暇な散髪屋はあかん

4月25日に散髪に行ってから26日ぶりの散髪。

昔は散髪が嫌いだったが歳をとってからは好きになった。

とは言っても近所の散髪屋には行く気はしない。店主が年寄りばかりで“椅子にすわるなりつまらない話”をしやがる。

で、最近は古市にあるプラージュに言っている。
一般的にいうところの大衆理容チェーン店だ。

良いところは
◯仕事が速い。
◯無駄口を叩かない。
◯みんな若くて男前あるいは別嬪(ココ重要!)

昔は美容院で髪の毛をカットしてもらった事があったが、美容院で残念なのはカミソリを当ててもらえないこと。やっぱりシェービングクリームを付けてもらってプロのカミソリで“ソリソリ”してもらうと肌触りがぜんぜん違う。

それと美容院に行く野郎がいるがあれはどうにも許せない。アホか?へっ?
(前に自分が行ってたから言えることだ)

ココ2年ほど(3年?)通っているところはお兄ちゃんがみんな男前なのがイイ。

今日カットしてくれたお兄ちゃんは竹野内豊みたいな男前。結構嬉しかったねえ。

ここの理容師のお兄さんはみんな男前で女性は可愛いのがミソ。

それでいて仕事は速い、無駄口は聞かない、価格は安いと三拍子。

あれだけの数を毎日こなせばうちの近所の暇な理容師よりずっと腕が上がるって判り切ったこと。

要は場数の問題とセンス次第。