プカプカフカフカ

P1010461 P1010460
奈良市というところは観光シーズンともなると鹿も道路を渡れないほどクルマが混雑するが、夕方18時を過ぎた途端に砂浜から水が引くように車も人もすっと居なくなるのがすごいところだ。

5月4日の日曜日、連休後半の2日目は快晴で奈良市内のどこもかしこもクルマ・車・自動車と人の渦。

友人が住む帯解寺の南に行くのに車なんぞ使った日にゃいつ到着するかわからないほど混んでいた。

幸いバイク仲間の家に行くのでCT110で旧天理街道を通って行ったから5kmほどの距離は10分走るだけで到着した。

15時過ぎ、帰りは怖いもの見たさで169号線に出てみたところ混雑で自転車は無論歩行者より遅いかもしれないほど混雑していたので、諦めて元の旧天理街道に戻って走って帰った。

前振りが長すぎた。

奈良で飲食店の商売をしても5年持てば良い方だろ。

ランチに人は入るがディナーに人はほとんど来ない。

町の体質を変えるのが良いのか人の考え方を変えるほうが早いか。

他所から古い奈良町に店を構えても地の人と上手くやる気のない経営者には辟易する。

なあ、オマエ、いつも帽子を被って仏頂面したお前のことやで。

はよ、奈良町から尻尾を巻いて元のところに帰ったらどうや。