3連休の初日は眞澄さんとランチでデート*

7月13日土曜日の10時50分にメールが・・・。

急に思い立って奈良に来たんだけど今から襲撃してもいい?と眞澄さんからのメールです。
もちろん大歓迎。話したいことはいっぱいあります。

眞澄さんがやって来て30分後に城森にはメールで「眞澄さんが来てるで〜!」
中村哲ちゃんには電話で「眞澄さんが来てるで!」と連絡したら「なんや、来るのが判っていたら打ち合わせを断って待っていたのに。」だって。

11時にやってきた眞澄さんと悪魔の館で2時間あまりたっぷりと話が出来ました。

13時過ぎから楽しいランチタイムです。
東寺林町にあってヘルシー素材にこだわった低アレルギーのお菓子などを製造・ 販売しているプティ・マルシェで「眞澄さんとランチでデート」しようと思いましたが・・・・

その後、うちの家の前にやって来た城森。

「眞澄ちゃんがまだいるんやったら連絡してくれよ。」と怒られちゃいました。

アタマから湯気が上がっている城森と連れ立って田中町バス停前の城森の家へ。

10分ほど話しをしたあとは眞澄さんと「せいびっ子まつり」に行ってきました。
夕方の4時に済美小学校の正門前で末吉くんと待ち合わせ。

僕一人で来ると思っている末吉くんを驚かそうと眞澄さんと相談して、済美小学校が近づいたら僕だけが末吉くんのところに近づいていって、後ろからそっと歩み寄った眞澄さんが末吉くんを驚かそうという企てでした。
済美小学校に近づくと、歩道の前で待ってくれている末吉くんの姿が目に入る距離になったときに、眞澄さんと距離を離して歩いて行きました。
正門近くで待ってくれていた末吉くんと僕が並んで学校に歩いている後ろから眞澄さんが末吉くんを驚かせて・・・。
眞澄さんが来たことを全く知らなかった末吉くんの驚いた顔。
そして僕がもっと驚いたのは末吉くんが言った言葉でした。
「向こうから福井くんが歩いてくるのは判ったんだけど、横に素敵な女性が一緒にいて、俺の方に近づいてくるときに彼女との距離を取ったので、あれってもしかして(と小指を立てる仕草)見てはいけないものをオレ、見ちゃったのかなあ。と思ったよ。」とポツリ。

そりゃだれが見ても眞澄さんは素敵ですものね。

間違えられたとは言え、想像の逞しさに驚くやら嬉しいやら。

前原眞澄
会場で忙しく働いている池口くんも眞澄さんの姿を見るなりビックリするやら大喜びするやらで楽しいお祭でした。
17時過ぎに大雨に見舞われたりしましたが、日中の暑さも和らいで過ごしやすい「せいびっ子まつり」になりました。