非整合性

NHK 朝ドラ「あまちゃん」を毎日楽しみに見ています。
いつも3回は見直す暇人で、最初に見る時はストーリーを追って、2回目は人物の動きを見て、3回目は小道具や風景を見るようにしています。
さて、本日、7月18日(木曜日)の放送で、春さん(小泉今日子)がアキに手紙を書くシーンがありました。
フェルトペンを使って「こないだの続」と書きだすシーンがあったと思います。
次にアキが東京へ戻るために乗車した北鉄の車内で春さんからの手紙を見つけて読むシーンを思い出してください。
IMG_4541IMG_4543
「こないだ」の「な」の字が小泉今日子が書いている(本当に書いているかどうかは別にして)シーンに使われているものと、アキが車内で読んでいる手紙とは確実に別物だというのが「な」の字を見るとよく判ります。
「せやから、それがどうしてん?」
TVや映画ではこういった整合性が取れていないシーンを見つけるのも楽しみのひとつなのですよ。

ハリウッド映画やTVでも同じようなことやってます。
2012年から観ることが出来るようになったAXNのドラマ「HAWEWAII FIVE-O」
これは全部ハワイロケってことで見ていると楽しい(なにが?というツッコミは無しで)
シーズン3が4月から始まるらしくて3月23日からシーズン1・30日からシーズン2を連続放送らしくて見るのも連続で忙しい。
HDDに録画して観ていますが、銃好きな僕はアクターの持っている銃を注視しています。
撮影の都合でしょうけど、右向いて左向いたら「ありゃ!違う銃持っているやん」ってよくあるんですよ。撃っているはずの銃がジャムっているのにまだ撃っている・・・。こんなシーンを探すのもまた楽し!
Hawaii Five-O Season 1 #5 Nalowale
大使の娘を誘拐した民族解放戦線の活動家カルロス・ボゴヨ(パトリック・ギャラガー)が大使に向けている銃はステンレス仕様の45。
483704_596091913751817_1765500107_n 535818_596091937085148_430234394_n
ファイブ・オーのスティーブ・マクギャレットに追いかけられて逃げている時も同じ銃を持っているが、追いついたマクギャレットと格闘になって殴り倒された時に手から滑り落ちた銃はパールグリップの付いたベレッタ92Fのステンバージョンになっていた。
149293_596091957085146_961162721_n553162_596091973751811_1516992784_n
それをマクギャレットに向けて発泡しようとした時に足蹴りで銃を払いのけられたシーンでは元の45に戻っているってやっぱりドラマですね。