ThruNite® T10


今度買ったのはThruNite®製の単三(NiMH-1本)を使うアルミのLEDライト。

前に買ったThruNite®Ti5Tが良かったので、単三タイプのものも欲しかったがAmazonで入荷するとすぐに売り切れて入荷未定になっていたので、ずっとウォッチリストに入れて入荷するのを待っていた。

一昨日のこと、Amazonを見たら3個入荷したのですぐにポチる。

届いたのは今朝。

早速、開封して前に買ったTi5Tと比較してみた。

前のはチタニウム、今回のはアルミ。

重さは32g(クリップ無し)35.8g(クリップ付)と少し重く、バッテリーを入れたら更に差は広がる。
Panasonicのeneloop pro(BK-3Hcc 1.2V 2450mAh)で29.8g。

それでも単三電池を1本使うLEDライトの中ではかなり小さい。

電池を入れるのは前のLED側を回して外して電池を入れるのはTi5Tと一緒だ。

スイッチは後ろについているゴムで保護されたプッシュボタンで行う。

Ti5Tと違って半押しで点灯させることは出来ない。

点灯する順はLow、続いてMid、最後がHighである。

メモリ機能があり、プッシュボタンを押す間隔を2秒以上空けるとメモリ機能が働く。

2秒以内だとLow、Mid、Highと光量が変化する。

Lowは0.2ルーメン、Midは13ルーメン、Highは252ルーメン。

一番暗いLowの0.2ルーメン、意外に使いみちがある。

天体撮影しているときに機器の状態を確認したりするのに微かに明るいくらいの点灯状態が目に刺激がなくて有り難い。

ThruNite®のLEDライトにはこの機能が備わっていて便利。

点灯時間は240hrs、40hrs、1.5hrsとなっている。

防水はIPX-8で水深2mまでOK。

これもTi5Tと同様にEDC(Everyday carry)が可能なLEDライトだろう。