NITECORE MT2Aの配光と光量は

11月19日に到着したNITECORE MT2A LEDライトの配光と光量比較テストです。

カメラはNIKON1 V1 レンズ 10mm F2.8
ISO1600 マニュアルでシャッター速度1/4sec 絞りは開放(F2.8)
カメラは三脚に固定で撮影は20時過ぎに駐車場でテストしました。

DSC_2119
Turboモード 280ルーメン

DSC_2120
強 125ルーメン

DSC_2121
中 50ルーメン

DSC_2122
弱 15ルーメン

比較のためにMiniMagLite 2AA LEDも撮影

DSC_2123_MiniMag LED
MiniMag:強 96ルーメン

NITECORE MT2Aは配光にムラがなく周りにも充分な光が届いています。

ターボモードは強烈な明るさで、通常は強のモードで充分な光量です。

中でも一昔前の自転車のライトよりも明るいぐらいです。

弱は手元ライトとして使うぐらいの明るさ。

Mini MagLiteはスポットな配光で、周辺部も暗いのが判ります。