デジってコードレス

uct216
2年ほどUniden製のコードレス電話UCT216を家庭内で使っているが評判はいまいち。
音が篭ったような感じになるのと2.4GHz帯域を使っているデジタルコードレスだが使い勝手も日本的な設定で「自分だけが判っている狭窄視野の技術屋さんが作った電話。」そのものである。

多分PanasonicでもPioneerでも似たようなものだろうけど、家内は以前のPioneer製が良かったと意味不明な評価を付けているようだ。
たぶん自分の知らないメーカーは二流か三流以下だと思っているフシがある。

1ヶ月ほど前から子機のニッケル水素バッテリーが相次いで消耗し、30秒も喋らないうちに「ツーツー音」と共に会話が途切れるようになったため、電池を買うか電話を買い換えるかの選択肢になった。
こういう電話に限らず買値は安いが電池は高い。
それなら気に入らないUniden製を止めてPioneer製を買うことにした。

「ケーズデンキに行ったらEdyが使えるんでしょ?」と前に呟いた言葉をまだ覚えているようだ。言ったことをすぐに忘れるのにこんな事だけは覚えてやがる。
「しゃーないなあ。」と柏木町にあるケーズデンキに行ってPioneer製のデジタルコードレス電話機TF-FA70W-Kがあれば買おうと出かけていった。
K0000562184
すぐに店内で発見。
コメントには人気商品だと書かれてあって価格は¥16,800。
iPhoneでケーズデンキWeb価格を調べたら¥14,656。

「微妙だけどケーズデンキWebで買うほうが¥2,144安いんでねーの?」
と近くに居た店員さんに呟いたところ、すぐにレジに飛んでゆき「現物があればWebと同じ値段にします。」と一発返事。
ホンマかいな爽快な。
でも結果は在庫なし・・・嗚呼!

持っていたiPhoneでAmazonに保存したPioneer製のデジタルコードレス電話機TF-FA70W-Kをすぐにポチった。

すぐにメールで注文の確認が着た。なんと価格が¥16,229になっていた。
なんでや!?!?
よく見ると販売先がAmazonではなく、マーケットプレイスの販売:オフィス・モア (in 神戸) なっていて、欲しいものリストに保存したAmazonとチャウや無いの。
Amazonなら¥14,656やのに同じものが時々違う販売店に変わる時があるのを忘れとった。
で、Amazonから到着していたじ注文メールの内容を確認してすぐにキャンセルした。

キャンセル理由を聞かれたので、「高いやないかい!」を選んだ。
当然である。
もう一度Amazonで¥14,656のを買おうとすると「一時的に売切れ」だと。
しゃーないから最初に見つけたケーズデンキWebから買うことにした。
価格は¥14,656。

それにしてもデジタルコードレス電話機の価格も安くなったもんだ。