SRAMをALFINEに交換計画

Hooligan 3の変速機構はSRAM I Motion IHG 3-speedが搭載されていて、Lo,Mid,
Highの3段変速です。 下位モデルのHooligan
9や8には外装式の9段・8段の変速機がついているので走行状態に合わせて細かな選択が出来るのが良いのですが、なんでか知らんが最上位モデルのHooligan
3にはSRAMの内装3段変速としょぼい段数しかない。
シンプルでチェーンが外れることもないのでイメージポリシーとしては良いと思いますが、走り出しはMidですぐにHighに入れてしまう走り方ではあまりに物足らない。
ケイデンスを考慮すると内装の3段でHighでの巡航は20〜25km/hが限度です。微妙な坂ではもうちょっと細かなギヤ段数が欲しくなるのは当然です。
ShimanoからALFINE(アルフィーヌ)という超精密な内装ハブが出ているのを知ったのは購入後すぐでした。それまで内装式はママチャリなどの安い自転車専用だと思ってた。
ALFINEの内装8段は今までからあったようで、2010年から内装11段も発売されました。
今のSRAMと交換するにはALFINE内装式8段(11段)とは別にShimanoのディスク・リアスプロケット・内装8(11)用シフトレバー・スポークが必要になります。残念ですけど現在付いているディスクやスポークは使えません。
11スピードモデルはギアレシオ(409%)トップノーマル構造 41,226円
8スピードモデルはギアレシオ(306%) ローノーマル構造 21,302円 で、スポーティなのは11スピードの方です。
そして両方共1.6kgとほぼ金属の塊みたいに重いです。 さらに8段と11段では価格がほぼ倍近く違っていて思わず仰け反りましたがな。
それでも現在使っているSRAM3段でほぼ150kmほど走行しましたので、そろそろ交換したくなっています。
product.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+SL+SL-S700-L_600x450_v1_m56577569830709670_dot_jpg.bm_.512.384.gif product.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+CS+CS-S500_600x450_v1_m56577569830709639_dot_jpg.bm_.512.384.gifproduct.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+SG+SG-S501-L_600x450_v1_m56577569830709645_dot_jpg.bm_.512.384.gif product.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+SG+SG-S700-L_600x450_v1_m56577569830709643_dot_jpg.bm_.512.384.gif