家内が「こんなん届いたよ。」と持ってきたのがAR.Drone 2.0の到着だった。

IMG_6897.JPG

IMG_6899.JPG

IMG_6900.JPG