ダメ元

P1010211 P1010210 P1010209 
赤いプリンター(Canon MG7130 RD)を買ったきっかけになったMP610の印字不良。
今まで便利に使っていたのに黒が出なくなったMP610のプリントヘッドを掃除することにした。

このプリンターのヘッドはレバーで簡単に外すことが出来る。
簡単に交換出来るようになっているので外してみると6年余りのプリントでかなり汚れていた。

残念ながら汚れている状態を撮影しなかった。と言うより忘れていた。

プラスチックの容器に入れて90度のお湯を注いでインクの汚れを取った。
洗っては濯ぐこと3度。4度目にお湯につけたらほとんどインクの色は出なくなったので、エアブロアーで各インクの注入口にエアーを吹き付けるとノズル部分から残ったインクが吹き出したので、それを数度繰り返したらかなり綺麗になった。

これを半日ほど乾燥して元通りにMP610に戻す予定。

そしてちゃんと動くかどうかはもっと未定。

インク詰まりが解消したらラッキーってところ。

=============================================================
※4月19日に取り付けてみたところ、以前と変わらない状態だった。

インク詰まりというより基板の問題かも。


ダメ元” への2件のコメント

  1. 今のインクジェットに
    昔の万年筆のインク詰まりの時の処方ですね。

    上手くいきました?

    • MP610に取り付けてみた1回目、ちゃんと認識して直ったと思ったが、色気をだして取り外し、もう一度取り付けたらプリントヘッドが違いますと言われて、死にかけのプリンターを蘇生させるつもりで頑張ったんやけど、実はトドメを刺したみたいでした。アハハ(^_^;)

コメントは受け付けていません。