CONTAX(コンタックス)T2

Facebookでフォローしているカメラ修理店の話題を見ていたらコンタックスT2が人気なのだとか。

改めてWeb検索してみるとどうも最近は1990年代のこのカメラに人気があるらしい。

金属外装・Carl Zeiss Sonnarレンズ etc…

作っていたのは今はなき京セラ。その源流はヤシカだ。

修理サービスはどうなっているのかも調べたら、京セラはとうの昔にサービスを終了したらしい。

更に調べたら諏訪に元ヤシカの方がやっているリペアサービスがあるらしい。

このカメラ、私も持っている。

ウチのコンタックスT2はまだ健康体だが、悪くなったら修理のお世話になるかもしれないな。

しかしなんで今時になって1990年代のこんな電池で動く35mmフィルムカメラに人気があるんだろう。

よく分からん。


Sphere lightのLED RIZINGが焼けた

2016年2月6日に届いたSphere lightのLED RIZING H11タイプ。

これを今まで付けていたスフィアライトの35W HIDバルブからLEDに交換したのが約2年前。
※スフィアライトRIZINGを取り付けたお話(2016年2月7日)

昨日、夕方18時頃に学園前から自宅に戻るためにヘッドライトを付けて走っていたが妙に暗い。

ここ何ヶ月か前から気になっていたことで、路肩もほとんど照らしてくれないという暗さだった。

家に戻ってガレージに入れたインサイトZE2のヘッドライトを壁越しに照らして片側ずつ明るさを見ると助手席側が非常に暗い。でも点灯していないわけではない。

夜になってスフィアライトのHANAさんにMessengerを使って状況を話してみた。

もう2年使っているので保証期間を10日ほど過ぎている。(保証期間は2年)

「明日、注文履歴を見て連絡しますね。」と言われ、今日になってMessengerに返事が来た。

保証期間は2年ですが対応しますとの事。

但し、私が買ったRIZINGはもう廃盤で今はRIZING2になっているらしい。

保証対応品を送るので光量不足のRIZING1を返送してほしいと連絡をもらった。

それではとインサイトのボンネットを開けて取り外してみると・・・・・・

暗かった方(助手席側)のLEDが素子焼けを起こしていた。

どおりで暗かったわけだ。

保証対応品が届いたらそのときにまた詳細を書くことにする。

追記:19時28分に福山運送で商品を発送したとメールが来た。

2018年2月17日(土曜日)14時30分に保証対応品のRIZING2 6000Kが到着した。


1967年製ワーゲンバスT1

朝の散歩で出会った1967年製のワーゲンバス。

瑜伽神社の狭い道から出てきたところでばったり。

“どうぞどうぞ”の譲り合いをしてからしばらく道に止めてもらって立ち話。

所々にサビはあるが適度なエイジングで魅力的。

笑顔のオーナーはこの近所(高畑町で昔は中天満町)の美容院(グリスヘヤー)のオーナー。


バレンタインデーとその前日

バレンタインデーとその前日に出会った美人や可愛らしい女性の話しなので、アホらしいと思う方は読まないほうが良いと思う。

そんなこと気にせーへんわ。馬鹿馬鹿しいけど読んだるわ。という人は読んでくれ。
続きを読む


奈良市内で初冠雪(だとおもう)


今朝、窓の外がやけに明るいなあと思いながら目覚めたら外は一面雪景色。

奈良市内のこのあたり(私の住んでいる辺り)では初冠雪だ。

空は青く澄み渡り、家々の屋根瓦の色も道路の色も白一色になっているのが清々しい。

モノトーンの景色ってきれいだ。

これもきっと午前中だけ見られる幻に終わるんだろう。

撮影しておこう。

11時過ぎ、大阪は阿倍野に住む友人に見せるために飛火野の風景を撮影に行ったところ、もう雪はほとんど残っていなかった。


ヘーゼルナッツミルクチョコレート

チョコレートが好きで、COSTCO(コストコ)に行ったら必ずひとつ(一袋)は何か買ってくるのがいつものコース。

前回(いつか忘れた)ヘーゼルナッツミルクチョコレートの袋入りを買って来たのがえらく気に入ったので今回も買うことに。

それも二袋。

KIRKLAND(カークランド)はCOSTCOのプライベートブランドらしい。

商品名は“Milk Chocolate HAZELNUT TOFFEE CRUNCH”

ヘーゼルナッツにミルクチョコレートにクランチと来たら欲しい要素がたくさん。

ホットコーヒーを飲みながらミルクチョコレートをひとつ・ふたつと口に入れて溶けるのを楽しみながらの時間は至福の時。

こんなことをしているから太った太った。(ウソ)

僕は甘いものを食べても太らん。

他にも甘いものをいくつ買ってきたのはまた後日に紹介。


蝋梅と山梔子

ロウバイとクチナシの実があった。

場所は元興寺塔跡。

蝋梅をもう一度撮影しようと出掛けていったときに気付いたのが山梔子(クチナシ)の実。

彩りが少ない真冬に咲いている蝋梅も赤い実をつけている山梔子も魅力的である。


蝋梅の蕾が開いて

昨日の続き。

折れていた箇所をナイフでカットして水揚げをした蝋梅の枝を鉢植えした。

一日経った4日の午後、ひとつだけ有った蕾が開いてきた。

挿し木は難しいらしいがどうだろうな。


蝋梅の枝

ワンコたちの散歩の途中で折れた蝋梅の枝を拾った。

瑜伽神社から東に向かって天満神社の方に歩いていると奈良町天神社へ通じる石段の下に落ちていた。

花芯まで黄色で花弁に丸みがある素心蝋梅(ソシンロウバイ)である。

天満さんでお参りを済ませてもと来た道を戻るとまだ落ちていた。

黄色のきれいな蝋梅が3つ。

持ち帰って水切りをしてから挿し木してみる。

育つと良いな。


1月は満月を2回見た

これをブルームーン?っていうのか。

1月2日に満月。

そして31日は満月でさらに皆既月食(月蝕)ときたもんだ。

月は何万年前から変わらず地球の周りを回っているが、皆既月食を見るためにはちゃんとした条件が必要。

月と地球と太陽が一直線に並ぶ必要がある。

更に、日食の始まる時間が日没後でないと見ることが出来ない。

今回は月の出から約4時間後に皆既月食になるという好条件。

最後は天気次第。

これがいつも難題だった。今回も曇り空の予報だったが、なんとか天気は持ってくれた。

撮影?

もちろん撮影したよ。

きれいに撮れた。