日常の中の特殊性

タイトルは堅苦しいが、要は自転車を気軽に電車に載せられたらなあという話。

今日は手術後退院してから初めての受診に天理よろず病院へ行った帰りのJR天理駅。

IMG_5036
JR桜井線にはほとんど乗ったことがないのでいつもこんなに閑散としているとは思えないのだが、JR桜井線の沿線は風光明媚なところが多くある。

日本の電車に自転車を持ち込むには輪行袋に入れて手荷物料金を払って乗るらしいのだが、イギリスのようにそのまま乗り込めるようにしたらどれほどか便利になるだろうという思いでガラ空きの車内を眺めていた。

朝夕の通勤時間帯を除いて後部一両だけでも良いから通勤自転車なりロードバイク・マウンテンバイクなどを輪行袋などという時代錯誤のツールを使わずにそのまま載せて目的地に行き、また載せて戻ってこられるようになればもっと利用者も増えるだろうし、そうなれば是非利用したい。

私と同じように思っている人は多いのと違うかな?

輪行袋に入れて電車に乗るという特殊性よりも普段の自転車のままで載せるという日常性にシフトする時期は今だろう。