なんか普段と違う

今朝のことです。
押熊は神功町まで家内を送っていった帰り道。
平城山大通りを東に向かって走っていました。

高の原消防署を過ぎて緩いアップダウンが続く道の追い越し車線の先頭を走っていたところ、普段ならみんなが飛ばして追い越してゆくのですが、今日に限ってみんなジェントルマン。清美公社のゴミ収集車もジェントルメン。

あの天下無敵の清美公社のゴミ収集車が速度違反せずに走っているなんて可怪しいでしょ?どう考えても。
「なんでや!どうしてみんな飛ばさへんねん!」僕は50km/h+αで走行してました。
ふと後ろを走っているクルマのガラスを通してチラチラと白いバイクの姿が・・・。
白バイでした。どうやら先頭を走っているいかにも速そうで飛ばしそうな私のInsightを狙っているようです。

知らぬふりして一瞬だけ60km/h+αまで速度を上げてすぐに減速して左に入りました。
すると後ろのクルマの影に隠れるように白バイもピッタリとマークして付いてきます。

白バイのライダーの運転技術には感服します。
ほんとうに流れるような動きで死角に位置して追尾してきました。
白バイの動きが面白いので一瞬だけ速度を上げたり下げたりして平城山大通りの最後まで楽しんで走ってきました。

※写真は追尾された場所のイメージで、以前に撮影した写真を使用しています。1378621_697751623585845_1248147017_n