最後まで残っていたau携帯を解約

2000年頃からauのケータイを使って来ましたが、SoftBankがiPhoneを扱い始めたのでまず僕がiPhoneにMNP。続いてせがれがiPhoneにMNP。父親と家内もauからSoftBankのガラケーにMNP。最後まで残っていたのは母親用に契約したauのガラケーが1台となりました。

高齢の母親が出歩くときの安心と思って持たせたケータイでしたが、ケータイですら持ち歩くのはメンドクセーらしくて家に置いたままになっており、使う事もないので解約することにしました。

契約者は僕ですので解約は至って簡単。本人確認用の免許証と携帯電話だけ持ってゆけば解約できました。
解約事務手数料は3,150円で次回の請求時に引き落とされるそうです。
今まで家族全員がauを使っていたのでそのポイントがまだ残っていて12,000ポイントあまり。
このまま無効にするのはあまりにも惜しいので担当してくれたauショップの女性が「ご家族の何方かがauケータイをお持ちでしたらその方がお使いいただけるものを選んで頂けるのですが、そうですねえ、メモリーカードと交換しておきましょうか?」というアドバイス。

P6115090
microSDHCカードならカメラに使えるのでありがたい話。
早速それに交換してもらいました。
microSDHC32GBメモリーカード・8GBメモリーカードが各1枚づつに交換出来ました。
AppleのiTunesカードと交換出来れば良かったのですけどね。
これは仕入れがベラボーに高いんでしょう、交換してもらえませんでした。
ちょっと残念。