KFC Airfield


木津フライングクラブ飛行場で明日から開催されるエアショーの設営を見に行ってきた。

谷口さんが会場に居てくれているので安心である。

高校の同級生で親友の辰っつぁんを誘ってインサイトでひとっ走り。

11時に天理東インターに入って60〜70km/hで走行。

距離は63km。名阪国道には信号がないから淡々と走る退屈さ以外は楽なものだ。

12時前に下柘植のインターを降りたところにあるファミリーマートでランチの牛カルビ弁当を買ってからKFC飛行場に到着。

広々とした飛行場のエプロンには巨大なラジコン機が駐機している。

設営中のテーブルをお借りして買ってきたランチを食べだしたら、特有の金属音を発したジェット機が離陸を始めた。

北からの強風で操縦するのがかなり難しそうで、ターンするときに後ろからの強風で機体は揺れている。

数分飛行したのちに西の方から着陸態勢に入ってきた。

風に機体を揺すられながらも無事に着陸・・・・と思ったら最後の最後に前脚のロックが外れたようになって機種を地面に擦り付けるようにして停まった。

このジェット機の飛行中はランチを食べていたので撮影していなかった。

その他の機体の様子は上の動画で。

動画撮影はiPhone7を昨日届いたFeiyu Tech SPG Cに取り付けて撮影したもの。


何でこんなに低いねん!

Amazonで買った三軸ジンバルにiPhoneを取り付けて、撮影がてらに歩いて行った元興寺塔跡。
この脇の潜りを通る時に“強かにアタマのてっぺんを強打”した。目から火花が出たよ。

アタマをぶつけたその右上に小さな「アタマに気を付けて下さい」の注意書きプレート。

あのね、頭をぶつける可能性があるところより上に注意書きを付けてどうすんの?

この“注意書き”を付けた奴、馬鹿か?

道路が陥没してるその先に“陥没注意”の看板つけるようなもんでしょ、これじゃ。

ああ、しかしドジ、アタマ痛い!
久しぶりに背が高い事の悲哀を感じた夕暮れ時だった。


届いたFeiyu Tech SPG C三軸ジンバル


朝の散歩から帰ってガレージを開け、母親が病院に行くのを見送っていたら、自転車に乗ったヤマト便のお姉さまが「お届け物です」といつもの笑顔で届けてくれた。

Amazonで昨日ポチったFeiyu Techの三軸ジンバル。

ワンコたちを20日ぶりにシャンプーしたあとにAmazonの箱の開封動画を取りながら動作の確認をした。

期待したとおり、外装はアルミ合金製。これだけでも満足である、

付属の22650電池にはある程度充電されているようだったので、早速撮影してみた。

最初、Bluetoothの接続がうまく行かなかったが、理由が分かった。

メニューからSPG Cを選ばなかったのが原因だった。

なにせ付いてきたマニュアルは英文と中文だけ。

もうちょっと親切にしろよ。輸入代理店さんよ。

僕は英文なら問題なく読めるので問題ないが、普通は無理でしょ。

(ああ、嘘ついてしまった)


物欲大魔王はついにジンバルを注文!

さあ、ついに迷いに迷ったジンバルを決めた。

どれとは言わないが、人気の三軸ジンバルはYouTubeを検索すると何人ものYouTuberたちが“ああだこうだ”とイイながら評価しているのが出て来る。

人気のある(ように見える)三軸ジンバルは彼らの話しているのを聞いているとどうやらほとんどがメーカーからの無償提供品。

無償提供されたものなら悪いことを余り書かないのではないか?

気になることを書いたとしても信憑性を高めるために少しだけは気になるところを評価しているように思えるのだ。

DJI Osmo mobile 2もたくさんのYouTuberレポートが上がっているしZHIYUN Smooth-Qもしかり。Snoopa-M1もたくさんのYouTuberが評価している。

Feiyu Tech SPG cだけはそれに比べて少ない。

しかしFeiyu techはApple Storeの店舗で扱っていたこともあるもの良し。

更に材質が他の三軸ジンバルがポリマー樹脂などのプラスチック成型品なのに対してFeiyu tech製SPGはアルミ合金製というのがとてもイイじゃないか。

僕は握り(グリップ)にエルゴノミクス形状と言われる真ん中が膨らんだような形状や指掛のような窪みを付けたグリップが大嫌いなのである。

「手にしっくりくるグリップ」とか言って、握りに指掛けの窪みを付けたり樽型に膨らませたりゴムを巻いたりするのは最低な作りだと思っている。

そしてもうひとつ忘れてはならない重要なこと。

僕は左利きなんだ。

DJI Osmo mobile 2はボタンの配置が右利き用になっている(気がする)

ZHIYUN Smooth-Qのボタン配置もやはり右利きに対応した配置だ。

Feiyu Tech SPG cだけは全てのボタンがセンター配置に並んでいる。

右利きの人でも左手で持つこともあるだろう。そんなときにボタン配置がアンバランスならば使い難い事甚だしい。判るだろ?

そんな理由で筐体が金属製でボタン配置がセンターに並んだFeiyu Tech SPG cが僕の好みに一番合っている。


物欲大魔王降臨

みんなジンバルという言葉は知っているか?

お猿が両手に持ってチャンチャンチャン!と音を出すアレではない。

アレはシンバル。

ジンバル。英語ではGimbal(ギンバルと発音するようだ)

X・Y・Z軸上を自由に動いてカメラの安定を司るプロのツールだ。と思っていたら最近は手の届く価格で購入できるものが出てきた。

正確には今までから出ていたが、4年ほど前は数万円(7万以上)した。

2年前ぐらいは3〜4万円ほどの価格になって手の届く範囲になった。

そして昨年2017年中頃から2018年に掛けて2万円を切る価格で更に高性能になったものが発売されてきた。

iPhone(スマートホン)をジンバルに取付けて撮影した動画はそりゃもう別世界の滑らかさである。

Droneで有名なDJI社を筆頭に2万円以下の価格で3つほどを選んでみた。

DJI Osmo mobile 2・ZHIYUN Smooth-Q・Snoopa-M1・Feiyu Tech SPG cなど

どれも特徴があってサイズも違って価格も違ってはいるが魅力的なものには変わりない。

僕と同じく物欲大魔王な海苔屋の若とふたりでジンバル話題で毎日毎夜LINEで盛り上がっている。


3年前に分けてもらったサボテンが

今朝見たらコブ(子供)ではなく花が咲く兆候が見えてきた。

3年ぶりでようやく花が咲くかもしれない。

最初は直径5cmほどのちいさなサボテンがだんだん大きくなって途中で枯れそうになったりの紆余曲折を経てまた大きくなってきた。

毎年、花が咲き出すのが6月半ばだからその頃に咲いてくれたら嬉しい。


米飴ジェラート

ワンコの散歩の途中に元興寺町の“砂糖傳 増尾商店本社”のショーウィンドウを眺めていたら美味しそうな米飴ジェラートのポスター。

お店の人に“米飴ジェラートをください”とお願いして、椅子を貸してもらい、アイスクリームが大好きなワンコたちと一緒に食べたとさ。

とてもやさしい甘さで大満足。

ひとつ¥379です。


2018春の食事会

2月に食事会をしてから3ヶ月。

今度は春の食事会。いつも待ち遠しい楽しみな集まり。

場所は橿原市の橿原神宮駅東側にある“旬彩かづ”さんで。

19時25分に駐車場に集まり19時30分から食事会を開催。

姐さんが10分遅れてやってきた。

今回は野菜中心のお料理。

いつもなんだけど僕が話し過ぎるのが欠点だな。

ホンマによく喋る。

春はウッちゃん、海苔屋の若、忠ちゃんの誕生日のプレゼントをする集まりでもある。

小柳さんからはウッちゃんに日本酒、海苔屋の若にはワイン、忠ちゃんには工具。

ウッちゃんからは海苔屋の若と忠ちゃんにレーザー測距儀。

速水さんからは口当たりの良い日本酒のプレゼント。

忠ちゃんからは卓上の小物が整理できる金属製のTowerというデジタルガジェットや普段の持ち物を整理することが出来るという製品。

僕からは北岡本店のやたがらす吉野物語のリキュール。

そして海苔屋の若はウッちゃんと忠ちゃんにMicroDroneのプレゼント。

このDrone、気になる。僕も買おうかな!

今回もいろんな商品が話題になって盛りだくさんだった。(間違っていたらゴメン)

もらうのはもちろん嬉しい。そしてプレゼントするのはもっと嬉しい。

旬彩かづの様子は写真で紹介。


YouTubeを見ていて気になる言葉と発音

久しぶりに言葉の話。

YouTuberと言われる人もそれ以外の人でも映像が始まると最初に「ハイ!」というのは何で?

製品紹介などで「こんな感じです。」「みたいな感じで〜す。」「感じ〜感じ〜!」と何度も繰り返すのも気持ち悪。

話の途中で「まあ・・・・」「まあ・・・・」“まあ”を連発するのは何で?

まあを連発されるのは個人的にはムカッとする。

もうひとつ「因みに・・・・」もよく出てくる言葉。

更に何かにつけて「・・・になります。」「・・・になります。」という奴。

何になるん?言わんかい!何になるんだよ。

“なります”は丁寧語と違うで。

ショッピングチャンネルでは「〜という部分でぇ」「ホニャララというカタチでぇ〜」“部分・カタチ”と繰り返す小太りのオッサン。

気持ち悪いねえ。

まだある。

YouTuberで某バイク屋のにいちゃんの言葉の癖がものすごく気になる。

「費用が〜、ァァ〜」「全国地域、ィィ〜」「それはですね、ェェ〜」「お客さんからみると、ォォ〜」

分かりますよね?前の言葉の母音を次に続く言葉の最初に発音するわけですな。

ァァ〜・ィィ〜・ェェ〜・ォォ〜

話が上手と言われているし本人もそう思っているフシがあるが、私はとても気になる〜!

もひとついくよ。

「嘗てなになにだった。」「嘗て」“カッテ”と、促音の“っ”で発音するバカ。

これはアナウンサーでもMCやっているニイチャン・ネエチャンでも居る。

どうなるのよ、日本語。


ひさしぶりにDrone購入

たまたま見てしまったYouTube動画で、マイクロドローンが学校の中を飛んで、JKのあいだを飛び抜けるという、ちょっと考えるだけでもエロい・・・もといエゲツない・・・もとい、すごい動画を見てしまったのがきっかけになって、マイクロドローンが欲しくなった。

それをバイク仲間の谷口さんに話したら「来月、最新型で30g以下のマイクロドローンが発売されるよ。2つ注文しておくね。」と言われた。

ふたつ?ひとつはオレのか?

それから1ヶ月後の4月28日に発売と知った。

月が変わって5月2日に谷口さんからLINEにメッセージが入った。

「G Force入ったようです。」

早速、その日の夜に谷口さんチに伺ってふたりで模型店に受け取りに行ってきた。

僕はドローンの経験の最初は約3年以上前の2014年12月に買ったAR Droneだけ。

海苔屋の若と一緒に買ってゴルフ場さんで飛行させてもらったが海苔屋の若のほうが断然上手い。

その後、アホな安倍政権が200g以上のDroneを飛行させるには許可がいるようにしやがった。

AR Droneの重量は500gオーバーである。

それ以降は飛ばす機会が激減。(飛ばしていない)

200g未満のDroneなら飛ばせるというので、その後の進化は速かった。

今回買ったMicroDroneはなんと30g。G Forceから発売される。

リーズナブルな価格で購入したG Force moovaを谷口さんチで開封。

谷口さんが飛ばして見せてくれた。上手いなあ。

その日の夜、家で飛ばしてカーテンや壁にぶつけてモーター下についているゴム足を1個無くしてしまったのはショックだ。
もうちょっと練習しなくちゃ。

下手やけど。