3-WAY エアーチャック

DSC_2500
静音エアーコンプレッサーを買って、それに使うツールもボチボチと買っています。

一番良く使うのはDysonのサイクロン部分に付いた細かいホコリを吹き飛ばすこと。春になったらファンヒーターの掃除にも使えますね。

エアーコンプレッサーを買う前に手に入れたのが自動車のタイヤに空気を入れて圧力を測るゲージが付いたエアープレッシャーゲージ。

昔から持っているエアブラシ用のコンプレッサーのホースにG1/8-G1/4変換して使おうとしていたんですけど、圧が2.5kgf/㎠ぐらいまでしか上げられない(上がらない)ので自動車のタイヤのエア充填ぐらいにしか使えません。

それになにより「プップップッ!」で175/65-14サイズのエアを補充するだけでかなり時間がかかりました。これじゃ実用的じゃないですね。

年が明けて頭の中はコンプレッサーでいっぱい、高圧になっていて色々調べて買ったのは先に書いたとおりです。

自転車にエアを入れる場合のバルブには3種類ありまして、正式な呼び名は知らないんですけど一般的な分類としてはロードバイクやマウンテンバイク(例外有り)では仏式(Presta Valve)フレンチ、自動車やバイクや一部の自転車は米式(Schrader Valve)シュレッダー、シティサイクルと呼ばれる自転車、通称ママチャリとか通学自転車は英式(Dunlop Valve)ウッズと呼ばれるものが付いています。

うちの家にある自転車のうち、働く自転車(通称ママチャリ)だけが英式で他は仏式ばかり。

仏式(フレンチ)のタイヤチャック(エアーチャック)はなかなか売ってないんですよねぇ。でもNetを探せばあるもんです。

「Amazonさ〜ん!」と声を掛けたら出てきました3-WAY エアーチャック。

Amazonで検索るとたいてい何でも見つかります。
今回買った3-WAYも「エアーチャック・仏式」で検索したらすぐに出てきました。
P1030039
左が3-WAYエアーチャックで右が米式・英式の2-WAYタイヤチャック
これで持っている自転車みんなにプププッ!と簡単にエア入れOKです。