EVF(電子ビューファインダー)を注文

半月ほど使ったOLYMPUS PEN E-P2。
後ろの液晶でピントを合わすのもなんとか馴染んできたが、やっぱり問題は手ぶれ。
両手をどんだけしっかりと安定させても液晶を顔から30cmほど離して撮影する「コンパクトデジカメ」スタイルではボディ内手ぶれ補正が頑張っても手ぶれはやはり発生する。

それとマニュアルフォーカスのオールドレンズのピント合わせをするにもファインダーが欲しい。

手ぶれ解消とピントの精度。
これにはやはりEVFを買わないと無理だと判ったので早速注文した。

今回注文したお店は東京の「PCボンバー」

ネットで買うときは代引ではなく銀行振り込みを利用することが多い。
ネット販売の代引き手数料ってちょっと高くない?
銀行振り込みだと入金確認の手間がかかって発送が遅くなるんじゃなかろうかと思っていたことがあったが、そんなことはほとんどなかった。

午後14時ぐらいに注文を入れたらたいていのショップはその日のうちに発送してくれる。
そして到着は翌日。

ここから以下は奈良市内のお店の対応と言うかボヤキね。奈良の商売人は見ないように。腹立つからね。

昔から奈良のお店に品物を買いに行くとそんなに珍しいものでなくてもたいていは置いていない。
奈良市のもちいどの商店街や東向商店街にもそんなお店が・・・。そこで「アレコレの商品が欲しいんだけど」というとほとんどのお店の店主や店員はこう答える。
「それ、ちょっと置いてませんわ」
「ところで今話した製品の事、知っている?」
「・・・・・・・・・ちょっとわかりません」
ちょっと置いてませんってどんだけなら置いてんの?
ちょっとわかりませんってどんな事なら知っているのって言いたくなるのをぐっとこられて(堪えないときも多いが)
「注文したらいつ届きますか?」と聞くと「1週間ほど掛かりますねぇ」と答えるのが常。

奈良の店には必要なモノがほとんど置いてないし、くだらない土産物やガラクタみたいな飾り物ばかりしか無いのは50年前から一向に変わらず。

商品を仕入れる資金がなけりゃ知識くらいしっかりと勉強したほうがいいよ。奈良のガラクタ店さん。

これじゃあいつまで経っても大阪の商売人から「イナカモン」扱いされますよ。