いちいちホーンを鳴らすなよボケ!

奈良以外の地域はどうか知らないんだけど、狭い道でクルマを譲りあってすれ違うときにホーンを短く鳴らす習慣はどこでもあるのでしょうか?

私は以前にオープンカーに乗っていたので、ドイツ系のM社やB社、国産の高級車と呼ばれるカテゴリーのクルマのユーザーが視線も交わさずに、軽くホーンボタンを叩いて鳴らす鋭い音に辟易したものです。

オープンカーに乗っていて近くで鳴らされたら溜まったもんやおまへんで。

クローズドのクルマに乗り出してからも奈良市内の道は狭いところばかりなので、こういったシチュエーションは頻繁に起こりますが、知り合いのクルマともよく出会います。

知り合いは気づくと目で合図して笑顔ですれ違うのがほとんど。

タクシーの運転手さんのようにすれ違う少し手間で手を軽く挙げるだけなのがイイです。

狭い道をクルマと歩行者が混在している狭い町並みで横を人が歩いていても平気であの「鋭いホーンを鳴らす」お馬鹿な行為はやめてもらいたい。


いちいちホーンを鳴らすなよボケ!” への2件のコメント

  1. 私もホーンは鳴らしません。
    本人たちは「Thank you」とやってるつもりでも
    周囲の者には「うるさい」だけだと思うのです。
    特に、すれ違いの難しい路地の住人は
    1日に 何回聞くことか・・・
    「だったら、通るなよ」
    ってところでしょう。

    基本、「手を上げる」
    夜間、「一瞬パッシング」 してます。

    • esさん、ありがとうございます。
      ありがとうの「プッ!」でもゴラァ!の「プッ!」でも大きくて鋭い音は不快な気分にさせることのほうが多いように思います。
      すれ違いざまにホーンを鳴らす人はたいてい想像がつくので、音に怯えながら身構えている自分がいて恥ずかしいですわ。
      私はバイク乗りだったので四輪が鳴らす警笛(ホーン)には嫌悪感を持っていたのかもしれませんが、それでも真横に来て鳴らされたらビックリしますよね。

コメントは受け付けていません。