龍福鉄道の旅(富士山とタミヤ模型)


朝、6時過ぎに辰っつぁんが「富士山見えてるよ〜!」と目覚ました。

ボケた頭で10cmほど開けることが出来る窓ガラスからカメラを突き出して撮影したのがこの“赤い富士山”。

朝日が当たっている数分だけ山肌が赤く反射して幻想的な富士山に見える。

寝ぼけ頭を覚ますために温泉に入り、そのまま朝食も昨夜と同じバイキングで好きなものを食べる。

8時10分に玄関先で記念撮影してからタミヤ模型に向かう。

9時に予約していたタミヤ模型には8時55分に到着する。正確である。

タミヤ模型本社

ここからは見たいところをじっくりと見て撮影して時間を過ごした。

戦車のジオラマも航空機のジオラマも素敵だ。

ほとんどなにも呟かずに眺めるばかりだった。

金型から外れたばかりの成形品

仲の良いバイク仲間で行った一泊旅行、とても楽しかったです。

ツアーの企画を最初から最後まで緻密に立案し実行してくれた辰っつぁん。

いつもみんなが乗れるワゴン車を提供してくれる鉄。

今回から加わってくれて安心なドライブを提供してくれた谷口さん。

みんな、ありがとう!